プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR4T125LC ローダウンとシート加工!

0

    こんにちは。

    今回は、Beta RR4T125LC をサスペンションでローダウン。

    さらに、シートも加工して、グっと低いマシンに。

    今回のお客様は小柄な女性。

    フルサイズじゃないマシンに乗れば、そりゃだいぶ楽な訳ですが、

    どれ乗っても、背が小さいから厳しいので、

    どうせだったら、素直にカッコよくて、乗ってみたいやつに乗る!

    という、イカしたスタイル!

    という訳で・・・

    元は、こちらのLCをモディファイします。

    本当、タイミングなのですが、今年の初めに新車で販売した、

    こちらの125LC。

    購入いただいたお客様のお仕事の絡みなどで、

    乗れる時間と余裕がないので、だれか買ってくれる人いませんかー?

    との話があった時に、

    偶然、今回の女性のお客様がご来店。

    しかも、125LCがお目当てだったとの事。

    さて・・・

     

    そんな訳で、ダートを1回走行かな?

    走行距離も、ほんのわずか・・・

    という車体が用意できて、

    新車より当然お安い訳で、その分でモディファイする事に。

     

    このBeta RR4T125LCは、

    以前、自分も乗っていた事あり、

    フロントフォークをモディファイしてもらった事はあるけど、

    ローダウンはお初。

    いつも、お世話になっているケンズパワーさんに何とかしてもらいます。

    しかも、リアショックはそのままでガスの注入口がないタイプですから、

    加工が前提です。

     

    サスペンションのモディファイをお願いしてる間に、

    シートを加工してみます。

    シートの加工って、あんまりやった事ないけど・・・

    元は、こんな感じ。

    かなり厚みがある・・・

    ように見えるけど、実はそうではないんですよね。

    外側は、随分と高さあるように見えるけど・・・

    表皮はがして、分解する。

    さすがに、ほとんど走ってないだけあって、フォーム新品のようです。

    こんな感じで、ベースの中央部は盛り上がってるんですよねー。

    特に、シート前方は燃料タンクの容量をかせぐ為だと思うけど、

    盛り上がって、タンクを避けています。

    これは、このLCに限らず、RR2Tもクロストレイナーも同じ。

    なので、前方部分は見た目に反して、厚みが元々薄い・・・

    とりあえず、厚みを確認しながら、ザクっと線を引いて、

    カット。

    前方は、後から辻褄を合わせるかな。

    馴らしていく。

    角も落とすようにして、徐々に滑らかに。

    右が前側だけど、なるべくなだらかにつなぐ。

    とりあえず、一旦合わせてみる。

    うーん、形は良いけど、思ったよりボコボコだ・・・

    地味に、キレイにしてみる。

    なるべくスムーズに前方と繋がるように・・・

    と、頑張り過ぎたら、裏についてるゴムブッシュの頭が少し見えてしまった。

    もう、限界だ。

    かなり良くなったぞ。

    後ろ側は、このLCの場合、シートの固定用のカギがあるので、

    (実際にはボルト固定に変更してるけど)

    あまり触りたくなかったので、ステップシートみたいな形に。

    ヒルクライムとか、登りでも良いんじゃないかな?

    あてがってみる。

    おー、いい感じじゃないの?

    ちょっと今回は難しい内容だったのもあるけど、

    ケンズパワーからサスが返ってきた。

    フロントフォークは、クロストレイナーと似たタイプで、

    片側スプリングで、もう片方がダンパーのセパレートタイプ。

    スプリング側のロッドを作り直したりしています。

    リアショックもガスの注入口を加工しています。

    さすが、ケンズパワーです。

    いつも、助かります。

     

    これ、最初の画像で、元の状態。

    で、こちらが加工後。

    サスペンションで4センチのローダウンとしました。

    サイレンサーや、フロントフェンダー周辺の隙間を見ると、

    だいぶ違いますね。

    かなり下げてるので、サイドスタンドが心配でしたが、

    ギリギリって感じでしたね。

    LC乗ってる方は分かると思いますが、

    元々、サイドスタンドでバイク止めると、かなり傾いてるんですよね。

    要は、少し短いというか、ストッパーの位置が深いというか・・・

     

    自分のRR2T125も少しローダウンしています。

    上級者になれば、また別の話ですが、

    小中級者の方で、身長が低く、足つきが厳しいと感じる方にとっては、

    ローダウンは良いモディファイだと思いますよ。

    マシンの性能というか、走破性は、そりゃ落ちるし、

    あまり下げ過ぎると、フロントアップがやりにくかったり、

    重心が下がる事で軽快感が薄れたり、

    デメリットもありますが、
    安心感がある方が思い切って乗る事が出来たりして、
    メリットの方が大きいと思いますよ。
    スプリングをカットしないと難しい場合を除いては、
    オーバーホールする形になりますが、
    ほとんど場合、元に戻す事が出来ますしね。
    そんなローダウンなモディファイのご紹介でした。
    おしまい。

     


    コメント
    コメントする