プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

近場の河川敷を偵察!

0
    こんにちは。
    雪続きの週末から一転、先日の週末は久しぶりの雪から解放された週末を
    過ごされた方が多いと思います。
    ただ、地域によっては、まだまだ雪に悩まされてる方も多いと聞きます。
    一日も早く元通りの生活に戻れる事を祈るばかりです・・・

    と、そんな週末で自分も少し走りに行こうかな〜?と思いつつも、
    グチョグチョだったら嫌だな〜とも思ったり。
    なので、ちょっと偵察がてら自走で近場の状況を偵察してきました。

    広場っぽい所。
    おー、もうほとんど雪ないですね。
    水たまりがあるものの、完全ドライな部分も。
    やはり、走れなかった週末の鬱憤を晴らすべく、ライダー達も集結してましたね。
    そんな中、気になった方たちを良く観察・・・
     

    最近よくお会いするJNCCのAAクラス カモンレーシング#12松尾選手!
    たくさんお喋りさせていただきました。
    走るの邪魔して、すみません・・・
    AAクラスのライダーのマシンをジロジロ観察してたら、パッと見、そんなにイジッてる
    雰囲気はないけれど、コダワリがテンコ盛りでした!

    まず、サイレンサー。
    ちょっぴり短い?US仕様らしい。
    1年間でけっこう潰してしまったらしく、独自の補強が!
    赤い線のところをよく見ると、二重になってるの分かります?
    中身もチョイチョイやってるらしい・・・

    続いて、リンク回り。
    こちらもリンクが中空構造だから、凹んでしまうらしく。
    赤い線の所で二重構造に補強!
    当たった時に衝撃をリンク本体にかけないように、少し浮かせて溶接してるらしい・・・
    アルミは熱かけると、柔らかくなるしとの事で、
    計算ずくの力作です。

    続いてラジエター回り。
    ラジエターガード自体も自作のオリジナルの一品。
    ノーマルの状態は、シュラウドとラジエターガードが共締めだけど、
    シュラウドを何かにひっかけて持っていかれてしまう場合に
    ラジエターが逝ってしまうのを防ぐようにガード単体にシュラウドを固定。
    このやり方は、相当昔に考えたらしく、エンデューロエンジニアリングの
    ラジエターガードは真似されたっ!らしい・・・
    考えてますなー。
    さすがです。

    そして、エキパイ。
    こちらも赤い線で二重管仕様。溶接痕が分かります?

    補強が多いので、重くなってるけど、破損toリタイヤは嫌だから、との事。
    アンダーガードなんかもストレッチして左右幅を拡大とか、
    もう手が込んでます。
    やはり、AAクラスとなると、その速度での転倒はマシンのダメージが
    大きいんでしょうね。
    フムフム、勉強になるっすねー。


    続いて、ハスクバーナのTE449発見!と思って、
    お話させていただいたのですが、
    アレ?何かリアタイヤでかいなぁー。19インチにしてるんですか?
    と聞くと、元からだよ。との事。
    ?TCですか?これ。
    TC449らしい!
    日本に入ってたんですねー。ゴイスー。
    聞いたら、日本に1台のみみたい。
    250はね、TCも入ってたけど、449とは。
    いいですねー。
    ちょっと珍しいマシンって、なんか気分良い気がするのは自分だけでしょうか?
    バリバリ乗ってるのも、カッコイイですな。


    続いて、今季からBetaライダーにスイッチしたJNCC AAクラスの
    #10の石井正美選手のRR2T300発見。
    開幕直前という事で、本番用デカール準備で現在は裸仕様。
    おっー!
    こ、これはビッグタンクじゃないの。
    と、いう事で石井さんに見てもイイっすか?とお願い。

    やはりビッグタンクなので、上と下、左右に少しデカいです。
    青い○の部分は、本来左右のシュラウドが合体してるんですけど、
    左右に広がったタンクの為に少し隙間が空くようになります。
    そんで、石井さんに教えてもらいましたが、緑の線の部分が本来は
    タンクにはまるような形状になってるんですが、
    ビッグタンクに変更の際は、少しシュラウドを削る必要があるとの事。

    タンクキャップも専用品が付属。
    モトクロッサーみたいに一般的なタンク側が出っ張る形状で、
    注ぎ口も大径化。
    スクリュー式のキャップもスムーズに開閉できると石井さんも太鼓判。
    これなら、クイックチャージャーも使いやすそうです。
    今度の阪下は、自分がCOMPの時にピットマンですからね。
    シッカリお仕事をこなさなければ!

    右側も下にタンクが伸びているので、左のコック一つでは残ってしまうので、
    右にも燃料コックが追加されています。もちろん付属品。

    その追加された右コックからの燃料ホースは、これまた付属のT字ジョイントで
    左のコックからの燃料ホースにドッキング。
    シンプルかつ、しっかりした造りですね。

    こちらのビッグタンクですが、Beta USAのオプション品(本国メーカーじゃなくて)の
    製品で、容量は3.1ガロン(11.7Lぐらいかな?)で、純正のノーマルより
    2013年モデルRR2T 7.5L→4.2Lぐらい増量!
    2014年モデルRR2T 9.5L→2.2Lぐらい増量!
    燃費もあるけど、JNCCのコンプだと、1回給油がちょっと心配?なんて方には
    いいんじゃないでしょうか?
    ベータモーター・ジャパンさん(WISE MOTOさん)で販売中です。
    もちろん、ウブカタ・ジャパンでも取扱いしておりますので、
    ご興味がある方は、ぜひご検討ください。
    価格¥39,800(税抜き)となります。


    おー、こんなとこも・・・
    ちょっぴり個体差もあるのかもしれないけど、
    ラジエター前に装着されてるルーバーが外れてしまうと以前言っておりましたが、
    早速対策されておりました。
    小さく出る突起部分に穴をあけて、Rピン?βピン?で抜け防止策を
    施してあります。
    さすが〜!ですね。

    JNCCでもAAシングルゼッケンの#7小林マサ選手と合わせて、
    今季は大暴れしてくれそうな予感です。
    楽しみですねー。

    思ったよりコンディションの良かった現地に後ろ髪(丸坊主だからないけど)を
    引かれながら、お店を開ける為に足早に撤収するのでした・・・

    それと、JNCCの開幕戦プラザ阪下は、自分も行くのですが、
    ラバコンダ持っていきますから、現物見たい!なんて方は声かけてくださいね。
    タイヤ交換が必要な方はタイヤは持ち込みでもOKですから、交換しちゃいますよ。
    お安くしときますよー。少しは稼がないと。
    でも、レース当日の朝は厳しいですけど・・・FUN終わった後なら出来るかな?
    おしまい。
     

    コメント
    コメントする