プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

自分のバイクの修理と整備!

0

    こんにちは。

    前回のブログで書きましたが、

    今回は、自分のバイクの修理と整備のお話し。

    もうすでに、3カ月近く前の事。

    コースに遊びに行ったら、朝イチのコースインから、

    数分後には、こんな状態に・・・

    飛ぶ気もないようなスピードで進入したジャンプ。

    何故かジャンプ手前でフロントが振られ、

    スロットル全開!で、ジャンプし、

    バイクは棹立ちのまま着地。(タブン)

    自分はお尻からスライディングで、腰、背中と強打。

    全然大丈夫な訳もなく、もがき苦しむ。

    救急車とかのレベルでは無かったのが、幸いですが、

    体もバイクもダメージ大。

    さて・・・

     

    体の方は、病院行きましたが、大した事もなく、

    湿布もらって終わり。3日ぐらい仕事休みましたが、

    時間が解決してくれて、今は100%とはいかない感じですが、

    まぁ、大丈夫。バイクも乗れますし。

    で、バイクの方ですね〜。

    とりあえずの診断は、

    リアフェンダー回り、シートレールの複雑骨折。

    サイレンサーの変形って、感じでしょうか。

    サイレンサーは、かなり修復してみましたが、

    まぁ、交換ですね。

    破損個所をチェックして、撤去。

    ほとんどのパーツはすぐに入手できましたが、

    サイレンサーのみ、純正ではない物を手配する関係で納期が掛かるのと、

    自分の体もしばらく乗れないだろうと、せっかくなので、

    修理と合わせて、伸ばし伸ばしにしてた整備をする事に。

    本当なら、3月にあった開幕戦前にやろうと思ってたのですが、

    お仕事が立て込んでいて、自分のバイクは後回しに。

    トラブってた訳ではないですからね。

    実際、ぶっ飛んだ時のコースを走ったら、後日整備しようと思ってたし。

    エンジンもオーバーホールしてあげます。

    1年ちょっと乗った感じですね。

    今のマシンは、RR2T125の2018年モデル。

    乗り出したのが、遅かったので、1年ちょっとですが、

    125だから、エンジン回してるし、もうヤバイかな?なんて思ってたけど、

    ありゃ、ピストンキレイな気が・・・

    黒いコーディングも残ってるぞ。

    エルフのオイルが良い仕事してくれてるのかな?

    それとも、回してるつもりが、回せてないのかな?

    回せてないんだろうな・・・

    傷んでないのは、良いことだ!

    排気デバイスもバラバラに。

    サスペンションもオーバーホールです。

    信頼のケンズパワーさんにお任せです。

    しばらく、この状態が続くので、固定してあげます。

    場所取らないし、このままスタンドごと持ち上げて移動できましたね。

    ステム回りは・・・うん、キレイだ。

    リンク回りも、まぁ、こっちは汚れているけど、

    油膜切れや、サビは無さそう。

    サスも時間掛かるので、お客様の整備の合間に、チョイチョイ作業進める。

    エンジンパーツもキレイに。

    リンク回りも分解して、掃除。

    やっぱり汚ない。

    まだシール類もいけそうなので、使いまわし。

    クロストレイナーは、フレームの剛性が低いのか、

    スイングアームのベアリングが傷みやすいというか、

    水が入りやすい感じしてたけど、

    RR2Tは平気かなー。

    スイングアーム自体は同じですからね。

    ニューピストンで、エンジンも組み立て。

    何かリングだけでも良かった気もするけど、

    交換する気マンマンで、実はずっと前から用意してたし。

    ついでに、もちろんキャブも掃除したけど、

    少し濃いかなーと、試しにクリップ段数を1段上げてみた。

    バキバキになったシートレールと、

    エアボックスを兼ねるインナーフェンダー。

    幸いにも、アルミの下の左右のシートレールのパーツは無事だった。

    ベータはこの上の部分が樹脂製ですからね。

    変形はしないけど、限界超えたら、割れちゃいますね。

    でも、組み立てタイプだから、この部分だけで済むといえば、済む。

    リーズナブル〜!とは言えないけど、

    アルミの一体のシートレールよりは、安いかな。

    そして、待ちに待ったサイレンサーが届いた。

    純正はちょっとお高かったので、FMF製をGET。

    125は、社外品も少ないんですよねー。

    250、300とかいっぱいあるのに・・・

    でも、FMFだと、パワーコアというのと、

    タービンコアという2種類があって、

    タービンコアの方にしてみました。

    ちょっと、値段が高いので、こっちの方が良いのかな?と・・

    そうこうしていると、これまた待ちに待ったサスペンションも

    ケンズパワーさんから上がってきた。

    すでに、リバルビングはしてあったけど、

    もうちょっと、フロントフォークが踏ん張りが欲しいと調整してもらいました。

    普段遊びで乗ってる分には問題ないけど、

    レースの時に、ハイスピードでギャップとか当たった時とか、

    ジャンプでフロントローでフラットな所に降りるというか、

    失敗して落ちてる時とか、底付きしてたんですが、

    解消してると良いなー。

    で、形になった。

    さすがに手持ちのボロ外装も無くなってしまったのだけど、

    タイミング良く、お古の外装を譲ってもらう事ができました。

    新品にしろよ〜とか言わないで。

    だいぶお金掛かったしまったし・・・

    純正チャンバーはFMFなんですが、

    サイレンサーもFMFだったのかな?

    RR2Tなんかは、FMFのステッカー貼ってあったし、

    自分の初期型に近いクロストレイナーもFMFサイレンサーで、ロゴが入ってたけど、

    125は、ロゴもステッカーも無かったんですよねー。

    今はARROW製だけど、2018年まではFMF製でしたからね。

    このサイレンサーは、ピカピカした感じ。

    エンドも太い。

    けど、タービンコアは、このエンドの内部に正にタービンみたいな

    渦巻きそうな羽みたいのが入ってる。

    きっと、渦巻いて排気してるだろう!

    うーん、自己満足。

    エンジン掛けてみると、音が少し変わった気がする。

    ちょっと試しに転がしてみると、

    何か薄い気がする。

    ニードルのクリップ上げたからかな?

    やっぱり、標準で乗り比べる為に、元の段数に戻しておいた。

     

    写真ボケてるけど、今回の修理とは別に、ニューアイテムも装着。

    エンデューロエンジニアリング製の新しいオープンタイプのハンドガード。

    何気に、ハンドガードはこだわりがあったりします。

    今回は、これが発売になって気になってたんですよねー。

    装着するとこんな感じ。

    何が特徴的かというと、

    ステーがアルミ製なのと、

    その取付方法が、他とは違う事。

    普通はハンドルに普通にクランプでステーのみ装着するんですが、

    こちらの製品は、ステー自体がマスターのクランプに代えて装着するんですね。

    なので、ブレーキ側とクラッチ側でマスターの種類が

    車両メーカーや車種で異なる訳で、

    車種別の専用品なんですね。

    一部、車種専用のハンドガードも存在はしますが、

    珍しいタイプ。

    オープンタイプのハンドガード、もしくはアチェルビスのトライフィットなんかも

    同じなんですが、それらを使っている方は分かるかもしれませんが、

    保安部品やセルのスイッチなんかを装着していると、

    ハンドガードのステーを取り付ける自由度がないんですよね。

    クローズドタイプのガードは、ハンドル中央部にステーが来るので、

    邪魔にならないんですけど、

    オープンタイプはマスター付近に装着するので、

    意外とスペースが必要なんです。

    さらに、ハンドルのベンド具合や、両端をカットしてたりすると、

    なかなか厳しいのです。

    車種別だけあって、フィッティングも上々。

    少し上向きな感じもするけど、まぁ使ってみます。

    本当は、日高で保安部品装着するのもあって、その時の為というのもあったけど、

    日高なくなって、代わりにルスツなので、

    保安部品装着する機会ないかもだけど。

    で、久しぶりのホームな河原でライド。

    まぁ、その間もクロストレイナーを少し乗っていたのですが、

    久しぶりの自分の本番車。

    うーん、やっぱり125良いねー。

    子供の125SXも乗ったりしたけど、

    やっぱりBetaのRRは良いですね。

    なんて言うか、自分に好みなタイプなんですね。

    YZ125ほど、上はパワーがない分、下のトルクと粘りがあって、

    ゆっくりも走りやすいし。

    サイレンサーは、正直音が少し変わったかな?という感じで、

    気のせいか、上が回るような気がしないでもない。

    エンジンオーバーホールしてるもあるし。

    壊してなかったら、買ってないかな。

    ノーマルで十分だったし。

    サスペンションは、河原では不満なかったので、これも変化を感じにくい。

    どっか、コース行くと分かりやすいかもしれないので、楽しみですね。

     

    いやー、やっぱり自分のバイクは良いですなー。

    新しい2020年モデルもカッコイイけど、

    少し大柄になったので、この以前のタイプはコンパクトだし、

    これはこれで良いんだなー。

    まぁ、新しいの買う予定も今の所ないのだけど。

    もう、あんな痛い目には合わせないように気をつけるからねー。

    これからも、ヨロシクねー。

     

     


    コメント
    コメントする