プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR50 Factory 納車整備!

0

    こんにちは。

    今度は、先日RR2Tと一緒に入荷した

    Beta RR50 Factoryの納車整備。

    もう飽きたかもしれないけど・・・

    こちらのモデルですね。

    50佞箸六廚┐覆ぅッコ良さです。

    お値段も50佞箸六廚┐覆い韻鼻

    さて・・・

    このRR50 Factoryですが、

    日本ではFactoryのグレードのみの導入で、

    最上位モデルとなるんですが、

    本国や海外では、

    ノーマルな車体やキャストホイール履いたモタードとかもあるんですねー。

    ノーマルなやつは、分離給油の2ストロークですけど、

    Factoryは、混合モデル。

    本来あるはずのオイルポンプは撤去されているスパルタンなモデルです。

    足回りも違うし、スイングアームなんかも異なります。

    まずは、サイドスタンドが勝手に跳ね上がるオートリターン仕様なので、

    慣れませんから、通常の仕様に変更です。

    と、言っても固定してるボルトの突起をカットするだけ。

    自分でも慣れてないから、ウッカリ倒しちゃうとマズイですから。

     

    KTMなんかも新車だとオートリターンになっていますね。

    カラーを抜いて、付属の短いボルトに交換するだけの

    親切設計ですね。KTM系は、やっぱり整備性抜群ですねー。

     

    話が逸れましたが、続きを。

    チャンバーには触媒が。

    50佞箸呂い─△海舛蕕離皀妊襪魯▲襯澆離好ぅ鵐哀◆璽爐法

    シッカリとしたリンクも装備されているので、

    やる事自体は、RR2Tとかと変わりません。

    実際にはやり慣れていないのと、

    コストの関係もあると思いますが、手間はこっちの方が掛かるかな?

    もちろんリアもディスクブレーキ。

    キャリパーはグリメカ製。

    やる事は同じです。

    ゴッソリ分解。

    リアサスなんかは、フルサイズだと当たり前かもしれないけど、

    フルアジャスタブルってやつですね。

    R16Vっていうシリーズで、

    クロストレイナーなんかは同じタイプのサスペンションですね。

    小排気量モデルなどは、Betaの空冷のRR4T125なんかもそうですが、

    ベアリングじゃないモデルが多いですが、

    こちらは、当然全部にベアリング内蔵です。

    グリスっ気がないので、当然グリスアップです。

    ヌリヌリ。

    リンク回りも同様に。

    シャフト径が細いので、ベアリングも小さい。

    作業は少しやりにくい。

    これは、RR4T125LCなんかも同様ですが、

    スイングアームに水抜きの穴がありません。

    過去何度か経験がありますが、

    スイングアームに固定されるスライダーの固定部分や、

    他の部分からスイングアーム内には水が入ってしまいますね。

    RR2TやKTMなど、上位モデルは当然最初から穴が開いてますが

    この辺のモデルは穴が開いてないので、小さいな穴をドリルで開けます。

    整備で預かった違う車両なんかは、穴開けたら、

    水がピューっと出てきましたからね。

    まぁ、そういう理由でチェーン引きのボルトも錆びたりする訳なので、

    カジリ防止でスレッドコンパウンドをヌリヌリ。

    しかし、125LCや、空冷モデル、このFactoryも同様ですが、

    このボルトが7ミリっていうね・・・

    工具のサイズもボルトもナットも11ミリだし。

    注意しましょうね。

     

    リアを組み上げて、今度はキャブをチェック。

    ジェット類の交換です。

    本国でエンジン始動チェックされて、

    ガソリンは抜かれていても、僅かに残った物が

    輸送に時間が掛かり、スロー何かが詰まり気味の時も多いですね。

    なので、新車といえで、せっかく開けるので、

    ジェット類は全部チェックします。

    今度はフロント回り。

    スペックで出てない部分は一応チェックしてから分解。

    突き出し量をチェックです。

    いつもの白いグリスがモリモリ。

    キレイにして、新たにグリス盛り盛り。

    フォークのクランプボルトもスレッドコンパウンドぬりぬり。

    フロントのキャリパーもリア同様にグリスアップなど。

    これもグリメカ製ですね。

    パッドピンが2本のタイプ。

    50佞離皀妊襪覆里法▲ラッチが重い。

    とりあえず、給油する。

    実際には、取り回しがイマイチなのと、

    このエンジン側のゴムのカバーが重い理由の一つ。

    ゴムカバーがあるのは良いけど、インナーのケーブルに対して、

    ちとキツイ。

    ケーブル単体の状態でも、けっこう抵抗になってしまっているので、

    少しカットしちゃいます。

    レバー回りもグリスアップ。

    写真撮り忘れたけど、クラッチ側もね。

    ミッションオイルやクーラントもチェックして、

    エンジン始動チェックして、完成!

    うひょー、カッコイイぜ〜。

     

    50佞覆里法■横院■隠献ぅ鵐舛離侫襯汽ぅ此

    タイヤ選び放題です!

    クロストレイナーと同様のタイプのR16Vの倒立フォーク。

    伸び側の減衰調整とスプリングプリロードが調整可能なやつですね。

    見た目も赤いし。

    リムも当然アルミリムのブラックだし、

    ハブもRR2T同様に研磨してあるやつだから、ピカピカです。

    燃料タンクもナチュラル色のやつで、残量見えるタイプだし。

    チャンバーもメッキ仕様。

    混合仕様で、お値段も乗り出しで、だいたい60万ぐらいと、

    ちょっとハードルが高いけど、

    50佞犬磴覆い肇瀬瓩覆鵑澄次

    なんて方には、他にないからオススメです。

     

    Beta RR50 Factoryのご紹介でした。

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする