プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

RR2T125 プチカスタム!

0

    こんにちは。

    ブログを書くために、日々バイクを触る時は、

    スマホで写真を撮りまくり。

    が、ブログのアップが遅れ過ぎていて、アップしたかどうか忘れてる・・・

    今回のお話しもそんな感じで、

    本来はずいぶん前だけど、3月のJECの開幕戦の時に書こうと思ってたやつです。

    今更だけど、書いておこう!

    自分のRR2T125のカスタムポイントですね。

    まずは、サスペンション!

    さて・・・

     

    サスペンションは、自分のバイクもお客様のバイクも

    サスペンションチューニングで有名な東京の世田谷区で

    お店を営むケンズパワーさんにお任せです。

    以前乗っていたクロストレイナー250も、ケンズパワーさんで

    リバルビングをしてもらっていました。

    クロストレイナーのサスペンションは、乗りやすさ重視なタイプなのは

    良いのですが、JECなどのスピード系で使ったり、

    速度レンジを上げなくてはいけないロングヒルクライムなんかの

    進入では、少し心もとない。

    と、いう事でリバルビングしてもらって、かなり具合良くなりました。

    今回RR2T125に乗り換えて、

    そういう意味では、サスペンションはクロストレイナーと比べると、

    シッカリした物が装着されています。

    が、クロストレイナーと比べると、

    RRシリーズという事もあり、少し車高が高い。

    かつ、セルモーターがなくエンジン始動もキックオンリー。

    とても軽量なマシンなので、普段乗る分には何の問題もなかったのですが、

    やはりレースや、少し険しい所にチャレンジする時などは、

    もう少し足つきを良くしたいかな〜。と思っていました。

     

    と、いう事で、自分のマシンでは初でしたが、

    今回はローダウン加工をしてもらい、車高を少し下げる事に。

    悩みに悩んだ結果、2センチほど下げてもらいました。

    せっかく分解するので、ついでに初期の動きを好みで少し柔らかく、

    奥ではノーマルより踏ん張るセットにリバルビングもしてもらいました。

    2センチ下げた結果、乗った感じが、ちょうどクロストレイナーぐらいになりました。

    リバルビングした結果も良好!

    車体がワンランク上になった感じですね。

    バッチリです〜。

    あとは、乗り手の問題です。

     

    サスペンションのローダウン加工ですが、

    最低地上高が落ちる訳で、走破性という意味では、確かに落ちますね。

    でも、足つきが厳しい!というのは、それ以前の問題ですよね。

    自分も背が高くはないです。168センチぐらいです。

    随分測ってないので、縮んでるかもだけど。

    足付き悩んでるライダーには、ローダウンはオススメですよ!

     

    カスタムってほどではないですが、

    クーラントも交換しています。

    お世話になっているエルフ製のクーラント。

    これもクロストレイナーでも使っていました。

    2ストの125ですから、滅多な事では噴きませんが、

    一般のクーラントに比べて、冷却効率も上がる。

    というか、一般のクーラウントは長期使う事で、内部に

    白い堆積物が付着していき、冷却効率が落ちるのですが、

    こちらのエルフのクーラントは、そういう事がないようです。

    ただ、凍結防止剤が入っていないので、

    去年も最終戦のSUGO2DAYSなどは、

    一般のクーラントに戻しましたけどね。

    防錆剤は入ってるようで、入れっぱなしでも平気なのもグッドです。

    ちょっと良いオイル入れるとか、そんな感じですね。

    RR2T125、および200は、クラッチの油圧ピストンが

    エンジンの左側ではなくて、

    右側のクラッチカバーに内蔵されたタイプを採用しています。

    ちなみに、125と200では、クラッチカバーの形状が少し違います・・・

    通常のクラッチカバーなら、少しクラック入ったぐらいなら、

    パテなどで修復できますが、

    油圧クラッチの部分は、そうはいきませんからね。

    通常でも、クラッチカバーの破損防止でカバーのカバーが販売されてたりしますね。

    125用も販売されたかもしれませんが、

    今回は、自作してみました。

    以前から話題になっていましたが、カイダックという熱で整形できる材料を

    使って自作です。

    単純に一度やってみたかったからですけど。

    これは、3ミリ厚だったかな?

    最初はバンジョーの部分を保護するような形状で作ったのですが、

    カバーを両面テープで固定なので、

    エア抜きがやりづらいので、結局カットしてしまいました。

    もう随分使ってますが、問題ない感じです。

    破損させない事が一番ですけどね。

    写真だと分かりにくいですが、ヘッドライトの形でも作ってみました。

    カーボンのやつも持ってるんですけどね。

    これも単にやってみたかっただけ。

    まぁ、十分に機能してくれてます。

    この時に作った事で、すでに満足してしまったので、

    材料や道具を少し買いそろえたのに、以降出番がない・・・

    クラッチカバーなんかは、既製品があれば買った方が安かったですけど。

    きっと、何か作る機会が来るはず!

     

    と、随分前のネタですけど、

    今更のご紹介でした。

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする