プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR2T250 セルが回らない!

0

    こんにちは。

    前回アップしたのが、KTM 300XC-Wの充電不良で、

    電気系のトラブルでしたが、

    出来る事なら、やりたくない。

    そんな事書いておきながら、

    同じような作業が続くのです。

    と、いう訳で、

    今回は、Beta RR2T250のセルが回らない、のお話し。

    ちょっと、年式的には前な感じで2015年モデルですね。

    さて・・・

     

    複数台車両をお持ちのこちらのオーナー。

    メインはモトクロス。

    でも、エンデューロもたまに・・・

    そんな感じで乗る機会が少し少ない。

    RR2Tがセカンドバイクとは、何て贅沢な・・・

     

    で、たまに乗ると、セルが回ったり、回らなかったり。

    うーん、中古車として前に販売したとはいえ、

    この車両もガッツリ、セル回りもやったしな・・・

    なので、最初はスターターボタン自体を疑う。

    スイッチを強く押すと反応する気がしたけど、

    どうも違うっぽい。

    スイッチの導通チェックしたら、正常だし。

     

    これまた断線や接触不良だろうな・・・

    と、思いながらも、まずは部品類を疑う。

    そもそもリレーが反応してない。

    スタータースイッチからリレーまでの導通をチェック。

    問題なし。

    リレーから先は・・・

    そこは配線はシンプル。チェックするも問題ない。

     

    うーん、無いとは思うが、リレー本体かな?

    稀にあるし。

    これまた違うRR2Tからリレーを拝借して、交換してみる。

    変化なし。

    リレーじゃないか・・・

     

    悩む。

     

    もう少し新しい年式のRR2Tとかクロストレイナーだと、

    シートレールの後ろの方にあるカプラーが腐食して、

    セルが回らない事あったけど、

    そもそも、この年式はそこに配線がない。

    メインハーネスが違うんですよね。

    そこじゃない。

     

    電気配線図とにらめっこが続く。

     

    スターターのスイッチの配線はリレーまで問題ない。

    リレーとバッテリーはすぐ近くで問題なし。

    もちろんヒューズも違った。

    リレー自体でもない。

    リレーにはメインハーネスから3本接続されてる。

    2本はスタータースイッチの配線。

    もう1本がアースか・・・

    この配線か?

    だから、リレーが開かないのかな?

     

    電気配線図見ると、そのアース線はリアのウインカーだっけかな?

    テールランプだっけかな?のアースにもつながる。

    とりあえず、それらと導通あるかチェックする。

    導通ある。

     

    ん?導通あるなー。

    でも、エンジンやフレームとは導通がない。

    という事は、

    アース(マイナス)は、他といっぱい共用してるかなー。

    それでどっかで断線してるのか・・・

    とりあえず、後ろ側のウインカーの使ってない配線を

    ボディーにつないでアースを接続してみる。

    すると、リレーも反応して、セルモーター回るぞ!

    うーん、本来の断線箇所を探さなくても、ここだけバイパスしてやれば、

    直るんだけどな・・・

     

    だけど、一応探してみるか。

    どうも車体の前の方だな・・・

    面倒なやつです。

    マイナスの線は先にも書いたけど、

    いっぱい共用してて、どっかで束になってるんですよねー。

    そこで断線だったり、カシメてる部分で抜けてるとか。

    これは何回か経験がある。

    その箇所を探すのが大変。

     

    今度は前側から攻めてみる。

    フレームのアースは、イグニッションコイルの所で取ってる。

    前側使ってない配線類でイグニッションコイルの所のアース部分と

    導通あるかチェック。

    導通あるなー。

    こうなると、ますますアースの束の部分が怪しい。

     

    ハーネスの被覆をめくって探す。

    めくる。

    めくる。

    見つからない。

    これは、地味な作業です。

    ほとんどめくったんじゃないか?

    という所で、発見する。

    いた。

    やっぱりマイナスが束になってる所で、

    1本だけ抜けてる・・・

    断線というか、ちょっとカシメが悪かったのが、

    時間が経って、抜けちゃったっぽい。

    このままだと、接続しづらいので、

    少しカットして、違う配線を足してつないでおく。

     

    うん、ばっちりセル回るぞ。

    めくった被覆をテープで修繕する。

     

    今回はセルが回らなかったという感じですが、

    保安部品付いてたら、おそらくリア回りの灯火類は全滅な感じだったでしょうね。

    ベータもオプションでレーシングハーネスとかあるんですよねー。

    そっちのがシンプルなはずなんですよね。

     

    最近のKTM系は、保安部品のハーネスが完全にサブハーネスになってて、

    メインハーネスと分離してるんですよね。

    あれ、良いですよねー。

    ベータもそういう風に分離してくれないかなー。

    そうすると、だいぶシンプルになるんだけど。

     

    と、いう訳で地味に時間が掛かったけど、

    何とか原因を発見して、解決。

     

    やりたくはない電気系が続きましたね。

    達成感はあるけど。

    おしまい。

     

     

     


    コメント
    コメントする