プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JEC開幕戦の広島の準備とか!

0

    こんにちは。

    いよいよ今シーズンのJECが開幕しまして、

    初戦の広島に行って来ました!

    レースの方の様子などは、JECブログにアップしておりまして、

    ぜひ、そちらを見てない方は、チェックしてみてくださいね。

    JECブログ 前編

    JECブログ 後編

    と、いう事で、こちらのブログでは、順番が逆になってしまいますが、

    準備の事のなど書いてみます。

    レースで汚れちゃうけど、外装もレース用にチェンジするので、

    普段はここまでバラさないけど、まずはキレイに洗車から。

    さて・・・

     

    実は今年から、何とウブカタジャパンにもサポートという、

    まるでトップライダーのような有り難いお話をいただきまして、

    エルフオイルを使わせていただく事になりました!

    まぁ、本来のところでは、IAライダーの大川原選手へのサポートがメインとなる訳ですが、

    ウブカタさんもセットで・・・というお話をいただきましたので、

    今シーズンよりエルフライダーです。

    と、いう訳でミッションオイルを投入です。

    2ストローク用のギアオイル

    MOTO GEAR OIL(SAE:10W−40)¥1,600/1L(税別)

    何となく、もっと高いイメージがありましたが、

    リーズナブルですね。

    走行距離や時間で管理したりしますが、

    レースで使いますからね。

    レース前は交換するので、交換頻度が高いですから、

    お値段も大事です。

    そして、2ストオイルも、もちろんエルフ。

    HTXというレーシングなシリーズもラインナップにありますが、

    そちらは混合専用品という事もあり、

    分離給油でも使用可能な100%化学合成のMOTO2TECH¥2,200/1L(税別)を

    使ってみる事に。

    こちらは、写真だと分かりづらいけど、色はブルーになります。

    ハッキリと着色してある方が、

    オイルラインのホースで流れてるが分かるので、助かりますね。

    HTXのレース用は、けっこう高価ですが、

    こちらもリーズナブル。ですが、性能としては十分との事。

    こんな事書くと、サポートとしてはいけないのかもしれないけど、

    違いが分かるかな?

    さらに、冷却水も交換してみました〜。

    こちら、新製品との事ですが、

    RACING COOLANT ORGANIC ¥2,300/2L(税別)

    こちらは、現役のまま使うタイプで2Lとなります。

    まぁ、オフロード系なら足りない事ないでしょうね。

    余った分は、継ぎ足し用で。

    でも、注意が必要ですが、こちらは開封後1年以内の使用、と注意書きあり。

    今回も開封したボトルには日付を記入しておきました。

    年数が経過したマシンなんかは、オーバーヒートというか、ラジエターが噴きやすく

    なったりする事を感じた事はありませんか?

    水が良く冷える・・・なんていうのは良く耳にしますが、

    水の場合だと、ウォーターポンプ周辺を錆びさせてしまったり、

    ラジエターがアルミといえど、腐食しない訳ではありません。

    また、凍結の恐れがあって、当然クーラントを使う訳ですね。

    全然知らなかったんですが、クーラントでもラジエターのコア内部で、

    水垢などの堆積物が付着し、熱交換の妨げになるとの事。

    確かに、言われてみるとラジエターキャップ外した時など、

    白っぽいのがありますよねー。

    またキャビテーション(ぶくぶく気泡が出る状態)なども起こるので、

    冷却性能が落ちたりするようです。

    マディーで走行した際に、ラジエターやルーバーに泥がいっぱい付着すれば、

    冷却効果が落ちるのは分かりやすいと思いますが、

    実はラジエター内部でも、長い間使う事で同じような事が起きてるって事みたいです。

    そういった金属類への攻撃性抑え、熱交換にも優れるというのが、

    こちらの製品。

    もう、エルフの担当の方に説明してもらって、

    おー、これは使おう!と思いました。

    クーラント自体は、入っていれば良いぐらいに思っていたし、

    レース用クーラントなんかは、走らない時は抜いてください。というタイプも

    あるけど、こちらはそのまま入れておいて大丈夫みたいだし。

    注意点としては、噴かない訳じゃないし、水や他の液体と混ぜないで、というのと、

    凍結防止剤を含まないので、0度以下になるような環境下では使用できない。

    という事ですね。

    と、いう訳でSUGO2DAYSなどは使えないかなー。

    実際に目に見えて効果がある訳じゃないけど、

    交換頻度が高い訳じゃないし、ラジエター内部をいたわるというのは、

    悪い事ではないはずですね。

     

    と、サポートライダーらしくアピールしてみました。

    宣伝になってしまいますが、当然お店でも取扱いしてますからね。

     

     

    さて、レースの準備は・・・

    まぁ車両はチョイチョイと整備しているので、特に大掛かりな整備は今回なし。

    IA、IBクラスは基本リアタイヤがFIM規格のエンデューロタイヤか、

    それに準ずるトライアルタイヤとかなる訳で、

    ツーリスト好きな自分は、今回もIRCのツーリストで行きました。

    新品じゃないですけど・・・

    フロントは、IRCのIX07−Sを使用。

    これもSUGOで使ったやつですが。

    スロットルワイドオープン派ではないのと、

    スライドさせるのが苦手で、フルグリップで走るのが好きだからかなー。

    本当は減りにくいので長持ちするのがお気に入りだったりする訳ですけど。

     

    そして、外装をレース用の普段使ってない物にチェンジ!

    おー、遠めで見るとキレイだぞ。

    エルフステッカーも貼ってみました〜。

    ゼッケンは、ワイズモトスポーツで販売するゼッケン3点セット¥7,000(税別)を

    使っています。

    ベースカラーと数字などを指定できるので、固定ゼッケンの方にはオススメ。

    リーズナブルですねー。

    と、言いつつ、これは昨年のゼッケン#62のデカールを使い回し・・・

    62の数字の上にカッティングシートを貼って、寸法合わせて作った

    数字を貼り付け。

    5の横が微妙にはみ出してるし。

    でも、言わないまず気づかれる事の無いクオリティー。

    耐久性ないですけどね。自分の作った所は・・・

    本当は、新しいの注文しようと思ったんですよ。

    でも、2018年のクロストレイナーが赤い外装になったので、

    あー、赤い外装にしたいなぁー。と思って、

    ゼッケン作って貼ったら、使い回しできなくもないけど、

    勿体ないなぁーと、考えてたら、時間無くなってしまいました。

    クロストレイナーですが、リアの外装はRR2Tの2017年までのやつを

    使ってるのもあるんですけどねー。

    クロストレイナーのシュっとした細いやつも良いし、

    それは手元にも当然あるんですけどねー。

    何となく、こっちの形の方が良いかな?と。

     

    準備と言いつつ、これだけですね。

    一緒に行くお客様のマシンも準備完了!

    こちらは、ちゃんとゼッケン作り替えています。

    固定ゼッケンが出てなかったので、

    数字はブランクで作ってもらい、数字のみ手作り。

    けっこう上手く出来ました〜。

    サイドのデザインはこんな感じ。

    2017年用のデザインかな?

    車体は2014年モデルで、デカールが2016年のやつだけど、

    違和感なしのラインの繋がり。

    エルフステッカーもデカデカと貼付け。

     

    ちゃんとオイル入れたし!

     

    そして、同じBetaライダーなフレアラインの塾長が、

    以前にブログでハイエースのエアフィルターの事などを書いている記事を見かけ、

    おー、自分もそういえばバイクは整備するけど、車はオイル交換しかやってない・・・

    広島まで遠くの遠征だし、自分のも交換しておこう!と、

    エアフィルター交換。

    本当は、もう少し汚れてたんですけどね。

    エアブローしたら、少しキレイになりました。

    右のブリッツだっけ?社外品にしてみました。

    何か、良くなったような、気のせいのような・・・

    そして、いつだかTVのニュースでも取り上げられていた、

    トヨタ純正のアルミテープ。

    車体に帯電?しちゃう静電気とかを放出する事で、

    燃費改善とか、そんなやつ。

    トヨタが純正採用しているというやつで、1枚500円しないぐらいかな?

    適当に通販で買ってみました。

    ハイエースのボディーに適当に貼ってみたけど、効果は?

    当然、分からない。

    そして、出発前のガソリン満タン状態に、

    ワコーズのフューエル1も投入してみました。

    冬場は寒くて、ついついハイエース号で通勤してしまいました。

    ワイドのスーパーロングの2.7Lガソリン車ですが、

    街乗り燃費がお財布に厳しい〜。

    前は8キロぐらい走った気がするけど、

    さすがに10万キロ越えてしまったのもあるけど、

    7キロ切る時もあるもんねー。

    広島は、年間の遠征の中でも遠い部類ですからね。

    北海道も行くけど、フェリーだから意外と走らないし。

    広島は寄り道もしないで、1タンク消費しちゃいますからね。

    果たして結果は・・・

     

    これは体感というか、数値で出るので、分かりやすいね。

    新車から実は燃費計測でリッター10キロ越えた事はない!

    限りなく10キロに近い数字は出した事あるけど・・・

    今回は、神奈川出発の3台、3人で荷物は、けっこう満載。

    往きから順番に、

    1回目給油 514.5キロ走行 49.50L給油(10.93キロ/1L)

    2回目給油 256.7キロ走行 29.78L給油(  8.61キロ/1L)

    3回目給油 516.4キロ走行 54.81L給油(  9.40キロ/1L)

    4回目給油 271.6キロ走行 29.03L給油(  9.35キロ/1L)

    という結果に。

     

    おー、1回目の給油は初めて10キロ越えた〜。

    ほぼ11キロ!

    が、2回目は悪い〜。

    これは大阪越えて、中国自動車道に入ってから給油したので、

    アップダウンが大きかったかも。

    後は、帰り道ですね。

    1559.2キロ走行 163.12L給油(  9.55キロ/1L)

    という平均燃費。

    これを見る限り、最初の満タン時のフューエル1の効果が大きいんですねー。

    遠出の遠征だとリッター9キロぐらい走ってから、

    エアフィルターとアルミテープは、効果薄いかも〜。

    まだまだハイエース号には頑張ってもらわないといけませんからね。

    頼むよー。

    でも、そういえばスタッドレスから、まだ交換してないんだった。

    どうせなら、新品の夏用タイヤでトライしたかったなー。

    最後はくだらない内容になりました。

     

    レースの方のお話は、先に書いたけど、

    JECブログを見てくださいね。

    そちらでもレース動画をアップしていますが、

    パンク修理して走行を再開した4周目の動画をこちらには

    貼り付けておきます。

    パンク修理で疲れて、前半はボロボロですが・・・

     

    お暇な時にどうぞ。

     

    以上です。

    JECは、次戦は中日本大会で富山のコスモスポーツランドで、

    5月26日〜27日の2DAYで開催されます。

    楽しみですねー。

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする