プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

2018 Beta off-road Party!(通称:ベータ祭り)

0

    こんにちは。

    毎年恒例となったBeta off-road Party、通称ベータ祭りの時期がやってきました。

    お客様への感謝の気持ちをベータモータージャパンが

    イベントという形で開催している、このイベント。

    ベータライダーはもちろんですが、乗っている車両に関係なく

    参加できる参加型のイベントですね。

    会場は、茨城県にあるオフロードパーク白井。

    通常のフリー走行に加え、スクールや試乗会、

    最後にはベータサポートライダー達によるデモ走行など、

    一日楽しめるイベントで、今年は何と200名を超えるエントリーが。

    そんなベータ祭りの様子をご紹介!

    自分は、お手伝いで参加です。

    どうせなので、今年は前日の準備からお邪魔してきました。

    準備と言っても、ほとんど遊んでただけですけど。

    さて・・・

     

     

    最初の画像は、前日の様子。

    ベータディーラーであり、自身もエンデューロIAライダーな、

    ストレンジモーターサイクルの和泉選手。

    前日から楽しんでおります。

    物好きな方たちと激ムズな斜面登ったりしてました。

    そんな様子は、こちら。

     

     

    そして、今年はビッグゲストも登場です。

    ベータのファクトリーライダーなジェームス・ダビル選手が来日。

    イベントに参加してくれました。

    世界のトップランカーですね。

    茂木の世界選手権で見た事あるぞ!

    前日に白井入りして、バイクと会場のチェック。

    軽く乗ってたんでしょうけど、もう良く分からない動きしてました。

     

    そして、夜はベータチームで忘年会。

    ペアルックというか、みんなベータアパレル。

    ご存知の方も多いと思いますが、

    ベータモータージャパンの代表の門永さんのご挨拶で宴会始まり〜。

    いつもベータテントにいるデッカイ方ですね。

    何か1名サラリーマンが混じってました。

    この日は、MFJの年間表彰式があって、そこから駆けつけたようです。

    IBチャンピオンは惜しくも逃してしまったけど、

    来年からはIAクラスで戦う齋藤選手。

    期待してるぞ!

    ダビル選手も宴会に参加。

    お子様にも当然優しい紳士でした。

    床であぐらスタイルで座るのはキツイみたいですね。

    イスに座ってました。

    当然ですが、楽しいひと時を過ごしました。

     

    そして、本番当日。

    代表の門永さんから、ご挨拶でスタート。

     

    たくさんのお客様が集まってくれました。

    当初は、天候が怪しかったものの、何とか持ちこたえてくれましたね。

    スタッフ兼、講師陣となるベータサポートライダーの紹介など。

     

    今回、自分はハードエンデューロスクールのお手伝いだったので、

    そちらを少しご紹介。

    講師は、G-NETチャンプでもある日本のハードエンデューロに

    この人あり!な高橋選手ことロッシさんと、

    JNCC−AAでJEC-IAでもあり、ハードエンデューロの最高峰といえる

    エルヅベルグロデオにチャレンジしている石戸谷蓮選手の2名と

    豪華な布陣。

    自分は、本当にお手伝いですね。

    ロッシ先生が生徒さん達にヒルクライムの基本を教えています。

    生徒さんのレベルもなかなかな物で、

    直登では皆簡単に登るモンだから、難易度が上がっていきます。

    アプローチを限定して、斜面に斜めに進入。

    メインの簡単なラインになっているワダチを切れ!とのご指示。

    直登は出来るけど、自分は全く出来る気がしませんでしたけど・・・

    生徒さん達は、ロッシさんのアドバイスの元、

    ヒルクライムを練習です。

    当然ですが、かなり難しいラインだったもので、

    失敗して斜面に転がる生徒さんも。

    そこで、ロッシさんは、体の柔らかさも重要だ!

    と、股割りできるようになると良いよ。との事。

    撮り逃したけど、ロッシは地面にペッタリまで足開いてました。

    上手だった生徒さんも出来てたけど。

    怪我しない為には、重要なんですね。

    ヒルクライム練習につづいて、今度は岩場に移動。

    ロッシ先生がラインについて説明です。

    説明→お手本→説明→生徒さんの練習といった感じ。

     

    午前、午後と2回開催で、

    午後は、午前の組とは少しメニューを変えてスクールを行うのでした。

    午後は、生徒さんのレベル差もあったものだから、

    蓮先生が、分かれて教えてくれてましたね。

     

    スクールはかなり人気があったようで、

    速攻でエントリーが埋まっていましたね。

    時間は短いけど、かなりお安い設定だったし、

    そりゃ、人気出るよね。

    今回のロッシ先生の教えは・・・

    .劵襯ライムは加速が大事。

    ▲劵襯ライムの加速は躊躇してはいけない。

    L楡は登り上がりたいゴール地点へ向けろ。

    他にも色々あったけど、ざっとこんな感じかな?

    そんなスクールの様子は、こちら。

     

    いやー、ロッシさんのヒルクライムは生で見たのは初めてかもしれない。

    動画だと分かりづらいんだけど、

    想像以上の速い速度で登るんですね。

    生徒さん達もビビッてました。

    と、こんな感じでした。

    来年は、いかがですか〜?

     

    お昼には、ゲストライダーのダビル選手のサイン付きベータキャップ争奪の

    ジャンケン大会も開催。

    GETした方は、ラッキーですね。

     

    そして、イベントの締めは、恒例のサポートライダー達によるデモ走行!

    トライアルデモは、何回見ても、スゲーな!の連続。

    もちろん、ダビル選手もデモ披露!

    最後の最後は、トライアルとエンデューロの混走レース。

    これも面白いですねー。

    和泉選手が魅せる走りを披露しようとして、

    残念ながら、失敗・・・

    でも、盛り上げてくれましたね!

     

    そんなデモの様子は、こちら。

     

    最後は、集合写真をパチリ。

     

     

    途中、ほんのちょっぴり雨がパラつきはしたけど、

    最後は綺麗な夕陽が。

     

    楽しい一日を過ごす事ができました。

    来年も楽しみですね!

     

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする