プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

ハスクバーナ TE250 チャンバー修正!

0

    こんにちは。

    たまに作業ご依頼をいただくチャンバー修正。

    今回は2017年モデルのハスクバーナTE250です。

    カーボンのチャンバーガードを装着してるけど、

    物によるけど、瞬間的にはカーボンは変形しますからね。

    外してみると、けっこう凹んでいたりします。

    さて・・・

     

    外す前の写真を撮り忘れてしまいましたが、

    これは、もう買い替えても良いのでは?といった変形っぷり。

    チャンバーガードを装着していると、凹みにくくはなるのですが、

    チャンバー本体が押されてしまい、エンジン付近の根本部分が

    曲がりやすくなるのが難点。

    今回のも、そんな感じ。

    光って見えにくいけど、けっこう凹んでます。

    左側のフレームにガッツリ当たるぐらい手前に来ちゃってます。

    根本付近もつぶれてるし。

    やれる所までやってみましょう〜。

    下側のステー部分もグキっと入り込んでる。

    出来るかな〜?

     

    チャンバー修正の場合は、水圧で膨らませますが、

    圧を掛けますから、圧が漏れては話になりません。

    転倒により、押されたり、変形したり、

    元々溶接が甘かったり、

    そんな理由で溶接部分から圧を掛けた時に水が漏れる事があります。

     

    今回もこれだけ変形しちゃってるので、漏れるだろうな・・・

    と予感がありましたが、

    やっぱり漏れます。

    凹んでる部分ではなく、サイレンサーのジョイント側のステーの

    溶接部分から排気漏れの後があったので、

    怪しいなぁーと思っていたら、速攻で圧が逃げ、

    水がピューっと出てきます。

     

    場所にもよりますが、圧を掛けると言っても大した圧ではないので、

    指で抑えてやると、意外といけちゃいます。

    今回も指で抑えて、水圧ポンプをコキコキと動かすと、

    大まかには膨らんでくれました。

     

    が、最終的には凹んでる部分をハンマーで叩きながら修正するので、

    手の数が足りません。

    それに叩くと、動くので指で抑えてても漏れるし。

     

    と、いう事で、簡単に穴埋め。

    本来は溶接機でバシっとやりたいところですが、

    適当にハンダで塞いでみます。

    漏れなければOKですから。

     

    今回は珍しく?上手くいって、漏れは止まってくれました。

    どうでしょう?

    かなり膨らみましたね。

    実際には水が漏れなければ、膨らます事自体は、そう難しくもないのですが、

    手間が掛かるのはチャンバーのフィッティングです。

    凹んで体積が減っているのは膨らます事で解決できますが、

    ねじれてたりするのは、体積の変化もないので、

    水圧では少しは元に戻るのですが、修正とまではいきません。

    適当なパイプ類を使って、パワープレイで修正していきます。

    ステーを真っ直ぐにしたり、

    チャンバーを吊ってる雪だるまみたいな形のステーの取付位置を

    少し変更したり、

    本来の取付位置とは異なる事もありますが、

    ラジエターホースなどに干渉なく、

    チャンバーが可能な限り、深くエンジンに刺さり、

    サイレンサーが装着できる。

    そんな状態になるまで、パイプを駆使して、

    ちょっとずつ修正です。

    ハッキリ言って、膨らますのより、こちらの方が作業的には手間が掛かります。

     

    今回も、相当前から押されて、サイレンサーとのジョイント部分が、

    かなり後方に追いやられてます。

    そうすると、本来のサイレンサーの位置より後方に装着されてしまう事になります。

    多少は無理が効くので、サイレンサーを何とかセットすると、

    今度はチャンバーの根本がエンジンに深く入らなかったりします。

    ラジエターの修正と同じですけど、

    あくまで修正ですから、問題のないレベルで良しとします。

    今回は、かなり変形していましたが、

    上手く出来た方かな。

     

    Betaはもちろん、KTM系(ハスクバーナ、フサベル)、YZシリーズなんかの

    修正をやっています。

    他の2ストレーサーはCRなんかは何とかできましたが、

    手持ちの道具が合わない場合は、作業ができません。

     

    修正ですので、あんまり酷い状態の物は修正もできない場合がありますので、

    ご注意くださいね。

     

    チャンバー修正のご紹介でした。

     

    おしまい。

     

     

     


    コメント
    コメントする