プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

パワーエンデューロに行ってきました!

0

    こんにちは。

    毎日毎日暑い日が続きますねー。

    そんな真夏の祭典と言えば、やっぱり8耐!

    一般的にオートバイ乗りに8耐と聞いたら、鈴鹿と答えるかもしれませんが、

    エンデューロライダーにとっては、

    モトパワーの8耐でしょう!

    と、いう事で昨年は、ちょっと休憩してJNCCが主催として行った8耐ですが、

    今年は、モトパワーさんが復活して第34回大会を開催してくれました。

    34回ですよ!

    イベントを行うのはパワーが必要ですが、それが34回ってね・・・

    年に1回のイベントだから、自分が子供の頃から行っている訳で、

    歴史が違いますね。

    今はお店は閉めてしまいましたが、

    やっぱりモトパワーの社長な小林さんの挨拶から、

    今年の8耐は始まります。

    さて・・・

     

    8耐は、何年前からかな?

    参戦するようになったのは・・・

    自分が学生時代にキャンオフでオフロードレースをやってから、

    社会人になり、

    レース遊びに復帰するきっかけになったのが、

    8耐でしたね。

    10年ぐらい前かな?

    フサベルに乗る前ですね。

    CRM80で参戦してたんですよー。

    雨のSUGOが初参戦。

    当初はずっと、アイアンマンでしたね。

    翌年のSUGOもCRM80で参戦。

    その次のSUGOは、フサベルのFE570で参戦。

    その次かな?チーズナッツの時は、フサベルのTE125で参戦。

    そんな感じで、しばらくはアイアンマン。

    お店始めてからは、お客さんと出たり、

    メディアチームで参戦したり。

    BetaのRR50 Factoryで参戦して、スモールクラスで優勝した事もありましたねー。

     

    今回は、有り難い事に、またまたメディアチームの一員として参戦する事に。

    コラムを執筆させてもらっているお馴染みのriderチームとして参戦です。

    ここの所、いつもご一緒してたJEC-IAな大川原選手が都合により参戦出来なかったので、

    久しぶりに編集長こと三上さんご本人と、

    自分の子供とチームを組む事に。

    親子でチームなんで少し前までは考えられない事でしたね。

    何か不思議。

    マシンは、三上さんの2017年モデルのハスクバーナの4スト、

    FE250という事なりました。

     

    riderの誌面でお馴染みのマシンですが、

    昨年JECに自走でフル参戦してた車両ですね。

    と、いう事で、まずは参戦準備から。

    車両を引き上げてきました〜。

    自走してたので、タイヤもロードっぽいタイヤ履いてます〜。

    いつも通りのギリギリですが、

    ご本人が海外出張で帰って来たのが7月26日(木)の夜・・・

    そこから車両を受け取って、27日(金)に1日掛けて整備。

    たいしてやる事はない!

    と、言いつつも、結局時間が掛かる訳です。

    陽が落ちる寸前に出来上がり!

    積みこんで準備します。

     

    今回の開催場所は、福島県のチーズナッツパーク。

    過去に何度か行った事はありますが、

    数える程で、久しぶりのチーズです。

    土曜の午後に三上さんをピックアップして現地に向かいます。

    当初の天気予報は、ずーーっと晴れ予報だったのに、

    台風の発生により、予報は雨マーク・・・

    でも、今までに無い台風の進路方向で、直撃って感じでは無さそうだけど・・・

     

    ちょっと遅くなってしまいましたが、

    夜22時ぐらいには現地到着!

    当然、飲みますよねー。

    これが楽しみな訳ですから。

    子供は、車内でDVD鑑賞。

    まぁ、知らないオッサンに囲まれてもねー、飲めないし。

    仕方ない。

    この時点で、雨が降ったり、止んだり。

    それでも土砂降りでは無いだけ、マシですね。

    楽しいひと時を過ごし、翌日に備えます。

     

    で、最初の写真の小林さんからご挨拶に始まり、

    メディチームの代表として、三上さんが挨拶したり、

    同じくメディアチームな、タンデムスタイルさんからは、

    何とモデル?の女性がアイアンマンで出るとか・・・

    こちらもダートスポーツからは、お馴染みの宮崎さんがアイアンマンで出たり、

    スポンサーになってくれている日産の担当者の方から挨拶もあったり、

    そして、お決まりの集合写真は、

    日産〜キャラバーン!の掛け声だったり・・・

     

    そんなこんなで、レースが始まります。

    スタートライダーは自分、次に子供、次に三上さん。

    この順番でリレーする事に。

    参加台数が153台かな?

    で、ゼッケンが152。

    つまり、ほぼ最後尾スタートです。

    8耐は、本家?8耐にちなんでルマン式スタートという方法で、

    スタートの合図で、コース反対側に置いてあるバイクに

    ライダーが駆け寄って、エンジン掛けてスタートする方式。

    そのため、バイクがズラーっと縦に並ぶというのかな?

    つまり、前に151台もバイクがいるという事。

    とりあえず、自分が頑張って少しでも前に行きたい訳ですが・・・

     

     

    今回も動画撮影しておきました。

    と、いう事でスタートから1周という内容です。

    夜寝ている間にも雨は降ったり、止んだり。

    レース中もずーっと、雨降ったり、陽射しが出たりの繰り返し。

    コースコンディションは、かなり厳しい感じになりました。

    スタート直後の大坂?では、当然のごとく渋滞に始まり、

    要所要所でプチ渋滞。

    そんな間に少しずつ順位を上げていきます。

    途中、マニアと一般という区分けの分岐があります。

    1周目だったので、そこでジャンプアップを狙っても良かったのですが、

    何台か、そこにいたので迷わず一般ルートへ。

    そちらも登りがあるので、何台か止まってましたけどね。

     

    久しぶり過ぎる4ストでのレース参戦でしたが、

    ハスクにFE250は良く走る〜。

    マップスイッチも標準装備なので、スタンダートマップとトラクションコントロールの

    スイッチを入れた状態のまま走りましたが、

    タイヤのおかげ(AT81EX)もありますが、

    めちゃグリップするので、快適に走れます。

    普段乗ってる2ストに比べると、少し重さが気になります。

    下りという程ではない、緩やかな下りの轍なんかでフロントの重さが気になりますが、

    この辺は慣れもあるでしょうね。

    最高でしたね。

     

    コースの方は、この動画が当初のフルコースでしたが、

    途中怪我人が出て、一旦中断した時とか、渋滞がひどくなったので、

    後半にかけて、かなりコースカットとなったので、

    交代したライダーによっては、フルコース走ってない方もいるでしょうね。

    Go−Pro装着してるのをスッカリ忘れていたので、

    レンズ拭くのを忘れてたので見づらい動画ですけど、こんな感じでした。

     

    とりあえず、早い段階で少しアドバンテージを築いておきたい気持ちもあったので、

    3周ほど周回して1時間ちょっと経過してから、子供にバトンタッチ。

    普段2スト125なだけに、バイク重いなぁーなんて子供は言ってましたが、

    よく考えたら、マディーの走行自体ほぼ経験がなかったな・・・

    心配ではありますが、

    コースの注意点を伝えて、いざコースイン。

     

    その間はのんびりと休憩です。

    30分以上は掛かるだろうな・・・

    しかし、戻ってこない。

    2周目行ったのかな?

    と、心配していると場内アナウンス?で、ゼッケン152が呼ばれています。

    クラッチが終わったっぽいとの事。

    ありゃ?どっかで、どハマりして、クラッチ終わらせたかな?

    とりあえず、本部に行って確認する事に。

    すると、無線で状況を教えてくれて、

    どうやら、クラッチマスターのホルダーを固定するボルトが脱落して、

    クラッチが使えないだけみたい。

    ハスクはクラッチマスターがマグラ製でクイックリリースのタイプですからね。

    ボルト1本留めなんですよね。

    止まっている場所を聞いて、ボルトと工具を持って、

    現場へ急行です。

    うーん、バイクで走るより、熱中症になりそうだ・・・

    無事に子供を発見して、修復完了。

    子供に聞くと、バイクは良く走るけど、やっぱり重たいのと、

    何度か転倒したらしい。

    とりあえず、一回パドックに戻るよう伝える。

     

    すると、今度はコース内で要救護な方が出たらしく、

    一旦レースは中断とのアナウンス。

    そりゃ、仕方ないねー。

    なんせ、まだ5時間以上レースあるから、

    レース終わるの待つ訳にいかないですからね。

    その後、子供も無事に戻ってきて、

    そのまま再スタート時の為の整列場所にバイクをおいて、

    歩いてパドックに戻ってきました。

    手首をひねったのか、少し痛いらしい。

    でも、まだまだバイク乗りたいらしい。

     

    また子供に行かせても良かったけど、

    まだレースは長いですからね。

    次は三上さんに行ってもらう事に。

    どれぐらい中断したかな?

    再スタートは三上さんが担当。

    運が良い事に、かなり前方でのリスタート。

    無事に出発していきました。

    しかし、1時間ぐらい経過しても戻ってきません。

    大丈夫かな?

    と心配してたら、無事に帰還。

    3周走って来てくれたようです。

     

    が、リアタイヤがパンクしてます。

    子供が走りたそうだったので、

    迷いましたが、そのまま1周させる事に。

    まぁ、かなりマディーだし、子供体重軽いから平気かな?

    しかし、そういえば今回はAT81EXだった。

    難所系の柔らかタイヤはパンクするとペチャンコになってしまうんですよね。

    自分もJNCCでパンクして、

    タイヤ外れたし・・・

    まだまだ時間あるんだから、やっぱりチューブは交換しようと、

    準備をしておきます。

     

    しばらくすると、順調に走れたようで、子供が戻ってきました。

    そこから自分がチューブ交換。

    ドロドロで作業しづらかったけど、無事に交換完了。

    準備して、また自分がコースイン。

    最初のスタート時に比べると、掘れてる掘れてる。

    コース荒れ荒れです。
    渋滞ポイントは、いくらか待たないと通過できない。

    いやー、3周行っても良いけど、とりあえず2周で交代する事に。

     

    そして、また子供にバトンタッチ。

    この辺になると、最後の30分を切ると、パドックに入れず、

    ライダーチェンジが出来なくなるので、その辺も考慮しないといけない。

    1周で戻ってこい、と伝えると、

    行けそうなら2周行っても良い?と子供が聞いてくる。

    うーん、良いけど、とりあえず1周で戻って来て、

    大丈夫そうなら2周行けばいいよ、と伝える。

    そして、無事に戻ってきたら、

    やっぱり1周で良いとの事。

    疲れたらしい。

    そりゃ、そうだろうな・・・

    まぁ、でも良くこのコンディションで普通に周回してくるよ。

    レバー折ってるけど・・・

     

    今度は三上さんの番。

    1周でも良いし、2周でもOKですし、お任せで。

    そして、三上さんが戻ってきました。

    ちょうど、あと1時間って感じ。

    もう1周行っても良いけど、どうする?

    まぁ、微妙な感じで30分切ったら交代できなくなるから、

    無理しないで、自分と交代する事に。

     

    そして、自分がコースイン。

    コースが相当カットになってましたね。

    コース上の台数も減ってるのと、

    晴れてる時間が続いたからか、場所によっては走りやすくなってる所も。

    相変わらず渋滞ポイントはあるものの、

    とくに引っかかる事なく周回。

    最初は2周でゴールかな?

    と思っていたけど、

    あれ?3周は行けるかな?

    いや、4周行けるかも。

    コースにもバイクにも慣れて来たので、ペースアップ!

    お、4周目入れたぞ。

    ゴール待ちもいたから、コースは空いてるかな?

    と、思ったけど、同じ考えのチームのが多いのか、

    最終周は何か、速いライダーが多い。

    その代わり、引っかかる事も少なく、スイスイ走れましたね。

     

    そして、そのままゴール!

    途中、中断も入ったし、3人でリレーしてるから、

    8時間経過した、という感じが薄かったですが、

    それでも、やっぱり疲れましたね。

     

    結果は・・・(詳しくはこちら。)

     

    総合20位/149台中(16周)

     

    という結果に。

     

    もう少し上に行きたかったなぁーという感じですが、

    無事に終えたのでOKでしょう。

     

    ちょっと天候に振り回された感じでしたが、

    普段のレースとは、ちょっと違うチーム戦だし、

    何より雰囲気が良いですね。

    ワイワイやってる感じが最高です。

     

     

    話題になってたCB400SFを改造したマシンも

    何とか1周?したのかな?

    凄いですよねー。

    こういうのも、なんか良いですね。

    見る分には・・・

     

    と、そんな8耐でした。

    来年は、どこでやるのかな?

    楽しみですねー。

     

    子供は初のマディーレースで、初の4スト250で、

    お疲れの様子で、帰りの車でも寝っぱなしでした。

    それは、いつもの事ですけど。

    レース明けて、翌日。

    かなりのドロドロマシン。

    ウエアもブーツもドロドロで、お片付けに1日以上費やしてしまいました。

    パンクさせて走ったもんだから、ホイール内もドロドロだったし。

     

    マシンを出していただいた三上さん、

    復活させてくれたモトパワーのスタッフの皆様、

    楽しい真夏のお祭りを楽しむ事ができました。

    ありがとうございました!

    また来年ですね。

     

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする