プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

空調設備投入!

0

    こんにちは。

    寒い季節もいつの事やら、

    お天気が良いと、もう初夏な陽気。

    (これ書いたの、随分前だ・・・)

    今のお店に移転してから、もう早いもので3年目。

    作業するスペースで、そんなに快適な環境を望むのは、

    贅沢というものですが、

    冬寒く、夏暑いんです!

    冬は、入口を閉めて、厚着して、たまにストーブを焚いてしのぐ。

    夏は、半袖、短パンと扇風機でしのぐ。

    そんな感じ。

    事務所となるスペースは、エアコンというかクーラーがあるので、

    クーラーを作動させていると快適です。

    何とか夏の作業場の快適性を上げるべく、ついに空調設備を投入です。

    さて・・・

     

    お店には入口の他に窓が東西にあります。

    が、開閉が出来ない窓。

    前のオーナーさんは、なぜ普通の窓にしなかったのか・・・

    そこケチらないで欲しかった。

    入口しかないから、風も通らない。

     

    何とかならないものか・・・

    と、前から考えていて、

    エアコンを設置すれば解決するけど、

    断熱性があるような建物でもないし、

    出入り口は頻繁に開けるし、

    電気代も上がるしな・・・

     

    少しでも風通しを良くし、

    かつリーズナブルなアイテム。

    そう、換気扇です。

    お店には天井も張ってないものだから、

    屋根からの熱気がこもるのも暑い原因と考えて、

    換気扇を設置する事に。

     

    今までも何度か設置しようと思いながら、

    2回も夏をスルーしてしまいましたが、

    今回は、ふと手が空いた時に、勢いに任せて実行!

     

    まずは、近所のホームセンターに買い出し。

    フィルター付きとそうじゃないので悩む。

    結局、すぐに詰まるだろうと、フィルター無しの換気扇をチョイス。

    そして、作業開始。

    作業始めた途端にお客様ご来店で作業ストップ。
    結局夕方に作業再開。

    この辺なら、外壁側(ただのトタンだけど)にも何もない。

    石膏ボードをコツコツと叩いて、構造体というか柱や梁の位置を探る。

    マスキングテープでだいたいの位置を決めて、

    とりあえず、適当に四角く穴を開ける。

    ハシゴで少し高い位置で作業するだけで、

    暑いぞ!

    天井付近はモワっとしてる・・・

    開けた穴から壁の内側を観察して、

    柱や梁の位置を把握。

    換気扇を固定する為の枠の事も考慮しつつ、

    設置する換気扇の大きさで線を引く。

    石膏ボードだけの部分なので、カッターで簡単にカット。

    実際には力がいるけど・・・

    外壁(トタンだけど)が見えたぞ。

    目印に1箇所ドリルで穴開け。

    今度は外から作業です。

    あ、暗くなってきてしまった。

    富士山が綺麗です。

    目印で開けた穴から、寸法を決めて、

    グラインダーで思い切ってカット。

    最初にカットした下側が少し汚いけど、まぁカバー付けるから良いか。

    カットした断面がギザギザなので、テープで軽く養生しておく。

    木枠を作らないと固定出来ないと思っていたけど、

    ちょうど柱と梁の場所にピッタリに穴を開けたので、

    枠を作る手間が省けた。

    お、バッチリじゃないか。

    羽やカバーを装着して完成!

    本当は電源となるコンセントの延長などをするつもりで、

    部品も買ったけど、元のコンセントの長さが思ったより短く、

    とりあえずの延長コードでスイッチオン。

    配線は、後日やり直そう。

    屋外のフードも暗くなってしまったので、後日だな。

     

    おー、勢いよく作業場の空気を外に吸い出してくれている気がする。

    今まで入口しかなかったので、風が抜けないのと、

    熱気がこもってしまっていたけど、

    これで少しは快適になってくれると良いな。

    (実際に運用すると、無いよりはマシ。だいぶマシかも)

     

    と、バイクと関係の無いお話でした。

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする