プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

第35回パワーエンデューロに行ってきました!

0

    こんにちは。

    関東では、梅雨も明けて、本格的な夏シーズン到来!って感じで、

    連日猛暑が続く今日この頃。

    皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

    もう、夏休みに向けて遊びの計画テンコ盛りな方もいる事でしょう。

    そう、夏といえば、8耐。

    バイク乗りの8耐といえば、鈴鹿かもしれませんが、

    ダートバイク乗りの8耐といえば、モトパワー8耐でしょう!

    数年前にお店は閉めてしまいましたが、

    横浜のモトパワーレーシングさんが毎年夏に行っている

    パワーエンデューロは、お店を閉めてもレースは継続中。

    一旦お休みした事もありましたが、

    今年は第35回という事で、とても歴史あるイベントです。

    バイクショップが35回もイベントやるだけでも凄いですけど、

    年に1回のイベントですからね。

    凄いですよね。

    と、いう訳で、そんな8耐に行ってきました。

    さて・・・

     

    ここ数年、メディアチーム枠という形で、

    雑誌riderの一員?として、8耐に参戦していましたが、

    今年も有り難い事に、参戦させていただく事に。

    昨年は、メンバーが足りなかった事もあり、

    子供も参戦させましたが、今年は受験勉強中でお休み。

    いつものメンバー?での参戦となりました。

    雑誌riderの走る編集長こと、三上編集長と、

    JECのIAライダーである、大川原選手と、

    自分の3名体制で参戦です。

     

    パワーエンデューロは、本家?鈴鹿8耐のオフロードバージョンという事で、

    ライダーは、1〜3名まで。

    マシンチェンジは無しで、1台のバイクでリレーする形式です。

    今年は、バイクどうする〜?

    と、毎年悩む所ですが、

    今回は、三上編集長の手配で、

    な、なんとホンダさんからCRF250RXの試乗車をお借りする事が出来ました。

    ありがとうございます!

    そんな訳で、レース直前になりましたが、

    某所まで車両をピックアップに。

    タイヤ交換したり、オイル交換したり、

    とりあえずなハンドガードを装着したりして、

    ダッシュで準備。

     

    今回のレース会場は、昨年と同じ福島県にある

    チーズナッツパークです。

    天気予報が微妙というか、雨降りそうだったんですよねー。

    土曜日のお昼過ぎに出発。

    雑誌の締め切りを無事に乗り越え、

    三上編集長を都内でピックアップしてから、

    チーズナッツパークへ。

    猛烈に暑いので、下見などはしない方向で、すぐにプシュっとやります。

    半分は、この為に来てると言っても過言ではありませんが、

    夜の宴会を満喫。

    しかし、飲み過ぎは禁物です。

    翌日は、真夏の暑い中を8時間もレースやる訳ですからね。

    そんな宴会の最中、こういう時は予報通りで、

    雨が降ってきましたね・・・

    朝まで降るそうな。

    そして、レース当日。

    朝方まで雨降ったり、止んだりでしたが、何とか上がってくれました。

    しかし、ドロドロですけどね。

    約150チームがエントリー。

    お一人様で出る狂ったアイアンマンというクラスもありますが、

    そうですねー。

    300名以上は、ライダーが集結してる事になりますね。

    そんな大会を支えてくれてるのが、

    日産!

    今年もキャラバンを展示に来てくれました。

    直接的に営業に繋がる訳ではないでしょうけど、

    こういう活動に協賛してくれるのは、本当にありがたいですね。

    トランポをご検討の方は、ぜひ日産もご検討くださいね。

    今年もお下○なトーク満開なテッペーさんもMCで来てくれました。

    NGワード連発です。

    そんなテッペーさんのキャラ・バーンな掛け声で、

    集合写真です。

    うーん、人いっぱいですね。

    真夏に長袖、長ズボンにブーツにプロテクターにヘルメット。

    クソマディーなチーズナッツを走り回るとは、

    自分も含めてですが、皆さんお好きですね。

     

    そして、朝8時に恒例の花火でスタートです。

    我らがrider&ウブカタジャパンチームは、

    ゼッケンが147番と、ほぼ最後尾スタート。

    本家鈴鹿8耐同様に、ルマン式スタートです。

    スタートライダーは、今回の参加者の中では、

    反則ではないか?という感じですが、

    IAライダーの大川原選手を投入。

    前に146台もバイクいますからね。

    すると、まさかの1周目は3位で戻ってくるではないですか!

    144台抜きですか。

    さすがです。

    1時間ぐらいで交代する作戦で、

    まずは大川原さんは4周してきてくれました。

    トップになるかと思いきや、トップのライダーが速いのと、

    2周目からは周回遅れのライダーが出てきますからね。

    そんな関係なのか、2位のポジションで自分と交代。

     

    いざ出発。

    CRF250RXは、試乗会などで乗ったのと、

    お客さんが乗っているので、何度か乗った事はある。

    そんな感じ。

    なかなかにドロドロなコースと、

    久しぶりの4ストという事で慎重に走る。

    良く進むし、乗ってる分には重いと感じる事もない。

    が、極ごく低速域からスロットルを開けた時にエンストする。

    というか、させてしまう。

    これがUターン気味のコーナーだったりすると、

    そこで立ちゴケしないまでも、バランス崩して止まってしまう。

    そういう止め方をした時に限ってだけど、

    少しエンジンの再始動に手こずる。

    せっかく前のライダーを抜いても、これをやってると、

    また抜かれて、抜かなくてはならない。

    何度か転倒もさせてしまうし。

    コースの方は、チーズナッツは8耐で3回目かな?

    それと、イベントで来た事あるぐらいで、

    あまり走った事がない。

    ほんのわずかな林道区間みたい所以外は、

    休む所がない・・・

    前の週にチーズナッツでのシリーズ戦?のワイワイをやったのも

    あるんだろうけど、

    コースもなかなかに荒れている。

    雨上がりのマディーで難しいコースに、

    湿度が高い状態でのレースに、

    コース脇には、スタートから1時間ちょっとで休んでるライダーも多数。

    なかなかに厳しい戦いです。

     

    大川原さんは、1時間ぐらいで4周走ったけど、

    自分はペースが落ちるので、3周で交代。

    3周目は、ジリジリと疲れて来てて、

    4周目行ってたら、かなり体力消耗したかも。

    そして、第3ライダーな三上編集長に交代。

    同じく、1時間か2周か、3周で交代ですねー。

    なんて送り出す。

     

    大川原さんが発電機と扇風機を持って来てくれてたので、

    これは本当に助かりましたね。

    風が当たるだけで、かなり楽になるし。

    大川原さんは、今はBetaライダーで、

    以前は、フサベルライダーと2ストのイメージですが、

    その前はCRF乗りだったんですよねー。

    なので、CRF250RXはマシンは違えど、良い感じらしい。

    どうしても、低速で止めてしまうと伝えると、

    それは昔からで、これ以上回転落とすと止まる、といった領域があるらしい。

    フムフム。

    なるほどー。

    インジェクションというのもあるけど、

    クラッチ切った時などのアイドリング自体は、とても安定してるんですよね。

    その領域でクラッチをつないでパワーを掛けると、

    スパンっと止まってしまいやすいようです。

    次は注意して乗ってみよう。

     

    そんな会話をしながら休んでいると、

    あ、三上さんが猿山通過したっぽいぞ。

    と、思ったら、パドックに戻ってきた・・・

    ヤバイ、気持ち悪い・・・熱中症気味との事で、

    急きょライダーチェンジ。

    大川原さんが慌てて準備して、コースイン。

     

    そりゃ、このコンディションだと、ちょっとハマったりしただけで、

    ドワっと汗も出ますしね。

    実際、自分も少し気持ち悪くなりかけてたし。

    この交代もあって、順位が少しダウン。

    大川原さんは、さすがの安定度で順位を回復して、

    4周で自分と交代です。

     

    大川原さんにもらったアドバイスを思いだしながら

    周回を重ねる。

    コースも覚えてきたのもあるし、

    一度体動かしたのもあるけど、

    バイクにも慣れてきた。

    何度か同じようにエンストさせてしまったけど、

    何か分かってきたかも。

    確かに、これ以上回転落としたら、止まりますよー。

    という明確な感じがある訳じゃないけど、

    アイドリング付近の回転からスロットルを開けないように、

    少し回しておくのと、

    走れるからといって、シフトダウンをサボると良くないのが分かった。

    おー、何か慣れてきたし、4周はイケルかもな。

    と、思った矢先に猿山の直登で、まさかの失敗。

    進入時に少し振られたけど、イケルイケルとそのまま行ったのが失敗でしたね。

    わずかに届かず。

    あと一歩でバイク起こせるところで、足元滑って、

    バイクもズルズルと落下。

    結果、下まで降ろしてやり直し。

    これは、一気に体力持っていかれた〜。

    で、その間休んで復活した三上さんと交代。

     

    大川原さんが回復させた順位を1つかな?

    落としての交代。

    うーん、最後の失敗はやってしまったな。

     

    今度は順調に三上さんも2周目に突入したみたい。

    2周目も無事に回ってきた三上さんと、

    また大川原さんが交代。

    残念ながら、順位はまたダウンしてしまったけど。

    三上さんはクールダウン用のプールに直行。

     

    この時点で、残り2時間という感じ。

    いよいよ終わりが見えてきた。

    この8耐は、残り30分を切ると、ピットに戻れず、

    ライダー交代も出来ないというルールがある。

    そこを上手く考慮しておかないと、

    最終ライダーは長く走らなくてはいけなくなる。

    交代する前に大川原さんと話していたのは、

    今まで4周回っていたけど、大川原さんが3周してきて、

    自分に交代。

    自分が2周走って、最終ライダーにチェンジ。

    三上さんがイケルなら、三上さん。

    厳しければ、最後は大川原さんが走る。

    そんな作戦を立てていました。

     

    一応時間を気にしていると、

    大川原さんは16分ぐらいで周回してきた。

    うーん、これだと3周走って自分に交代して、

    自分が2周走ると、残り30分切ってしまいそうだ・・・

     

    迷ったけど作戦を変更して、

    大川原さんが2周終わる時に自分に交代する事に。

    自分もこの2周がラストだと思うと、気が楽に。

    すでにこの時点は、コースもだいぶコンディションが回復。

    場所によっては完全ドライな部分も。

    コース上のライダーも確実に減っている感じ。

    CRF250RXにも慣れて、これまで以上にミスもなければ、

    明らかにペースも上がった。

    おー、楽しいぞー。

    そして、自分の役割の2周を終えてライダー交代。

    最終ライダーは、順位を狙ったのもあるけど、

    大川原さんが行く事に。

    しかし、微妙・・・

    残り1時間は切ってるけど、

    3周で終わりか、4周目に突入しちゃうかどうか・・・

     

    もう自分と三上さんは役割を終えたので、ノンビリゴール待ち。

    そして、午後16時にゴールの花火が打ちあがり、

    モトパワーの小林さんのフラッグが振られます。

    ガス欠なのか、押してゴールするライダーも。

    なかなか戻ってこない・・・

    と待つ事15分ぐらいしたら、大川原さんもゴール!

    ギリギリ4周目に入ったようで、

    周回チェックを通りすぎて、大坂登ってる時に花火が上がったそうな。

    最後の最後に4周を飛ばして走るんだから、

    さすがIAライダーですね。

    いやー、8時間走り続けたCRF250RXは、

    ドロドロになってしまいました・・・

    帰ったら、キレイにしてあげるからね。

    お疲れ様でした。

    そして、表彰式!

    ちょっと見づらいけど、

    自分たち、rider&ウブカタジャパンチームは・・・

    ほぼ、大川原さんの活躍で、

    優勝は届かなかったけど、総合3位をGET!

    過去には、スモールクラスで優勝した事もあるけど、

    久しぶりの表彰台は嬉しかったですね。

    周回数ですが、自分たちは25周。

    大川原さんが、14周。

    三上さんが、3周。

    自分が8周。

    やっぱり、大川原さん、すごいねー。

    ちなみに、トップは唯一の26周との事。

    そして、また来年!

    という感じで、小林社長のご挨拶で終了。

    前日の雨、でも楽しい宴会で飲みまくり、

    当日は晴れて湿度高め・・・

    熱中症になりそうな条件がバッチリだったので、

    何人か病院に行くぐらいの状態にはなってしまったみたいだけど、

    大事には至らなかったみたいですね。

    無事に終わるのが一番。

    今年も楽しい8時間をありがとうございました!

    スタッフの皆さまもお疲れ様でした。

    キツイキツイと言いながらも、みんな良い笑顔でしたね。

    レースが終わる頃には、最高の天気でしたね。

    前日から、晴れ続きだったら、それはそれで埃だったり、

    大変だったかもしれませんから、

    良かったのかな?

    そして、レース翌日。

    泥だらけのCRF250RXをシッカリと洗車して、

    元に戻して、車両を返却。

    最後の2周は調子良く走れたから、

    やっぱり乗り方の問題なんですねー。

    ドライコンディションで乗ってみたかったなぁー。

    ホンダさん、車両をお貸ししただき、ありがとうございました!

     

    と、そんな第35回パワーエンデューロでした。

    また来年?

    おしまい。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする