プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KTM 350EXC-F 整備!(バルブクリアランス)

0
    こんにちは。
    いつもレンタルピットをご利用いただいているI様のマシンですが、
    今回は、ちょっと預かり整備。
    エンジンのヘッドカバーガスケットからオイル滲みが前からあったんですけど、
    その内やりましょう!と伸ばし伸ばしに。
    必要なパーツは、前に用意していたので、いざ開始〜。

    レンタルピットを利用して、こまめに整備をしておりますが、
    せっかく預かりなので、その他も少し整備します。
    まずは、洗車から。
    さて・・・

    洗車もマメにやっているので、キレイですけど、
    外装外して洗いましょう。
    ウォッシュキャップって使ってますか?
    最初の頃はオプション設定だったけど、今は付属品だったはず。

    こんな感じでキャップをしておけば、洗車の際にも安心です。

    エアクリーナーのフタも持ってたはずだけど・・・見当たらない。
    テールランプやサイレンサーも外して、洗車完了。
    シートレールも取りたいところですが、インジェクションになってから
    ちと面倒かな?

    バラして、洗車する時はできれば、エアブローして余計な水分を飛ばしたいですね。
    特に普段使わないセッティングツールをつないだり、診断機につないだりする
    カプラーはたまに見てあげてくださいね。
    こちらの車両は平気でしたけど、
    前に自分が乗ってたフサベルのFE570なんかは、水がたまって緑の粉噴いてて、
    機械とつなぐ時に接触悪かったですから。

    あと、この辺とかも。
    ラジエターのサーモスイッチも2ストで後付してるやつは、
    ホースちょん切って接続するけど、
    4ストのこのラジエター下部にあるやつは、ゴムキャップがあるから
    余計に水とか泥とか付着してるかもですね。
    このサーモスイッチもたまに壊れたり、その先のヒューズが切れてて
    肝心な時に電動ファンが回らない・・・
    なんて事にならないようにね。
    端子をちょいとペンチとかで短絡させて(エンジンかけてね)、
    ファンが回るか確認しましょう。
    ヒューズ切れ、配線切れのチェックぐらいしかできないですけど。

    さて、ヘッドカバーにとりかかりましょう。
    プラグキャップが抜けにくいですねー。

    プラグキャップが取れたのでヘッドカバーを外そうと思ったら、
    やっぱりラジエター取らないと厳しいね。
    クーラント抜いてみるも、ちょっと抜きづらくて、こぼしてしまいました・・・

    右側のラジエターとホース類を外して、ようやく外れました。

    今回、ヘッドカバーを開けるなら、せっかくだからバルブクリアランスも
    チェックしときましょう!という事にしておいたので、
    早速、クリアランスをチェックです。

    上死点を出しましょう。
    KTMとかフサベルの場合、クランクをロックする為のチェックホールがあったりします。
    350の場合は、写真中央の六角のキャップボルト。
    エンジンマウントのボルトの右上のところね。
    こいつを外して、専用のボルトをクランクの切り欠きに・・・

    その為にクランクを回す訳ですけど、
    6速いれて、ホイール回せば良いか?と思って回してみるも、
    あ、これリクルス入ってたわ。
    ピストン動きません。
    キックペダルでは、言う事ききません。
    と、いう訳で左側のジェネレーターカバーのプラグホールからクランクを
    回転させましょう。
    14ミリのヘックスですけど、持ってなくて、何かで使った14ミリの長ナットで
    回したら、あっさり取れました。

    これで、クランク回せますね。

    さて、いよいよクリアランスチェックしようと思ったら、
    手持ちのシックネスゲージは幅が広くて入らない!
    あらら・・・
    そんな時は・・・
    フサベル・ジャパンに電話です!
    シックネスゲージ入らないけど、細いやつじゃやないとダメ?
    一応、専用品があるよねー。
    在庫ある?
    ・・・
    さすがですねー。
    シックネスゲージ在庫ありました。送ってもらう事に。


    と、いう訳でバルブクリアランスチェックは後回し。
    他のメンテをしておきましょう。
    とりあえず、リア回り。
    ディスクガード外してみたら、ちょいと歪んでます。

    柔らかいから、すぐ直る。

    普段やらないスイングアームもチェック。
    しかし、リンクレスのKTMとかは簡単に分解できますねー。

    お、途中で手を入れてますね。ちゃんと。

    ダメになってから、メンテしても意味ないですからね。
    そうなる前に定期的にやりましょう。
    ベアリングが傷む前で交換が不要なら、いつでも出来るしね。

    スイングアーム取るのにリアショックも外してる訳で、こちらもお掃除。

    スプリングも外したから、自然長もチェック。
    ヘタッてませんね。250ミリあります。
    自分のフサベルTE125なんか、超縮んでましたからね。

    キレイにしたら、組み付け。

    ブレーキ回りは、少し前にレンタルピット利用時にチェック済み。
    ペダルの所も、プッシュロッドもコンディション良さげ。
    でも、バラしたからには、もう一度ね。

    キレイして、グリスアップして、スイングアームも組み付け。

    修正したディスクガードも取付。
    ガードがアルミだし、ここボルト緩みやすいですから、ネジロック綿布。
    ねじ山も傷みやすいだよねー。

    かなりキレイにしてるから、チョイチョイ〜のつもりだけど、
    やっぱり分解すると見える汚れも。
    キレイにしておきましょう。
    何かの異変に気づくかもしれないし。

    今度はフロント回り。
    これまた分解するのが、サクサクですねー。

    フォーククランプも内側が汚れてます。

    こちらもグリスアップしてありますが、やっぱり汚れてきますよね。

    ピカピカ。
    ステムのオレンジもキレイにすると映えますね。

    グリス突っ込んで、組み付け。

    そうこうしてると、というか翌日。
    早速フサベル・ジャパンから物が届きました〜。
    自分で言うのもなんですけど、早いです!
    フサベル用、つまりKTM用ですので、先端が細く形状もバッチリ。
    ちなみに、クリアランス測る用なので、
    シックネスゲージの厚みも、
    0.10・0.12・0.15・0.20の4種類だけ。
    ちなみに、350EXC−Fの場合は、
    インテーク 0.10-0.15
    エキゾースト 0.13-0.18
    がそれぞれの規定値。
    あれ?これじゃー正確なの測れない・・・
    インテーク側は、0.12が入るけど、0.15が入らない。
    エキゾースト側は、0.15が入るけど、0.20が入らない。
    そんな状況でOKという事ですな。

    最初、入らない?と思ったけど、
    よくマニュアル確認したら、シムとロッカーアームの隙間じゃなくて、
    カムとロッカーアームの間をチェックするみたい。
    そうじゃないと入らないと思ったし。
    それでも、うーん、うーん、入らない。
    でも、コツを掴んだら?入るように。
    ちなみに、これはインテーク側で、0.15が入らない感じ。

    そんで、0.12がズズっと入る状態。
    カム山もキレイだし、インテーク、エキゾースト合わせて4つともクリアランスは
    規定値内でしたので、これにてチェック終了。

    ガスケット類を用意してた新品で組み付け。
    フサベルって書いてあるけど、問題なし!
    どうしても、右側の丸い部分からオイルが滲みやすいみたいなので、
    ちょいと液体ガスケットを綿布しておきました。
    これで止まるかな?

    さて、ヘッドカバーも組み付けたので、元に戻していくのですが、
    外した右側のラジエターは少々変形しております。
    大した事ありませんけど、せっかく単品になったので軽く修正です。

    まぁ、こんな感じ。
    カンカン、コツコツして修正。
    やりすぎない事がポイントでしょうか?

    シャキーンと元通り。
    とっても微妙ですけど、バラしてキレイにしてので、
    ピカピカ?とまではいかないか。

    そういえば、他の350SX−Fの方に頼まれてユーザーセッティングツールを
    使えるように準備してあるんだな。
    このEXC−Fももちろんイジれるねー。
    今度試してみるかな。

    と、いう訳でKTM 350EXC−Fの整備でした。
    おしまい。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    だいぶ昔の記事へのコメント失礼します。、
    上記と同様の内容の整備をウブカタさんのお店でやってもらうと大体おいくらくらいになりますでしょうか?
    • パンク
    • 2019/11/05 7:42 AM
    パンクさん、コメントありがとうございます。
    全く同じって事はないでしょうけど、
    3万前後って、ところでしょうか?
    車体見ないと何とも言えませんので、
    良かったら、お店に来てみてください。
    お願いします。
    • ウブカタ
    • 2019/11/21 12:29 PM
    コメントする