プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

2020年モデル YZ125X

0

    こんにちは。

    2020年モデルが動きだして、ウブカタジャパンにも

    早速新しいマシンがやってきましたねー。

    そんな訳でYZ125Xが2連発!

    おー、来た来た。

    2018年から?2019年からだっけ?ブルーなリムはカッコイイぞー。

    毎度な納車整備ですね。

    さて・・・

    毎回やってる訳で、軽くですね。軽くご紹介。

    YZなんかは、シリンダーがAとか、Bとか種類がありますね。

    刻印だったら良いんだけど、

    スタンプみたいなやつなので、しばらくすると消えちゃう事が。

    と、いう事で記録でパチリ。

    Aシリンダーですね。

    バラして・・・

    ラジエターガードとかつけて・・・

    キャリパーとかグリスアップとかして・・・

    レバー回りとか・・・

    ホイール回りとか・・・

    ステム回りとか・・・

    リンク回りバラして・・・

    スイングアームとかもやって・・・

    キックオンリーで、当然良く使う部分もグリスアップして・・・

    だいたい完成して、アンダーガードを付けようとしたら・・・

    こちらは、リンク部分までガードが延長されたSXSというブランドのやつですね。

    どうやって装着するんだー?

    と、説明書を見ると、

    なんかドリルとタップが付属してる。

    う・・・

    フレーム下部に穴開けるんですね・・・

    マジか・・・

    慎重に穴開けてみました。

    で、完成!

    今まではクローズドを採用してたお客様ですが、

    軽さを優先して、オープンタイプのガードで。

    ラジエターガードは、エンデューロエンジニアリング。

    これは、自分が好きなタイプなんですよねー。

    無難なところが。

    そして、これが少し苦労したSXSのアンダーガード。

    サイド部分も高い位置まで保護してくれます。

    チャンバーステーと共締めだったり、ちょっと脱着が面倒なんですけど、

    リンク部分も2枚重ねで、シッカリガード。

    何より、樹脂製ですが、ぶ厚いですねー。

    頑丈そうだぞ。

    2020年モデルのFXなどは、フォークボトムの形状が変わったみたいだけど、

    2ストYZは、今まで同じ。

    ボトムのケースが薄いので、ヒットさせると変形してしまい、

    分解する時に難儀しちゃうので、ボトムガードは必須ですね。

    こちらは、信頼のフェアルさんの製品。

    うーん、バッチリ。

    アチェルビスのフレームプロテクター。

    ドレスアップにも良いですね。

    シートレールに巻いてる黒いやつは、ホームセンターで買ったゴムのシートみたいなやつ。

    これは、乗る人や、履いてるブーツによるんですが、

    左右非対称のシートレールで、左側だけ、やたら擦れるんですよね。

    そして、薄くなって穴というか、クラックが入るほどに。

    なので、その予防ですね。

     

    で、後日ですが、もう1台YZ125X。

    こちらは、サスを最初からローダウンしちゃいます。

    まぁ、やる納車整備は同じなので・・・

    完成!

    こちらは、デカール貼ってないので、STDな感じですね。

    こちらもSXSのリンクガードつきアンダーガードに。

    穴開けは、やっぱりドキドキですね。

    同じく、エンデューロエンジニアリングのラジエターガード。

    こちらは、クローズドガードに。

    これもエンデューロエンジニアリング製ですね。

    丈夫、シンプルで、好きですね。

    サスは、以前にもやってるけど、こちらも3センチのローダウン仕様。

    トリッカーからの乗り換えなので、

    車高は低い方が良いとのご希望でしたので。

    本格的なレーサーモデルは初との事で、

    これから、いっぱい楽しんで欲しいですね。

     

    YZ125Xは、外車に比べてお値段もリーズナブルだし、

    維持するのにも、国産モデルですから、パーツもお求めやすい価格です。

    エンジンがキック始動オンリーですが、

    125佞離ックは、男性なら、あまり問題になる事はないでしょう!

    250とかに比べると、やはりエンジン回してナンボという部分は

    ありますが、

    シッカリとエンジンを回して走れるようになると、

    やっぱり上達しますよね。

    基本ですね。

    国内メーカーでは唯一新車で購入できる

    2ストエンデュランサーです。

    ヤマハさん、ありがとう!

    出来るだけ長い間、販売を続けてくださいね。

    宜しくお願いします!

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする