プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KX450SE !

0

    こんにちは。

    少し前のお話になりますが、

    ウブカタジャパンにもグリーンなマシンがやってきました!

    カワサキの2019年モデルKX450ですね。

    でも、ただのモトクロッサーではなくて、

    カワサキ&サスペンションの専門ショップな

    埼玉県のピュアテックさんが手掛けるスーパーエンデューロな1台。

    KX450SEですね。

    ピュアテックさんが、エンデューロ仕様にモディファイしたコンプリートマシンで、

    リアを19→18インチへ。

    サイドスタンド装備。

    エンジン特性もマイルド仕様に。

    そして、サスペンションもエンデューロ向けにモディファイした仕様です。

    カワサキのマシンは触った事はありますが、

    新車はお初ですねー。

    さて・・・

     

    このSEシリーズは、以前から250では作成されていて、

    過去、試乗会でも試乗させてもらった事あります。

    もう、かなり抜群に良いフィーリングで、

    自分が乗るとしたら、今はBeta以外考えにくいですが、

    それ以外で1台選べ!と言われたら、

    確実に候補に上がる1台と言えます。

    ただ、250はキックオンリーだったんですよね。

    2ストの125とかはキックオンリーで良いですが、

    4ストだと、セル欲しいなー。という感じ。

    しかし、今年の450は、そのセルが標準装備となり、

    さらにクラッチも国産では唯一の油圧化。

    その450をベースにしたのが、このKX450SE。

    昨年のJNCC爺ガ岳のAAGPの時に試乗させてもらったのですが、

    これがまた、450とは思えない乗り易さ。

    これは、良いぞー。

    と、思っていたら、お客様が1台欲しいー!との事。

    そんな訳で、ウブカタジャパンにもグリーンなマシンがやってきました。

    早速、納車に向けて準備します。

    外装バラバラ〜。

    当たり前ですが、セル装備なので、バッテリーも搭載。

    しかも、グリーンです。

    スカイリッチだったけど。

    エアボックスもグリーンでしたね。

    何か、純正だけど社外品みたいですね。

    バッテリーを搭載してるからか、国産では珍しく、

    エアフィルターは、サイドパネルを外すタイプでした。

    けっこうエアボックスが狭い感じだけど、KXはパワー出てるみたいですね。

    燃料タンクを外します。

    この辺の造りは、KTMとかの外車と異なる所ですね。

    ホースの接続がクイックタイプじゃないので、やりにくいです。

    電源の配線も取り回しが長い。

    まぁ、慣れなんでしょうけど。

    タンクはそんなに頻繁に外さないか。

    ガンガンばらしますよー。

    カワサキの新車は初ですが、随分とシャバシャバな感じ。

    オイルか?って感じのグリス?でしたね。

    お、スプリングがオリジナルですね。

    レート下げてるんでしょね。

    プリロードアジャスターをX-TRIGの簡単に調整できるやつに

    交換しようと思ったけど、分解時にしか抜けない構造でした。

    お願いしておけば良かったですね・・・

    毎度同じですが、リンクやスイングアームをシッカリとグリスアップ。

    毎回同じだから、割愛しちゃいますが、

    各部グリスアップして、定番のチェーン引きもカジリ防止。

    今回は、ニューモデルでパーツ類も分かりにくくて、

    お客さんが自分で全部用意してくれました。

    チェーンガイドも新車だけど、樹脂製に交換。

    ZETAの新しいやつですね。

    リアもやったけど、こちらはフロントブレーキ。

    パッドピンとかもカジリ防止はやっておいた方が良いですね。

    フロント回り。ステム分解。

    ステムを組む前に、作業がしやすい状態でラジエターガードを先に。

    UNABIKERだっけ?ウナバイカーなのかな?

    これもお初。

    フムフム。英語の説明書と格闘。

    装着。

    後方へは、フレームに接続する形で補強するタイプですね。

    反対側も装着。

    ですが、とりあえず仮のフィッティング。

    何故なら、電動ファンを付けて欲しいとの事だから。

    これは、トレイルテックの汎用品。

    うーん、簡単には装着出来そうもない。

    外装や、他のパーツとの兼ね合いもあるので、一旦保留にして、

    作業を進める。

    ステムもシッカリとグリスアップ。

    PHDSも新車から投入!

    ハンドルも好みの物に変更。

    カッコイイ―ね。

    スロットルチューブもG2のアルミタイプに。

    スロットルの巻き取り径を変える事で、

    ロースロにしたりできるパーツですね。

    とりあえず、STDと同じで良いとの事。

    樹脂のSTDと異なり、シカリ感と、さらにスムーズなスロットル操作が

    可能になるやつですね。

    写真が縦になってますが、

    レバーもピボットタイプでARC製をチョイス。

    これはクラッチレバーですが、

    ニッシン製の油圧マスターで、完全な新作ですね。タブン。

    それに合わせたARCレバーは、

    新しいタイプのようで、レバー比を変更できる

    カラーみたいのを入れ変えるシステム。

    凄いね。

    切れ味も変わるけど、レバータッチというか、重さが変わるようです。

    ボンサイモト製品が続きますが、

    グリップもお好みで、ariete製をチョイス。

    前回りも組んだけど、

    ラジエターガードの変な形の所は、

    ステムを避ける為だったんですね。

    ちゃんと考えられてる。

    ハンドガードも装着して、この辺だは、だいたい出来上がりかな。

    セルのスイッチが良いですねー。

    問題だった電動ファンですが、

    ラジエターガードを一部カットしないと無理と判断して、

    お客様に確認。

    カットしてOKとの事で、トライしてみます。

    可能な限り補強となる部分をカットしないように。

    まぁ、でもあんまり攻めすぎても、変形した場合に

    すぐ接触しちゃうかもなんですが。

    電動ファン自体ももう少し追い込めるけど、

    ヘッドと近いので、少し余裕を持たせてセット。

    すると、ガード側に近いづいちゃう。

    なかなか難しかったです。

    さらに、問題が。

    このトレイルテックのやつは、デジタルの温度センサー付き。

    ファンの回る温度を調整できるんですよねー。

    その為のモニターというか、スイッチというか、

    そいつをどこかに収めなくてはいけない。

    KTMとかハスクもパワーパーツであるタイプと一緒かな?

    ただ、これは汎用なので、ステー類がない。

    配線延長して、ハンドル回りでも良かったけど、

    配線もあんまり複雑にしたくない。

    このモニターの配線が切れると、おそらく機能しないし。

    迷ったけど、どうせカットしてしまったガードを少しくり抜いて、

    けっこう見た目重視だけど、埋め込む事に。

    破損の恐れもあるけど、

    どこにあっても同じかな?

    けっこう大変だったけど、見た目はGOOD!

    うーん、さすが450エキパイ極太ですね。

    さっきの電動ファンは、シュラウド付けると、こんな感じ。

    仮止めした時は、ギリギリだったけど、

    ちょっとだけモニターに掛かるので、

    気持ち削らせてもらいました。

    シュラウドの内側は、ガード付けたから、

    けっこう削らないと装着できませんでしたけど、

    そこは見えないから問題なし!

    パーツ盛り盛りだけど、シートもいきなりリブシート表皮に変更。

    これもボンサイモトさんが取り扱うMOTO SEAT製ですね。

    アンダーガードが全然出てなくて、ワークスコネクション製をチョイス。

    モトクロス用だろうから、ガードが少し甘い分は、

    お客さんが先に少し補強的な追加をしてくれてましたが、

    バッチリでした。

    ハンドル変更したのもあるけど、

    ゼッケンプレートのなんていうの?ハンドルに巻き付けるやつが、
    具合がよろしくない。

    モトクロスだと、無いといけないのかな?

    YZとかもありますよね。

    昔の名残かな?

    なので、カット。スッキリ〜。

    最後に社外バーパッドを装着。

    と思ったけど、PHDS付けてるので、変形しちゃう。

    なので、PHDSの形にくり抜き。

    そして、完成!

     

    完成の写真がない・・・

    シェイクダウンの時に一緒に日野に遊びに行ったけど、

    慣れてない初マシンだけど、かなり乗り易くて、

    好印象だったようです。

    自分も遊んでたので、乗らせてもらうの忘れてしまった〜。

    今度乗らせてもらうっと。

     

    そんなカワサキのKX450SEでした。

    250もセル装備になって、油圧クラッチだと、

    かなりイケてるんだけどなー。

     

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする