プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

チャンバー修正!

0

    こんにちは。

    何回か紹介してますが、今回はチャンバー修正など。

    修正と言っても内容は色々で、

    凹んだ物の膨らますのは、意外と簡単。

    けっこう見た目にベッコリとなってても、そこそこ膨らみますね。

    でも、チャンバーガードとか装着してると、

    凹むというか、歪む、変形しちゃったりして、そっちの方がなかなか大変。

    チャンバーガード装着してると、安心は安心なんですけど、

    思ってる以上に一長一短って感じですね。

    ちなみに今回のやつは自分のBeta クロストレイナー。

    奥行のないステアを何度か挑戦してたら、

    フレームをヒットさせてて、チャンバーは無事だと思ってけど、

    そんな事なかった・・・

    チャンバーを固定しているステーが傷ついてますね。

    ここに瞬間的に力が掛かったようで、ステーがパキンと割れてしまいました。

    さて・・・

     

    グチャグチャに変形しちゃうよりは、

    今回みたいにパキンっ!と割れてくれる方が、まだマシかな?

    ビビビっと溶接で修理。

    自分でも溶接機あるけど、上手くいかないので、

    お客さんの自動車屋さんにお願いして、ガッチリ溶接。

    せっかく外したので、だいぶ前に少し凹ました部分も修正。

    カーボンのガード装着してるけど、フチの部分など瞬間的に

    変形しちゃいますね。

    とりあえず、膨らんだ。

    根本もけっこう歪んでる・・・

    気合のパワープレイで少しマシになったかな。

    で、装着。

    と書くとアッサリだけど、これがなかなか時間掛かる場合がある。

    今回も前方から少し押されていたので、チャンバーが全体的に後方に歪んでた。

    すると、サイレンサーが少し後ろに飛びてて固定できない。

    無理やり固定すると、今度はチャンバーが前に押されて、

    エンジン側のチャンバーの入りが浅くなる。

    この前後方向の修正はなかなか難しい。

    地味にあーでもない、こーでもないと格闘の末、

    まぁ、いっかレベルまで修正。

    実に地味に手間がかかる。

    これまた、せっかくなのでサイレンサーもリペアしてみる。

    新車に比べると耳障りな音になってるし、

    前方下側の固定しているボルト(今のやつはリベットかな)から

    未燃焼なオイルが垂れてるし。

    自分のやつはボルト固定だったので、簡単に分解。

    中身は引っ張り出す時にグズグズに。

    パンチングパイプも塞がってる?と思いきや、

    案外キレイだ・・・

    とりあえず、キレイにして、新しいウールに交換して、

    完成!

    エンジン掛けてみるも、あまり変わってない?

    後日走行してみると、パーシャル時の音がキレイになった気がした。

    やらないよりは、やった方が良い訳で自己満足。

    これでしばらく頑張ってもらいましょう。

     

    と、自分のは完了したのですが、

    別のお客様のクロストレイナーでチャンバーの修正のご依頼。

    ちょっと遠方なので、チャンバーのみ送ってもらいました。

    本来は、車両がないとフィッティングまで確認できないので、

    何とも・・・って感じですけどね。

    チャンバー本体のみでもやりますが、すんなり車体に着かなくてもお許しを。

    今回は同じマシンがあるので、取付の確認できますから安心。

    先に写真で見てたのですが、

    実物届いたら、ちょっとビックリ!

    かなりペチャンコなんですが・・・

    サイレンサー側なんて90度ぐらいになってる・・・

    凹みっぷりもなかなか。

    厳しいかな?

    とりあえず作業開始。

    アッサリと漏れやがる。

    とりあえず、塞いでみるも、

    圧少し掛けると、元に戻ろうとするから、すぐにまた漏れてくる!

    何度もやったけど、自分の穴塞ぎではダメなようです・・・

     

    と、いう事でまたお客様の自動車屋さんにお願いして、

    モリモリに溶接してもらう。

    あらかじめサイレンサー側の90度に折れた部分もある程度

    形を整えておいたけど、

    そこも折れてる部分を戻したので、激しく漏れる。

     

    薄い金属の板なんかは何度か折り曲げて、ポキンっと折ったりしますが、

    そんな感じですよね。

    凹みなら良いけど、

    グキっとなってるのは、なかなかに厳しい。

     

    少し修正しては、漏れてを繰り返し、

    色々な所から漏れてくれる・・・

     

    そんな事を繰り返していると、

    凹みと呼べる部分は膨らんでくれていたけど、

    なかなか根本側のペチャンコ部分が手ごわい。

    少しは膨らんだものの、ちょうどその部分が元の溶接箇所なもので、

    硬いんでしょうね。

    慎重かつ、でもジワジワと圧を掛けてなんて繰り返していると、

    全く問題のない部分の溶接箇所がバンっ!と音を立てて、

    裂けてくれました。

     

    もうこれは限界だ。

    ペチャンコ部分が膨らむ前に他が壊れると判断して、

    膨らまし作業は、この辺で断念。

    裂けた部分は再度溶接して、まぁ大丈夫でしょう。

    そして、ここからも長い。

    すんなりと装着できる訳もなく、

    あーでもない、こーでもないと色々と知恵を絞りつつ、

    原始的なパワープレイを続けて、

    最終的には、割とすんなり装着できる所までこぎつけました。

    ちょっと、一番膨張してる部分が外に張り出し気味な感じだけど、

    何かに干渉してる訳でもないし、

    サイレンサーの角度、エンジン側の刺さり具合など、

    まぁ、許せるレベルという事で、この辺で完了。

    このサイレンサー側の折れた部分は何か所もクラックみたいになってしまっていたので、

    モリモリ溶接してもらいました。後で少し磨いたけど、ここは錆びるな。

    見た目汚いけど、仕方ないかなー。

    自分のも今回の作業で忘れていたのですが、

    ベータの場合、RR2Tもそうですが、チャンバーとサイレンサーのジョイントの

    ゴムが緩いのか、新車でも排気漏れしますね。

    ゴムにある溝にタイラップなどを巻いてキツメにしてあげると、

    漏れもなくなるので、絶対付けた方が良いですね。

     

    あくまで修正ですから、新品同様とはいかない訳ですけど、

    こんな感じでやっております。

    見た目に激しく凹んでいても、簡単に修正できる事もあれば、

    たいした凹みでもなくても、歪んでる方向がマズイ時は、

    すごい手間が掛かる事も。

    なかなか難しいですねー。

    そんなチャンバー修正でした。

     

    おしまい。

     

     

     


    コメント
    コメントする