プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR2T 125 デビュー!

0

    こんにちは。

    昨年の夏ごろでしたでしょうか?

    Beta RR2T125が出るとの情報で、ファクトリーライダーが

    試乗する様子などがユーチューブなどにアップされていましたが、

    正式リリースを経て、ついに日本上陸!

    すでにJNCCの会場なんかで展示もされていた訳ですが、

    ダートスポーツ誌のインプレが行われるとの事で、

    お店休んで潜入してきました〜。

    もちろん詳しくは、次号ダートスポーツという事ですが、

    ちょっとお先にご紹介。

    さて・・・

     

    RR2Tのシリーズとして、125侫皀妊襪禄个覆い函

    個人的には思っていたんですけどねー。

    嬉しいですよね。

    そして、ご対面。

    ほほう・・・

    パッと見は、2018年モデルのRR2T250、300と同じ。

    そりゃ、そうだけど。

    ちなみにコッチが2018年のRR2T250です。

    これはタイヤ交換しちゃってますけどね。

     

    外装は同じはずなので、チャンバーの太さとサイレンサー小ぶりになった

    感じですね。

    サイレンサーも同じかどうか分かりませんが、

    クロストレイナーと同じように見える。

    チャンバーはFMF製で、サイレンサーは違うみたいですね。

    (クロストレイナーも途中でFMF製のサイレンサーから変わりましたね。)

    サイレンサーのカバーが無い分、シュっとしたデザインです。

     

    RR2T250やクロストレイナーでは外されたキックペダルがもちろん装着。

    残念ながらセルモーターは標準搭載では無く、

    後付のオプション扱いになるらしい。

    125は分離給油ではなく、混合仕様ですが、

    これも分離給油キットが同じくオプション扱いで設定されるらしいですが、

    現状ではマシン先行で詳細はまだ、という事でした。

    パッと目につくには、

    クラッチホースが右側に来ているという事。

    トライアル車なんかが、このような造りですが、

    クラッチカバー内にクラッチピストンを内蔵しているようですね。

    チャンバーも125侫皀妊襪覆里如⊆崑虜限Δ悗猟イ蟒个靴無いタイプ。

    この角度からだと見えないけど、

    チャンバーが刺さるエンジンの排気部分は、

    2018年モデルでRR2T250などはシリンダーとチャンバーが装着される部分が

    別パーツの構成になりましたが、

    こちらのRR2T125もその方式を採用。

    まぁ、なかなか無いとは思いますが、

    チャンバーをハードヒットさせた場合に、

    稀に割れる部分ですからね。

    割れてしまって、シリンダーがダメになるより、

    分離式になっていると安心。

     

    これまた、この画像では判別しづらいですが、

    アンダーガードも形状が違いますね。

    これは、コンパクトなエンジンに合わせたフレームの形状が、

    250や300とは異なるからでしょうね。

    専用品かな?タブン。

    細かい所では、リアのスプロケット50T標準のようですね。

    RR2Tが49Tで、クロストレイナーが51Tでしたから、

    125用に合わせて来たという事でしょう。

     

    ホイールやスイングアームは同じ物と思われます。

    リアのタイヤは120サイズのミシュランのエンデューロミディアムを

    装着してましたね。

    リアのリムサイズは1.85サイズと、

    250シリーズは2.15だから、クロストレイナーと同じで、

    少し細いリムを採用してるみたいですね。

    エンジンケーズ左側から。

    何となくだけど、フレームの反り方が、

    250などに比べると斜めに立ち上がってる感じかな?

    そりゃ、クランクも小さいでしょうからね。

    ジェネレーターカバーも当然異なる。

    セル搭載を前提にしてるので、

    伸縮ギアが収まる出っ張りが下側にありますね。

    ただ、250や300は、右下に配置されるのに対し、

    左下に、前方気味にセットされていますね。

    スプロケット前方部分に250などはクラッチのスレーブシリンダーが

    ある訳ですが、

    先のクラッチカバー側の画像の通り、

    クラッチピストンは右側にあり、かつケース内に内蔵タイプです。

    その分、右側は間隔を詰めて造られている感じなんでしょうか。

    それでセルの搭載位置も変わっているのかもしれません。

    当然、元々小さい排気量のエンジンでコンパクトな訳ですが、

    前後長も短いんじゃないかな?

    そうなると、ホイールベースなどもコンパクトになるのかも?

     

    一応スペック上ホイールベースを確認してみると、

    RR2T125 1477ミリ

    RR2T250 1482ミリ

    5ミリの差だから何とも・・・でした。

     

    キャブは変わらず京浜のPWK36φを採用。

    そこで、おっと!

    リードバルブはV-FORCE4Rを標準ですね。

    これは250も採用してなかったと思うのですが・・・

    イカスね。

     

    分離給油を可能にする為か、

    250や300とボディーが同じだけか・・・

    キャブにはスロットルポジションセンサーが装着されていますね。

    写真の順番が適当ですが、

    アンダーガード、やっぱり違う感じ。

    フレームとの距離が遠くなるからか、

    エンジンハンガーのステーは随分と巨大なプレートです。

    小ぶりなサイレンサー。

    FMF製ではなく、ARROWっていったかな?

    キックペダルはけっこう短い感じでしたが、

    特に違和感なく普通に蹴れました。

     

    写真撮り忘れてしまいましたが、

    シートを外すと、以前の混合モデルだった頃のRR2Tと同じ感じ。

    セルモーターが標準ではありませんから、

    バッテリーレスモデルですが、バッテリーの搭載するケースは残ってましたね。

    RR2Tの場合、シートレール上部が樹脂製で、

    足になる支え部分がアルミの組立式ですからね。

    そこは当然共通という事でしょう。

    2018年モデルで、外装もクロストレイナーと共通になり、

    リアの外装が小ぶりになった事と、

    分離給油になり、エアボックス内にオイルタンクが装着され、

    スペースが無くなった事が理由だと思いますが、

    CDIがキャブレター横に装着されました。

    これ、2018年のRR2T250の画像ですが、

    キャブの上にある黒い四角いのが、CDIですね。

     

    ですが、125はオイルタンクもエアボックス内にいないので、

    混合モデルの時と同じ、

    バッテリーケースの下にCDIが搭載されてましたね。

    場所的には、バッテリー下の方が良いかなー。

     

    そして、感じの乗り味ですが・・・

    あくまで自分の感じた事ですけどね。

    そりゃ、やっぱり軽い!

    軽さは武器になりますからね。

    排気量小さいので当然ですが。

    やはりフレームが抱えてるエンジンが小さいので、

    乗った感じもコンパクトに感じますが、

    外装類が250と同じだと思うので、

    車両の大きさで言えば同じはずですが、

    気持ち小さく感じますね。

    足つきに関しては、まだ新車という事なので、

    実際にはもう少し下がる印象になると思いますが、

    RR2Tなどと同様です。

    クロストレイナー方が低く感じるかな。

    リアショックのバネは4.8Nだったので、

    250の5.2に比べると、やっぱり柔らかい印象です。

    新車という事もあり、当然ですがキックで簡単にエンジンは

    目覚めます。

    125佞任垢ら、キックは軽いです。

    が、正直な話で言えば、キックペダルの位置は低くないので、

    女性だと少しシンドイかな。

     

    クラッチについては、マスターも250同様のブレンボで、

    クラッチ軽いかな?と思いましたが、

    ここは残念ながらKTM系のような軽さは無く、

    250と同様か少し軽いくらい。

     

    エンジンの回転フィールは、非常にスムーズです。

    低速トルクが特別ある訳でもなく、

    かと言って、高回転がすごく伸びる訳でもない印象。

    もっとピーキーに仕上げているのかと思いましたが、

    全体的にバランス重視のようにエンジンに思えました。

    EXC系のような極低速での粘りは無いものの、

    MX系のように半クラッチを使わないとモタつく、という事がない

    といった必要十分な低速トルクは確保している。という感じでしょうか。

    高回転の伸びとパンチは、MX系と比べてしまうと、

    当然劣る感じですが、

    自分が一番の利点としてあげるなら、

    極低速から少し上の回転域から、このエンジンのピークパワーまでの間が

    かなり有効に使える事。

    その間、実際には一番多用するだろう回転域で、

    とてもスムーズにトルクとパワーが立ち上がる感じですね。

    モトクロスコースではなく、エンデューロなシチュエーションでは、

    ピークパワーを引き出し続けるのは、かなりの上級者でないと

    難しいので、そういう意味では、扱い易さ重視だけど、

    初心者と呼べる方には、ほんの少しばかり低速が足りないかもしれない。

    そんな印象でした。

     

    車体に関しては、まさにRR2Tという感じで、

    特に2018年モデルから抜群に良いフィーリングなったものを踏襲している感じで、

    自分のスピードレンジと普段クロストレイナーに慣れている身としては、

    かなりカッチリしている印象でした。

    好みもありますけどね。自分は割と初期の動きがフニャフニャなのが好みですから。

    良くジャンプがどうのという事もありますが、

    そもそも自分はジャンプできないので、そこは分からず。

     

    車体の軽さの恩恵でいえば、やはりブレーキが物凄く効く感じですね。

    グーン!って減速できます。

    いつもそうしているのですが、やはり自分のマシンが基準になるので、

    試乗した後は可能なら、すぐに自分のマシンを乗って比較しています。

    今回も125を試乗した後に、すぐに自分のクロストレイナーに乗りました。

    クロストレイナーに限らず、RR2Tもそうですが、

    フロント回りがかなり軽く感じるマシンなのに、

    125から乗り替えると、マジか〜?

    と思えるぐらい重く感じる。

    125は随分と軽いんですね。

    そして、ブレーキ。

    125に試乗する前にも当然少し体の慣らしで乗っていましたが、

    125の直後だと、ブレーキが効かない・・・と感じてしまうほど。

    あれあれ?コースから落っこちるよ。

    そんな感じ。

    クロストレイナーの話をしても、という感じですが、

    クロストレイナーは、自分のセットがそうなのかもしれないんですが、

    少しキャスター立ってる感じですね。

    フロントブレーキ掛けた時に地面に押し付けながら、

    フォークが刺さっていく感じというより、

    前転とは言わないけど、そういうモーションになる感じですね。

    やっぱり全然違うなー。という事にビックリ。

     

    まぁ、マシンの生い立ちがエンデューロの選手権において、

    排気量分けがあるクラスでBetaだと該当マシンが無かったクラスで

    勝ちにいけるマシンを作っている訳ですから、

    乗った印象としては、オンタイムエンデューロの方が向いてる感じがしました。

    リエゾンでは軽さを生かして、リラックスして走り、

    タイムアタックで、ここ一発みたいな走り方ですね。

    3時間とかのクロスカントリーだと、

    スピードレンジを維持し続けるのに少し大変かな?

    ハードエンデューロにおいても、

    下のクラスであれば、この軽さやパワーフィールは有効だと思いますが、

    上級クラスのコースだと、

    リカバリーの時のセルの利便性や一発の瞬発力を要求されるだろうから、

    250や300の方が有利になるでしょうからね。

     

    そういう意味では、コンペティションな部類に入ると思いました。

    初年度の生産台数は本国でも、かなり少ないようで、

    日本に入荷予定のマシンも、ごく僅かなので、

    まだギリギリ間に合うかなー?

    気になった方は、早目の決断が必要ですよ!

    ウブカタジャパンでも、もちろん注文お待ちしております。

     

    最後に・・・

     

    ちょっとだけ動画を。

    低速が少し無いとはいうものの、

    こんな感じでヒルクライムを登る事も可能です。

    もちろんライダー次第ですが・・・

    ちなみに、自分が同じような事をしようとしたら、

    もうちょっとスピード上げないと無理でした。

     

    次号ダートスポーツで、

    インプレッション記事が掲載されるはずですから、

    要チェックですよ!

    ※自分はインプレしてませんからね。

     

    おしまい。

     

     

     


    コメント
    コメントする