プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

YZ125X 整備など!

0

    こんにちは。

    今回は、常連さんのYZ125Xの車体整備のお話。

    うん、よく登場する車体ですね。

    今回は、前後サスペンションのオーバーホールと、

    リア回りの整備がメインです。

    さて・・・

     

    サスやリア回りがメインですが、

    どうもラジエターもけっこう変形させてしまったようで、

    そっちも診てください・・・との事。

    どれどれ。

    外すと、そうでもない?

    そんな事はないけど、こんな感じ。

    とりあえず、こんな感じで。

    写真だと、あんまり変わってないかもしれないけど、

    ネジレとかもありますからね。

    あと、何回も書いてるけど、欲張らないのが大事かな。

    壊れる時は、アッサリ漏れちゃうので、

    マシになるレベルで。

    とは、言うものの、車体に付けると雲泥の差ですけどね。

    ホースバンドもキレイにして、給油して、スムーズに締めれるように。

    けっこう泥詰まりとか、錆とかでダメになっちゃうんですよね。

    元の画像を撮り忘れてたけど、うん、かなりキレイになったぞ。

    さて、今度は足回り。

    取れました。

    定番だけど、リアショックの下のベアリングはダメだこりゃ。

    かなりガシガシ乗ってる車両で、毎回洗車も念入りだから、

    それがアダになってるのか、

    ちょっと、整備のタイミングが間が空き過ぎたからか、

    スイングアームとリンクの一部もベアリングがダメっぽい。

    シャフトも少し錆が出始めてたし。

    フロントフォークも抜いて、車体はしばし、放置プレー。

    この時は、足無しの車体が4台ぐらいあって、場所がない・・・

    前後サスペンションは、いつもお世話になっている

    ケンズパワーさんにお願いです。

    その間に他の作業も出来るし、リアショックとかは、

    色々と道具もノウハウも必要ですからね。

    うーん、シッカリとやったんだけどな。

    スイングアームは、ダメだ。交換です。

    大丈夫な所はキレイな状態。

    今回、シールは全部交換です。

    キレイなベアリングは掃除して使い回し。

    シール新品で、グリスタップリと。

    これで、また頑張ってくれる事でしょう。

    リンク回りは・・・

    スイングアームに埋まる方のベアリングは、ちと厳しいかな。

    結局新品で組み直し。

    とりあえず、抜いて、部品待ちに。

    スイングアーム。

    後日部品が入荷してから、作業開始。

    うーん、けっこうキテル。

    新品は気持ちEE。

    グリスアップして、組み込み。

    こっちも部品が来たので、組み付け。

    車体の方はだいたい完了したので、

    サスペンションの出来上がりを待つ。

    出来上がってきました。

    ついでに、チューニングをお願いしてた自分のRR2T125のサスも返ってきたぞ!

    減衰の調整も効かない・・・なんて言っていたのですが、

    どうもスラッジが溜まり過ぎてたみたいですね。

    やっぱり、定期的なオーバーホールは必要なんですね。

    乗る頻度にもよるだろうけど。

    先にベアリングは抜いておいたので、新品を組み付け。

    何とも言えないけど、

    ここのシールは、スプリングがないタイプ。

    良いかどうかは分からないけど、

    ここのシール、今と昔では向きが逆だったそうな。

    シールは、基本リップの向きがある。

    中の物を外に漏らさないか。

    外から入れないか。

    現在は、前者の考えのようで、そういう向きにシールがついてる。

    しかし、以前は後者だったらしい。

    いつの頃か、変わったとの事。

    確かに、ここの部分だと、中身を外に出さないようにするよりは、

    外から水の進入を防ぐ方向の方が良い気が・・・

    と、いう事で、逆向きに装着してみた。

    以前は、そこまで弱くなかったらしいし・・・

    まぁ、どっちみちここは、遅かれ早かれだろうけど。

    そんで、順番に組み付け。

    バラシた所は、先にキレイにしてたので、ササっと。

    で、出来上がって、一度は乗ってもらったのですが、

    先にサス組んで、フロントホイールを組む際に発見してしまいました。

    フロントのホイールベアリングがガタついてる・・・

    と、いう事で、また入庫。

    取れました。

    YZは、オーブンベアリング使ってますよね。

    なので、この車体ももれなく純正のベアリングは以前にも交換して、

    シールベアリングにしてましたが、片側がけっこうガタ出てました。

    変えたと言っても、けっこう前だし。

    前回は、シールとベアリングの交換でしたが、

    今回はカラーも交換。

    上が使ってやつで、下が新品。

    やっぱり長く使うと、シールのリップ部分が掘れてきちゃいますね。

    そうなると、シールの意味がなくなって、水も入りやすくなっちゃいますね。

    隙間にもグリスを詰めこんで、完成!

     

    これで、また安心して乗れるでしょう。

    本来は、こうなる前に手を入れていきたい所ですが、

    異変を感じた場合に、速やかにチェックする事が大事ですね。

     

     

    と、この整備をやってる間、それなりに実際には時間が掛かっている訳で、

    お客さんは、乗れない期間がいくらかありました。

    そんな時、お友達が怪我してしまい、しばらく乗れない。

    と、いう訳で、そのお友達の車両を借りて少し乗らせてもらっていたら・・・

    こちらのYZ250Xですね。

    エンジンが止まって、掛からなくなったとの事。

    本人、借り物で相当焦っただろうけど、

    どうも火が飛んでない・・・

    ジェネレーターカバーから音がしてたらしいので、

    開けたら、フライホイールのナットが緩んでたらしい。

    で、締めたけど、掛からないとの事。

     

    うーん、

    緩んでたんなら、ウッドラフキーが割れて、

    フライホイールズレてるんじゃないの?

    写真撮り忘れたけど、当たりでした。

    ウッドラフキー割れて、点火タイミングズレてました。

    奥行も合ってなかったのか、ピックアップで上手く拾えてなかったんでしょうね。

    社外品のフライホイールウエイトを装着してましたが、

    これの締め付けが甘くて、緩んじゃったみたいですね。

    後付タイプで、固定のナットが特殊で、工具が掛かる所が

    すごく薄いんですね。ウッドラフキーは、

    キレイに割れてて欠片も回収できたし、クランクシャフトもキレイでラッキー。

    ウッドラフキー交換して、組み付けたら、

    無事にエンジン始動!

     

    借り物の場合にトラブルだと焦りますよね。

    大した事なくて、良かったし、

    本来のオーナーさんもレースの時とかじゃなくて、良かったですね。

     

    と、そんなYZ125Xと250Xの整備?修理?でした。

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする