プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta X-Trainer250腰上オーバーホール!

0

    こんにちは。

    今回は、Beta X-Trainer250の腰上オーバーホールなど。

    お客様のマシンですが、自走で遊んでいる方です。

    期間の割りに走行距離が進んでいますね。

    とりあえず、エンジン開けますから、外装外して、

    シッカリ洗車から。

    さて・・・

     

    実は以前から、少しトラブルが出てた車両で、

    自走で走るせいか、使用していた2ストオイルとの相性か・・・

    排気デバイスが固着してしまうトラブルが発生していました。

    その時は、デバイスのカバーを外して、

    工具を掛けたら、スムーズに動くようになったので、

    オイルの銘柄などを変更したり、

    回せる時にエンジンをシッカリ回したり、

    たまに空吹かしたり、とアドバイスして様子を見てもらっていました。

    それで、しばらく平気だったのですが、

    やっぱり同じような症状が出る。

    という事で、点検がてらエンジン開ける事にしました。

    奥にも新車が写ってますね。

    有り難い事です。

    デバイスのカバーを開けてチェック。

    あれ?スムーズに動くぞ。

    と、思ったけど、半分ぐらいで引っかかる。

    通常は全閉〜全開とスコスコと動きます。

    やはりカーボンがカジッてるのか、固まってしまいました。

    で、分解。

    ピストンこんにちは。

    カーボン付着してるけど、超多い?って程でもないかな?

    何とも言えないけど。

    ありゃ、それよりリング下にも・・・

    ここまでのは、あんまり見た事ないかも。

    排気デバイスは、ガッツリカーボンが付着。

    表面部分というのは、実際には他のマシンをやっても、

    それなりにカーボンの付着はあるんですよね。

    YZなんかは、ドロっとした状態で、あまり焼けてないけど。

    今回のは、表面のカーボンより、

    メインフラップ?写真下側の二つに分かれてるやつの

    (これが合体して一つになる)

    シャフトが通る長穴があるのですが、

    その内部にもカーボンがけっこう溜まってました。

    シャフトがスライドする構造ですが、

    おそらく、この長穴に溜まったカーボンが原因じゃないだろうか?

    このマシンの前に自分のクロストレイナーもオーバーホールしましたが、

    シャフトが通る長穴にカーボンの付着はありましたが、

    比べると、こちらは確実にその量が多かったです。

    排気ポートにもカーボンが溜まってる感じですけど、

    これも他のマシンだって、こんな感じかな。

    で、洗浄。

    と、簡単に書くけど、これが地味に時間掛かる。

    これが一番手間が掛かるところですね。

    ピストンは実際には綺麗なでした。

    シリンダーもかなり綺麗でしたね。

    で、組み付け。

    そりゃ、スコスコ動きます。

    エンジン組み上げて、チャンバーを装着。

    が、スムーズにつかない・・・

    まぁ、あるあるですね。

    チャンバーを修正して、ステーも曲がってたので修正。

    これで、どうよ!

    あれ?なんか着かない・・・

    しっくりこない。

    ラジエターに接触してるか・・・

     

    それより、クーラントらしき液体が垂れてるな・・・

    組んでからクーラント入れた時にこぼしたやつかな?

    いや、違う。

    あ、漏れてる。

    お客さんがクーラントがどこからか漏れてるかもしれない。

    と言ってたけど、これか。

    クラッチカバー辺りにも白っぽいクーラントのシミみたいのあったもんな。

    部品で設定があったけど、短いやつか・・・

    何かで交換したラジエターホース使えないかな?

    と、思ったらありました。

    同じ太さだし。

    カットして装着。

    どうも、このホースの取り出しになってるラジエター側の

    パイプも変形してるようでした。

    軽く修正。

    ホースバンドの向きも調整したら、

    ちゃんとチャンバーが装着できました。

    転倒の際に瞬間的にチャンバーに押されてしまうんですね。

    で、出来上がり〜。

    と思ったけど、シュラウドも割れてる。

    得意の?ワイヤリングで合体。

    うーん、バッチリじゃない?

     

    原因はハッキリとはしませんが、

    いくら低速があると言えど、

    ある程度はエンジン回してがげた方が良いですね。

    まぁ、いずれにせよ、走った分はメンテナンスは必要な訳ですが。

    と、いう訳で腰上オーバーホールでした。

     

    おしまい。

     

     

     


    コメント
    コメントする