プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JEC中日本大会に行ってきました!

0

    こんにちは。

    ブログの更新をまたウッカリとサボっておりました。

    そうならないように、書き貯めているのがあるのに、

    それすらアップし忘れているという・・・

    寝る時間を削るほど、超忙しい訳ではないんですけどね。

    と、いう訳でタイトルにもありますが、

    JECの中日本大会(2DAYS)に行ってきました〜。

    先にレースな内容は、JECブログを書いているので、

    ほとんどネタは尽きていますが、

    ちょびっと補足的に書いておきます。

    JECブログを見てない、という方は、

    ぜひチェックしてみてくださいね!(こちら)

     

    まずはレース前の準備の様子から。

    大して面白くないかも。

    さて・・・

     

    開幕戦の広島から1ヶ月ちょっと、

    間にゴールデンウィークなどで遊びにも行ったので、

    少しだけ整備って感じですね。

    交換し終わってから写真撮ったので、何だか分からないけど、

    ブレーキフルードを交換。

    キレイだったけど、汚くなる前に交換して悪い事はない。

    リアも交換。

    リアは汚かったなー。

    これまた写真撮り忘れてるけど、

    フルード繋がりでクラッチマスターのフルードも交換。

    クラッチマスターは容量も少ないせいか、

    汚れるような気がする・・・

    ブレーキより細かく操作するからだろうか?

    そんで、今回のメインはこれかな?

    本番ぶっつけは嫌だったので、

    事前に外したエアBOX内の仕切り板。

    チャンバーが細い、

    それに合わせてるのか、クロストレイナーはエアBOXの容量を

    落とす為だと思うけど、

    エアBOX内に仕切り板がついてる。

    トレール車みたいに吸気を絞って、

    トンネルみたいな筒がある。

    この仕切り板のせいで、エアフィルターの脱着がやりづらい。

    さらに、トンネルの筒の出口付近、エアフィルターの下側ばかりが汚れる。

    上側などが汚れる時は、超ドライでダスティーな時ぐらいか・・・

    以前に、クロストレイナーにRR2Tチャンバーを装着した事があって、

    その時に、この仕切り板を撤去した事がありました。

    キャブセットもRR2Tに合わせて・・・なんてやったのですが、

    その時に確かに、これは無くても良さそうだな・・・と思っていたのですが、

    機会がなくて外していませんでした。

    開幕戦の広島がコンディションが良く、

    スロットル開け開けなシチュエーションがあり、

    もう少し上が伸びて欲しいぁーと思ったので、

    今回試してみました〜。

    そもそも仕切り板と言ってもRR2Tのエアボックスに

    それとなく装着している程度なので、

    トンネル以外の部分も基本は隙間だらけ。

    これなら、外した所で低速にも影響ないだろうしね。

    外した状態でレース前に一度河原で試走しましたが、

    特に違和感なく、音が少し大きくなったかな?

    かと言って上がすごく回る訳でもなく、少しは回るかな?

    という程度。

    プラグもチェックしたけど、特に真っ白とか、そういう事もないので、

    この仕様で行く事に。

     

    この仕切り板のクロストレイナーの場合は、

    CDI(ECUとパーツリストにはあるけど)が、ブラ下がっているので、

    その固定だけ、適当にタイラップで固定しました。

     

    レース内容はJECブログに書いたので、順番が変になるけど、

    この板を外してレースに出た訳ですが、

    まぁ、良い感じだったかな?

    少し高回転での伸びも出たような・・・

    レース当日は二日間とも超ドライで、なかなかの埃っぷりでしたが、

    DAY1終了時にエアフィルターを交換しましたが、

    全体的にちゃんと汚れてくれてましたね。

    こっちの方が良いかもしれないので、

    しばらく、この仕様で乗る事にします。

     

    レース前ですから、ミッションオイルも交換。

    今年からお世話になっているエルフのギアオイルですね。

    順番が変だけど、外装を交換するので、バラして洗車。

    キレイが基本ですね。

    タイヤ交換しようとアクスルシャフト抜いたら、

    アクスルブロック側が緩んだ・・・

    ただのねじ込みだから、たまーに緩むかな?

    ネジロック塗り塗りしておきました。

    比較的、頻繁にやっているかもしれないけど、

    キャリパーも清掃。

    スライド部分は何となく気になるので、良く動くように。

    キャリパー側についてるパッドにテンションを掛けてる板バネが

    少し歪んでいた。

    これは、前から気にはなっていたけど、

    あまり深く考えてなかったけど、

    お客さんのYZがこれが曲がって、異音が出ていました。

    キャリパー本体のラインが少し斜めだから、

    元々斜めってる感じに見えるけど、

    ちゃんとパッドピンを差し込む時にパッドにテンションが

    掛かっていないとダメなやつだと思う。

    マディーで走ったりすると、この板が押されてしまうのかも。

    今後気をつけよう!

    何を言ってるか分からないかもしれないけど。

    前は、4MXレーシングのゴム製のカバーを装着していたけど、

    ワイズモトスポーツから金属製の一体型のカラーが出て、

    それを今は使っていますが、

    やっぱりカバー形状になるのは、絶対に良さそう。

    ホイールベアリング回りがキレイだもんね。

    これは、オススメですね。

    ある程度乗ってる車両なら、これを交換する時は、

    ベアリングやダストシールも交換しちゃうのが良いでしょうね。

    リアも掃除したので、当然フロントも同じく清掃。

    うーん、キレイになると気持ちが良いね。

    クロストレイナーは分離給油のまま乗っているので、

    2ストオイルも足しておきましょう。

    こちらもお世話になっているエルフのオイルを使用です。

    青いオイルですね。

    バイクの整備とは関係ないけど、

    レースの遠征前週にハイエースのリアゲートのダンパーが

    抜けてしまいました・・・

    痛い出費だ・・・と思ったら、

    通販で普通にいっぱい売ってたし、安かった。

    2万ぐらいするかと思ったけど、

    6千円もしなかった。

    大丈夫だろうか・・・

     

    しかし、交換作業を甘く見ていたが、

    これがなかなか大変。

    外した抜けたダンパーでさえ、手では縮める事ができない。

    新品はもちろん動く気配さえない。

    と、いう事は、リアゲートをこの長さピッタリまで上げないといけない。

    ハイルーフというのもあるけど、

    かなりの高さまで開けてやらないと交換できなかった。

    誰かお客さんいる時に手伝ってもらえば良かった。

    万が一、バタンと閉まってきたら、大怪我しちゃう感じでしたね。

    ビビりながら、慎重に交換。

    リアゲートが開きっぱなしにならないのは、不便なんですね・・・

    レースに間に合って良かったです。

    そんな、こんなで外装も交換して準備完了!

    今回一緒にレースに行くN島さんのRR2Tも準備完了。

    N島さんステッカーもお守り代わりに貼り付け。

    ご本人を知ってる人は、激似だと思うはず。

     

    今回のタイヤチョイスは?というと、

    チョイスしてないと言われるけど、

    リアタイヤは毎度のIRCツーリストを装着。

    2戦連続のパンクにビビりつつも、

    チューブ仕様で、2枚重ね。

    フロントタイヤは、これまたIRCのIX07−Sを装着。

    中身は、しばらくぶりのムース仕様。

    しかし、前回使用したのは昨年の日高。

    その時で、すでに相当古いやつでギリギリだな・・・

    という感じだったので、

    初めてだけど、ぶった切って、他の古いムースと合体して装着してみました。

    一度組んだら、繋いだ分が短かったか、もう少しボリュームを出したいな、と

    もう少し継ぎだし分を長めにカットした物と入れ替えて調整してみる。

    まぁ、ダイジョブだろう・・・

     

    これも結果を先に書くと、

    カチパンドライの中日本大会では、

    ツーリスト相性良かったと思います。

    かなりガレていたいし、ウッズ内は木の根っこと

    大きな岩がゴロゴロしてたから、

    そういう所は文句なしに良いし、

    モトクロスコースも問題なし。

    車体を深くバンクさせたりするのは、

    形状からしても苦手な訳ですけど、

    自分の乗り方では、バンクしないしね。(まぁ、出来ないだけだけど。)

    今回は、同じBetaライダーなIAルーキーの新沼選手も

    RR2Tにリアタイヤをツーリストで参戦してましたね。

    本人も感触は良かったと言ってましたね。

    フロントのムースは、自分が鈍いからか、

    全く違和感なしで、問題なし。

    残りのレースもフロントはムースで行くかな〜。

    パンク嫌だし。

    レース後のお手入れが少し手間増えるけど、

    仕方ないね。

     

    これもレースとは関係ないけど、

    開幕に広島に続いて、遠征前のガソリン満タンハイエースに

    ワコーズのFUEL1を投入してみました。

    これが、またタイミング良く出発の前日にワコーズの営業マンの方が

    お店に来るというね・・・

    富山までの往きは登りが多いからか、良い燃費は出ませんでしたが、

    帰り道は、またしてもリッター10キロをクリア。

    ホントに効果あるんですね〜。

    前にも書きましたが、新車から、すでに10万キロ越えましたが、

    それまでリッター10キロ越えた事なかったですからね。

    FUEL1を購入して、燃費が上がる。

    でも、そのFUEL1を購入する費用を考えると・・・

    トントンぐらいですね。

    遠出の遠征時には入れても良いかもですね。

    ガソリン高いし。

    これでキレイになるなら、それも良いしね。

     

    準備関係は、こんな所ですが、

    レースの内容はJECブログを見ていただくとして、

    今回は、JEC側からのオファーでお客様のM岡さんが、

    撮影隊としてコスモに行く事に。

    遠征は別々でしたが、現地では当然行動を共にしていました。

    レース出る訳じゃないけど、シッカリと撮影する為に

    同じく前日となる金曜日に現地入りして、一緒に下見などしました。

    そして、その金曜日の夜・・・

    翌日の撮影機材の充電が必要で、コース内の事務所で電源を借りて、

    機材のバッテリー充電など行っていました。

    そして、自分のハイエースで一緒にお風呂に行き、ごはんを食べて、コースに戻る。

    そこで、事件発生!

    M岡さんのトランポ(サンバー号)の鍵が無い、とか言う。

    落としたかも・・・

    車にインKEYしてるんじゃないか?

    鍵のリモコンでロックしたのは、記憶している。

    車内を除きこむも、鍵は刺さってない。

    暗闇のパドックを探すが、見当たらない。

    翌日の撮影機材は事務所で充電しているバッテリー以外は、

    トランポの中。

    とりあえず、ダメ元で自分の工具箱に差し金があったので、

    それで鍵開けにトライ。

    自分は以前、家の近所で軽自動車に小さい子供が閉じ込められた時に、

    その同じ差し金で鍵を開けた事がありました。

    出来るんじゃないかな?

    と、差し金を突っ込んでトライ。

    暗いな・・・

    携帯の懐中電灯をスイッチオンしようと手を離したら、

    ガラスの隙間に差し込んだ差し金が

    ドアの中にスコーン!と落ちた・・・

    あっ・・・ゴメン。やっちまった。

    これは、本格的に鍵を探さなくては。

    まずは、当然怪しいのはお風呂。

    ご飯もお風呂の施設で食べたので、レシートがポケットに入ってた。

    電話、電話。

    そうだった・・・

    コスモは電波が入らないんだった。

    どうせ鍵がお風呂にあれば、取りに行く訳だし、

    自分とN島さんと、本人のM岡さんと3人で、またお風呂へGO。

    途中でお風呂に電話したけど、

    忘れ物で鍵はなく、探してもらったけど見つからず。

    帰りに寄り道したコンビニも探したけど、見つからず。

    お風呂の駐車場に落ちてるかも、

    と結局お風呂まで行くも見つからず。

     

    どうする?

     

    M岡さんは、撮影しない訳にはいかない!

    車の窓を割るとしたら、どこが一番安いですか?

    と真剣に聞いてくる。

    そんな事聞かれても、知らないし・・・

    仮に撮影出来たとしても、鍵が見つからなければ、

    帰る事ができない。

    スペアキーは家にあるの?

    と聞くも、無いらしい・・・

    これは、参ったぞ。

     

    まぁ、コースに戻って、もう一度探してみよう。

    充電してた事務所内は探したのか?とM岡さんに確認すると、

    見に行ったけど、すでに宴会してて人がいっぱいだったので、

    ちゃんと確認出来てないという。

    盛り上がってて、聞けなかったらしい。

    何だよ!それは言ってくれれば、聞いてあげたのに。

    窓ガラス割る!とか言ってる割りに、そういう所は消極的でした。

     

    コースに戻り、とりあえず事務所にお邪魔する。

    すみませーん!

    先ほど、事務所で明日撮影する機材の充電をさせてもらったのですが、

    その時に車の鍵を落としたかもしれないので、

    探しても良いですか?

    鍵って、これか〜?

    拾ってくれて壁に掛けてありました。

    やったー!

    ありがとうございます。

    という事で、記念撮影。

    もう、プンプン!

    すっかり夜遅くなってしまったじゃないか〜。

    まぁ、こういう事もあるね。

    良い思い出になるね。

    とりあえず、帰ったら、速攻でスペアキーを作るように。

    もう作ったかな?作ってないだろうな。

     

    そんな騒ぎを起こしつつ、撮影したのが、こちら!

     

    もう、見た方が多いと思うけど、

    カッコイイねー。

    ちゃんと音出して見てくださいね!

    自分の走行動画はJECブログにアップしたけど、

    IAの走りは、比較にならないね。

    こんなにプッシュしてるとは。

     

    今までもJNCCやハード系の動画をM岡さんはアップしてるけど、

    やっぱりJECのタイムアタックは少し狭い所を走ってるからか、

    スピード感が半端ないね。

     

    ぜひ、JECブログと合わせて読んで欲しいけど、

    今回は、自分も早朝下見でカモシカと思わる動物に遭遇したり、

    M岡さんは鍵を無くしたり、

    レースの方では、5位と8位で総合7位と、

    自分のIBでのベストリザルトも更新できたし、

    色々と思い出になるレースとなりましたね。

     

    気は早いけど、次回のJECは日高なので、けっこう間が空きますね。

    それまでも、たくさん遊ぶぞー。

     

    という感じの中日本大会でした。

    おしまい。

     

     


    コメント
    コメントする