プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

5月の作業風景など

0

    こんにちは。

    なかなか細かく更新は出来てないので、

    最近のスタイルな1カ月ごとの様子で振り返り。

    RR4T125LCを整備?カスタム?などしてみる。

    さて・・・

     

    こちらの車両はウブカタジャパンで販売した車両ではなく、

    中古を購入したとのお客様が持ち込み。

    オフロード生活始めたいので、色々見て欲しいとの事。

    バイク押して移動してるだけで、外れるほどチェーンが終わってる・・・

    そんな訳でチェーン交換しますが、ついでにエンジン側のスプロケットを

    1Tダウン。

    LCでは定番な作業のひとつ。

    これやると、4スト125といえど、フロントアップもやりやすくなるし、

    ダートでもキビキビ走れるように。

    こちら、おそらく2013年モデルのはずですが、

    販売時には特に手を入れてないみたいだったので、

    スイングアームに水抜きの穴など開ける。

    これまたビックリだけど、この車体も

    ビューと水が出てくる。

    どこから、こんなに入るのか・・・

    不要な二次エアのバルブ外したり、

    割れやすいラジエターのホースを1本交換したり、

    サイドスタンドのオートリターン解除したり、

    湿式のエアフィルターに交換したり、

    ダート走行には必須のアンダーガードを装着したり、

    その他、ブレーキ回りとか整備したりと色々作業させていただきました。

    その後、楽しんでくれているでしょうか?

     

     

    そして、有り難い事に引き続き、人気のクロストレイナーが入荷。

    くどいけど、色々整備して・・・

    完成!

    ステムやリンクやらグリスアップしたり、色々やりますが、

    タンクキャップの内側についてる、この緑のやつ。

    前にも書いた事あるけど、

    ガソリンの揮発防止の為についてるパーツだと思うんだけど、

    これ一度トラブった事あるので、毎回外して、

    シンプルなワンウェイブリーザー(タンクキャップのホースの途中の赤いの)に交換しています。

    これ、最近の新車には全部装着してる。

    緑のやつは、中にスプリングが入っていて、

    一定以上の圧が掛かると、バシュっと外に開放するみたい。

    でも、普段は外気は吸う構造になってる。

    タンクキャップ開ける度に、バシュっと音がすると思うのですが、

    上手く作動してくれない事もあって、

    その場合、タンク内の圧力が上がり過ぎて、キャブのフロートを持ち上げて、

    オーバーフローしたり、

    燃料コックをOFFにしてても、コックからガソリンが滲んだり・・・

    逆に空気が吸えない状態になってると、

    キャブに上手くガソリンが流れなかったり、

    あんまり意味分からない内容かもしれませんが、

    まぁ、トラブル回避のおまじない的な感じですね。

    本来の環境対策なパーツとしては機能しなくさせてしまう訳ですが・・・

    まぁ、ちょっとしたこだわりってやつですね。

     

     

    続いては、密かに自分で所有し続けていた、ちょっと珍しいLCのモタード。

    ウチの子供が乗っていましたが、

    常連さんが買ってくれるとの事で、お嫁に出す事に。

    随分前にガッツリ整備してあったので、

    軽く整備して、旅立っていきました。

    ありがとうございます。

    ごくたまに、中古車なども販売したり。

    これは運命的な出会いと言っても良いかもしれなけど、

    ウチで販売した車両じゃないけど、お知り合いの方から

    下取りというか、買取で入荷したクロストレイナー。

    とある日曜日だったか、土曜日だったか・・・

    そんな買取で車両をお客様が店まで持って来てくれたのが、午前中の話。

    受け渡しも終わり、お客様はお帰りに。

    そして、その日の午後。

    以前にYZ125Xを買ってくれたお客様が、クロストレイナーが欲しい!という

    お友達を連れて、ご来店。

    新車お願いします!と言われたけど、

    今朝入荷した新鮮な中古があるけど・・・と、まるで魚屋さんのようなセリフで返答。

    じゃ、その中古で!

    そんな感じで、お店で中古車販売する事がたまにありますが、

    ホント、タイミングですね。

    軽い整備でも、まだまだ乗れそうな感じでしたが、

    新車買う意気込みがあったので、せっかくなら、と色々整備。

    エンジンやったり、

    サスもオーバーホールしたり、

    車体も一通り、手を入れて、リフレッシュ。

    で、完成!

    今年社会人になったばかりの若者でしたが、

    これからハード系で頑張りたいそうな。

    たくさん楽しんでね!

     

    こちらは、少し前に納車した2020年モデルのRR2T250 Racing。

    いくらか乗りこんで、フロントフォークをもっと柔らかくしたいとご要望。

    サスペンション類の整備などは、普段は信頼のケンズパワーにお願いしているのですが、

    フォークスプリングの交換ぐらいなら、自分でやるか〜と、作業です。

    2020年からのRacingグレードのみですが、フロントフォークがKYB製に。

    そう、YZシリーズなんかと同じタイプのフォークですね。

    と、いう事で、同じだよなーと、先に分解して寸法などチェック。

    同じだったので、ヤマハのパーツで注文です。

    Racingの標準バネは、4.4Nで、

    少しレート落として、4.2Nを装着。

    バラしたついでに、インナーダンパーのオイルをオーバーフローさせておく。

    やっぱり、けっこう出てきた。

    KYB製のツインチャンバーとか、クローズドカートリッジと呼ばれるタイプの

    フロントフォークは、スプリングの部屋のオイルとダンパーユニットのオイルが

    分かれているのですが、

    細かい早い動き、例えばガレ場なんかを走ると、

    スプリングの部屋のオイルがダンパーユニット内に飲み込まれてしまうみたいですね。

    すると、本来の油量より多くなってしまったダンパーユニットは、

    硬い感じになってしまいます。

    構造上、これは避けれないみたいですが、

    本来のモトクロスなどで使用している場合は、

    ジャンプの着地なので、フルボトムした際に、

    ダンパーユニット内の余分なオイルは外に排出され、

    スプリングの部屋に戻るようになっています。

    が、エンデューロで使っている場合、今回なんかも硬く感じてるという事は、

    フルボトムしてないので、

    ダンパーユニット内のオイル量が増えてしまっていた訳ですね。

    YZシリーズはみんな同じですが、

    たまにフルボトムさせてやると良いみたいです。

    ジャンプとかしてないと無理ですけど。

    フォーク単体で、油圧プレスとかに掛けると出来るかもだけど。

    それにしても、2020年モデルカッコイイです。特にRacingは・・・

     

    そして、またクロストレイナー250LDが入荷。

    有り難い事です〜。

    で、毎度のごとく、納車整備で色々グリスアップとかして、

    今回は、すぐに保安部品を外せるように、予備のヘッドライトマスクも準備。

    ライトがないので、ダミーのカバーを作成します。

    何かのパーツが入ってたブリスターパッケージなどを保存しておき、

    あらかじめ用意してある型紙通りに切り抜き、作成するという貧乏性です。

    何もないのは、ちと寂しいので、適当なカッティングシートでお化粧。

    ライトのカバーは、カーボン柄のカッティングシートを貼って、それっぽく。

    で、完成です。

    2020年のクロストレイナーは、これがラストですね。

    が、早くも2021年モデルが発表されましたね。

    グラフィックのみの変更みたいですね。

    青ベースも変わらず。

    ローダウンバージョンは、少し先になるみたいですが、

    STDの方は、すでに予約を受け付けていますよ。

    入荷は、少し先でしょうけど、

    欲しい!なんて方は、ぜひご相談くださいね。

    お待ちしております。

     

    お次は、シートカバーの張替など。

    こちらは、2019年モデルのシェルコのファクトリーモデルのシート。

    お近くの方ではないので、シートだけやってきました。

    ファクトリーモデルなので、

    最初から、SELLA DALLA VALLE(なんて読むのか不明)という

    有名なメーカーのシートカバーが装着されていますが、

    残念ながらビリビリに・・・

    KTMもファクトリーパーツでオプションでありますよね。

    カッコイイんですよねー。このブルー。

    シートカバーが入荷したので、早速作業開始。

    分解。

    ほんのちょっぴり、フォームが濡れていたので、お日様に乾燥してもらいました。

    リブシートは、水が入ってしまうので、

    付属でビニールシートがあるので、先に張り込み。

    これは柔らかいので、だいたいでOK。

    で、完成!

    シェルコのシートは、シート後方に取付のクイックファスナーのピンがあるから、

    穴開けないといけないのと、そこの周辺だけ窪んでいたりで、

    後ろ側がやや作業しづらい。

    シート表皮は破れてなくても、グリップとかと同じで、

    長く使うと表面が滑りやすくなりますね。

    交換すると、だいぶ変わりますよー。

    リブシートは、かなり強烈にグリップするので、

    ウエアのパンツもすり減りますけど。

    ウブカタジャパンでも人気のアイテムです。

     

    今度は、少し前のモデルとなるYZ125が入庫。

    以前にKTMを修理したお客様のお友達のマシン。

    エンジン止まって、キックが下りない・・・嫌な予感しかしない。

    ボアアップされてるらしい。

    エンジンご開帳したら、ピストンもエライ事になってましたが、

    ピストンじゃない。クランクだ・・・

    という事で、クランク摘出。

    コンロッドが垂直で止まっていられるという事で、

    大端ベアリングが終了です。

    クランク割る時に抜けづらかったシフトシャフトもついでに交換。

    クラッチのバスケットもなかなかの段付きなので、

    交換したいけど、軽く修正してみる。予算の関係上・・・

    ウォーターポンプのシールもついでなので、交換。

    傷んでたし。

    クランクはYZだと安いので、ASSYで交換。

    入手するのに、時間が掛かった144用のピストン。

    その他、リードバルブがV-FORCEに変わってて、こちらも別途ガスケットを

    手配したり、なかなか時間が掛かって、エンジン復活。

    ついでに歪んだラジエターも少し修正。

    アンコ抜きされて、タルタルなシートカバーも修正して、

    だいぶマシに。

    その他、あるべきパーツが無かったりと、細かい所を手直しして、復活。

    もう、書いてないけど、色々トラブルを乗り越えて・・・という感じ。

    中古で入手したマシンらしいけど、

    カスタムしてあるマシンの場合は、特に気をつけないとダメですね。

    当然ですが、今回もかなり費用が掛かっています。

    なるべく安く、マシンを入手したい!という気持ちは分かりますが、

    こればっかりは、そう簡単にはいきませんね。

    お勉強したという事で。

     

    似た作業は続くの法則で、

    同じYZでも、今度のはYZ125Xです。

    こちらもシフトシャフトが曲がったそうで・・・

    とりあえず、バラしたけど、抜けそうにもない。

    角度的に分かりづらいですが、

    けっこう曲がっています。

    シールが入るケースのフチに掛かっています。

    これは、厳しいな・・・

    エンジンの下から、金ノコでキコキコ切断を試みるも、

    スイングアームに金ノコの歯がすぐに当たって、ストロークが取れないので、

    ちっとも切れない。

    リューターにつける小さいな歯を買って、地味にカットしてみる。

    ちゃんとした道具があれば、何とかなるのかもだけど、

    そこは、ちゃんとした道具などない。

    地味に半分ぐらいまで切れたところで、

    あ、切り目が入れば、曲げやすくなってるんじゃないか?

    パイプを突っ込んで、クイクイとやったら、何となくまっすぐに。

    抜けました〜。

    切り目入れた所で、上手く曲がってくれました。

    外側と、ケース内のシールも交換して、

    新品シャフトに交換。

    曲げようと思っても、曲がらないけど、

    走行中にぶつけたら、やっぱり曲がるよねー。

    無事に交換出来て、良かった。

     

    そして、3月にやってしまった自分のバイクの修理&整備など。

    これは、また次回という事で。

     

    と、こんな感じで5月は作業してました。

    その他、その場で終わるような簡単な作業もやっていますけど。

    お仕事ご依頼いただき、ありがとうございます。

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする