プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JEC日高2DAYSエンデューロに行ってきました!

0

    こんにちは。

    久しぶりのブログ更新です。

    いやー、少し忙しかったですね。

    タイトルにもありますが、日高に参戦するにあたって、

    その準備から、片づけ、

    日高直前は他の作業をストップさせてしまっていたので、

    それら溜まったお仕事をやって・・・

    と、気づいたら9月終わってました。

    日高に参戦した内容は、JECブログにアップしていますので、

    ぜひ、ご覧になってくださいね。

    こちら。

     

    と、いう訳で、こちらのブログでは、レース前に準備してた事など、

    ちょいちょい書いてみます。

    普段やる作業をまとめてやっただけですが。

    これは、自分のBeta X-Trainer250ですね。

    日高の準備と言っても、お客様の車両もあるので、

    自分のは少し早目の7月末ぐらいから少し始めてました。

    さて・・・

     

    準備といっても、日高のレースに直結する内容ばかりではなく、

    単純にそろそろ手を入れた方が良いから。

    という部分が多いですけどね。

    なんせ、日高は長丁場のレース。

    せっかく北海道まで行って、修復不可能なトラブルでリタイヤというのは、

    避けたいですから。

    7月末にモトパワーの8耐、次いで群馬の日野で開催された

    JECライツと立て続けにレースは出たものの、

    8耐は雑誌riderの三上編集長のバイクで、

    JECライツの日野は子供が乗るKTM125SXで出たので、

    しばらく乗らない期間だったので、

    この期間を上手く利用して、整備をする事に。

    まずは、冒頭の写真ですが、

    足回りの整備から。

    と、いっても前後サスペンションは、

    いつもお世話になっているケンズパワーさんにお任せです。

    以前にリバルビングのモディファイをしてもらってから、

    けっこう時間が経過してしまったので、

    シッカリとオーバーホールをしてもらいます。

    自分でやらないの?

    と、言われそうですが、

    フロントは出来ますが、リアショックは色々と道具もそろえないと

    出来ないのと、やっぱり専門的にやっているショップに

    お任せするのが良い感じですね。

    サスペンションをお願いしている間に、まだやる事もいっぱいだし。

    スイングアームやステム等の足回りに直結する大事な部分を

    リフレッシュするのはもちろん、

    今回はエンジンもお手入れ。

    スイングアームも外してるので、エンジン下ろしてしまいます。

    単体になりました。

    腰上のオーバーホールなので、エンジン降ろさなくても可能ですが

    Betaの場合、セルモーターをエンジンから外すのに、

    エンジン降ろす、もしくは降ろす一歩手前まで色々外さないと

    セルモーターが取れないので、どうせ分解してますし、

    作業はやりやすくなるので、こうなりました。

    リア回りは、だいぶサボっていたので、

    スイングアーム含め、全部ベアリングから交換しちゃいました。

    普段エラソーに言ってるのに、これではダメですね。

    もうちょっと早いサイクルで整備が必要でした。

    セルモーターで駆動するジェネレーターカバー内も、

    けっこう久しぶりのお掃除でドキドキでしたが、

    キレイでした〜。良かった。

    フライホイールも外して、お掃除。

    ジェネレーターカバー内は、普段でもすぐにチェックできるので、

    今回の本命はセルモーター本体です。

    何かトラブルがある訳でもなく、

    快調なのですが、不具合出てる時点で修理が効かない可能性も高いので、

    ここは新車から手つかずなので、お手入れって感じですね。

    分解して、お掃除。

    そりゃ、密閉されてるので汚れてましたね。

    消耗してしまうブラシですが、思った程減ってないけど、

    交換しておきました。

    設定ないので、流用ですね。ヒ・ミ・ツ!

    モーターまでお手入れしたので、

    KTMで言うところのベンディックスの軸受けになるブッシュも

    交換します。

    エンジンも分解して、カーボンで汚い排気デバイスやシリンダーも

    綺麗にします。

    すごく面倒です。

    ピストンも新品に〜。

    いいねー。

    出来上がり〜。

    スイングアームやステムなども、いつものようにお手入れをして、

    待っていると、サスペンションが帰ってきました。

    フロントは途中で一度トラブって修理してましたが、

    リアショックはリバルビングして以来で、状態は良くなかったみたい。

    うーん、中身が見えないけど、やはり傷むんですよね。

    日高前に交換しようと、伸ばし伸ばしにしていた

    チェーンやスプロケットも交換。

    信頼のISAスプロケットにDID製のチェーンを使用。

    今までは、純正の13−51を12−51で乗ってましたが、

    お問い合わせしたら、RR2Tの49T以外でも50Tとかも在庫あったので、

    12−50にしてみました。

    まぁ、好みの問題ですね。

    速度伸びないけど。

    スライダーやチェーンガイドもセットで交換。

    日高前に少し走って、確認しておきたいので、

    一旦これで完成!

    実際には、すごい時間掛かったけど。

    そして、いつもの河原で少し走って絶好調!なのを確認してから、

    最終準備。

    レース用の外装のチェンジして、本番用にタイヤ交換や、

    保安部品の装着など。

    今回は?今回も?安定のIRCツーリストをチョイス!

    実際には天候も良くて、グッチャグチャなエリアが無かったのと、

    沢が長かったので、かなり楽できたかも。

    ちなみに・・・

    これ日高DAY1終了時点。

    142.5キロ走行。

    細かい溝(サイプ?)がほんのり残ってます。

    そして、DAY2も走り切ると、トータルで261キロ。

    あんまり変わってないか・・・

    まだ全然使えるぞ!

    フロントも減ってるんだけど、サイドも切れてないかな。

    フロントもIRCで、IX07-Sですね。

    乗り方やコンディションにもよるでしょうけど、

    二日間ぐらいなら、問題なしでした。

    もちろんお世話になっているエルフのオイルを新品投入!

    二日間走っても、当然問題なし!

    普段使っているアチェルビスのトライフィットのハンドガードは

    お気に入りですが、長丁場の日高では頑丈さを優先して、

    新たに気になっていたボンサイモトさんで取扱いの

    G2製のクローズドガードにチェンジ。

    なかなか良さげです。

    1回まぁまぁの転倒したのと、後はポテごけだったので、

    丈夫さを立証する事にはならずに済みました。

    ガード部分はZETA製を組み合わせ。

    穴開けて、ネジ山切らないといけないので、面倒ですけど。

    他にも減っていたブレーキパッド交換して、ついでにキャリパーも

    お掃除して、フルードなんかも交換して、完成!

     

    実際には同時進行だけど、

    一緒に参戦するお客様の車両も準備。

    こちらは、以前に自分が乗っていたRR2Tですが、

    2014年式と少々年数が経過している。

    車両自体は、お手入れしてるので、問題ないですが、

    心配なのは保安部品。

    部品単体は良いけれど、メインハーネスの問題ですね。

    普段使わないウインカーなどの単体パーツやスイッチBOXなど、

    極力外してるもあって、それらは問題なし。

    でも、メインハーネスは、ずーっと同じで使い続けてますから。

    と、いう事で、やはりウインカーが点灯しない・・・

    ハマりますねー。

    日高のレース前の準備としては、苦労する方が多いと思います。

    色々チェックして、フレーム中央部でジョイントしてる

    カプラーの端子が接触悪かったのが原因でしたね。

    これは、年式によってメインハーネスが異なるので、

    他の年式には該当しないかもだけど。

    そういえば、自分が乗っていた時もここが原因でウインカーが

    点灯しなかった事を原因見つけてから思い出しました。

    きっと、水が溜まりやすいんでしょうね。

    難関の保安部品装着は無事終了。

    もう1台のクロストレイナーは、今回初めて保安部品装着なので、

    特に問題なし。新しいですからね。

    これらの2台とも、チェーンやスプロケが同じく交換時期だったので、

    ISAに交換!

    同じくオイル類はエルフで決まり!

    チェーン交換ついでに、RR2Tの方は、

    ドライブスプロケットのシールも交換。

    オイル漏れ始めてたので。

    ここね。

    チェンジペダル回りがオイリーになってたら、怪しいですね。

    けっこう確実にダメになる部分かな?

    シールだけじゃなく、カラー類も当然交換。

    シールのリップで溝が出来ちゃってますからね。

    その他、スライダーや、

    ガイドもセットで交換。

    ブレーキパッドも減ってるから、交換。

    ディスクローターも予定外だったけど、

    かなり減ったので、ちょうどお手頃価格のローターをGETしたので、

    交換です。

    以前、作成したシートのコブもズレてしまったいたので、修正。

    同じような作業を3台続けて、何とか完成!

    うーん、なかなか時間が掛かるんですー。

    さらに、直前に日高に撮影に行くんだ!と意気込む

    M岡さんも現地で走れるバイクを用意という事で、

    迷っていたハスクバーナのTE250にマシンチェンジする事に。

    と、いう事で、こちらもレースには出ないけど、

    公道走行出来るように急ピッチで準備。

    登録もしてなかったので、ナンバーも取得。

    ふぅー、ギリギリだ。

    いきなりですが、額を怪我しました・・・

    出発の4日ぐらい前かな?

    これまた日高に出るんだー!というお客様が

    チャンバー修正して欲しいとご来店。

    膨らますのは、問題なかったけど、

    歪んだ形をパワープレイで修正中に

    チャンバーに突っ込んでいたパイプがすっぽ抜けて、自爆・・・

    血がポタポタ出る始末。

    やっべーな、レースまでは1週間ぐらいはあるけれど、

    直るだろうか。

    幸い、傷は目立つけど、浅かったのでセーフでした。

    ただでさえ、人相悪いのがパワーアップしてしまいました。

    トホホ・・・。

    以前、父の日に子供からもらったガエルネのソックス。

    よーし!日高で使わせてもらうぞ。

    ありがとう、父ちゃん頑張るぞ。

    そして、バイクも積みこんで、準備完了!

    と、そんな出発前日。

    某雑誌編集長から連絡が。

    8耐でレバー折っちゃってたけど、日高で車検通るかな〜?

    む、無理じゃないっすか・・・

    まぁ、レバーを折ったのは、ウチの子供ですから。

    もう注文しても間に合わない。

    手持ちを探すも合うレバーはあったけど、

    同じく折れてるし・・・

    先端が丸くないといけない。

    と競技規則にあるので、アルミパテで丸くした物を用意してみる。

    結果的には、ご本人もアルミパテで丸くした物を準備したみたいで、

    何とかなりましたけど。

     

    と、まぁ準備はこんな感じでしたね。

    日高に参戦する為には、

    ナンバー取得してない車両は、登録したり、

    保安部品は普段外してるでしょうから、そういうの装着したり、

    長丁場のレースでも耐えれるように

    消耗品を交換したり、

    もちろん普段より遠征にかかる費用もフェリーなどあるので、

    たくさん掛かる。

    休みも確保しないといけない。

    それでも、日高に行くんですねー。

    参加された方は同じような事を言うかもしれませんが、

    その価値はある!

    って感じでしょうか。

     

    行ってみたいなぁー。

    そう思ってる方は、ぜひ来年チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    お手伝いしますよー。

    ご相談くださいね。

    おしまい。

     

     


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/10/14 12:29 AM
    コメントする