プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

2018モデルオフロードバイク大試乗会に行ってきました!

0

    こんにちは。

    SUGO2DAYSエンデューロの翌週に

    JECプロモーション主催のオフロードバイク大試乗会に行ってきました〜。

    開催場所は、千葉県成田市にある成田MXパーク。

    ここ数年、12月に毎年開催されてますね。

    各メーカーの最新モデルが出そろい、

    メーカーによってですが、ギリギリ予約も間に合うというタイミングです。

    メジャーレースも終わってますからねー。

    来シーズンのマシン選びに、またすぐではないにしろ、

    次期マシン候補の選択に、

    買う予定はないけれど、乗ってみたい。

    人によって様々だと思いますが、一度にたくさんの最新モデルを

    試乗できちゃうという、とて有り難いイベントです。

    こちらもJECプロモーション主催という事で、

    JECブログでも、少し書かせてもらいましたので、

    そちらも、ぜひチェックしてみてくださいね。

    こちら。

    とりあえず、人が集まれば集合写真ですね。

    さて・・・

     

    各メーカーのマシン紹介などは、JECブログにダラダラと書きましたので、

    こちらのブログでは、もっと好き勝手に、

    だれも望んでないかもしれませんが、

    個人的インプレッションなど書いてみます。

     

    現在乗っているマシンや、ライダーの技量、

    好みなど、もう本当に人それぞれですからね。

    十人十色とは、よく言ったもので、

    あくまで、自分の感じた事ですからねー。

    へぇー、ぐらいでお願いしますね。

     

    まずは、やっぱりBetaですね。

    試乗したマシンは、

    2018年モデル RR2T300と、RR2T250と、

    2017年モデル X-Trainer250の3台。

    クロストレイナーは、2018年モデルの入荷は、まだしらばく先になりますね。

    RR2Tは、フレームネック部がゴツくなり、剛性を上げたのかな。

    エンジンは、クラッチが大幅に部品構成が変更になり、

    キックペダルが外され、クロストレイナー同様にセルモーターのみとなりました。

    それによって、5キロ近く軽量化された・・・

    なんて感じですね。

    キックは、クロストレイナー同様に後付も可能ですが、けっこうお値段します・・・

    もう、だいぶ前に初試乗してるし、JNCCでも試乗していますが、

    やっぱり乗る場所やコンディションが異なると、印象も変わります。

    軽量化された事で、これまでのモデルでは、300はパワー&トルクはあるのものの、

    そのパワフルさで、少々重さを感じる事がり、

    250の方が軽く、エンジンも回しやすい感じで、個人的には250が好みでした。

    が、この2018年モデルからは、軽量化された恩恵が大きいのか、

    それまで感じていた300の重さという感覚はなくなり、

    よりフラットな特性なエンジンと相まって、とても好印象!

    逆に250は、よりエンジンが回りやすく、ビンビンなレスポンスで、

    自分には回りたがり過ぎる印象でした。

    と、いうのが、今回の試乗会前の印象でしたが、

    今回は、他のマシンをたくさん乗ったからなんでしょうか?

    250が回りたがる印象はあるものの、

    あー、全然イケルな〜という感じでした。個人的にですが。

    今回、試乗はMXコースメインで乗りました。

    アップダウンもあるし、走りやすいので、エンデューロコースより、

    分かりやすいかな?と思ったからです。

    回りたがるエンジンも成田のMXコースの登りなどは、

    急なので、トルクを食われるのか、むしろ開けやすい感じでした。

    300は、言う事なしで、非常にバランスが良いですねー。

    どっちか選べ!と言われれば、悩むなー。

    2018年モデルでは、サスペンションがグっと良くなった印象です。

    これは、250も300も同様に。

    メーカーは、ザックスで見た目に大きな変化はないんですが、

    特にフロントがそれまでのモデルでは、コツコツした感触があったのが、

    それが感じられなくなり、シットリしたフィーリングに。

    クラッチが変更になっているのは、正直体感できないんですが、

    このサスのフィーリングは、良い感じですね。

     

    いきなり、長くなってしまいましたが、この調子で書いたら、大変だ・・・

    次にクロストレイナー。

    これは、先に書いたように2017年モデルです。

    自分のモデルは2016年モデルですが、大幅な変更はありませんね。

    実際には、デカールやメーター、ハーネス類、

    マップスイッチの有無などが違いますが、基本は同じはず。

    自分のマシンは、前後サスのリバルビングに、

    フロントスプロケを13T→12Tに。

    排気デバイスのスプリングを少し柔らかい物に。

    といった変更をしています。

    乗り比べると、当たり前ですが、エンジンのツキが違いますね。

    ノーマルは、ノーマルで良いのですが、少しプッシュした走りをすると、

    やはり自分のマシンの方が、好みの仕上がりって感じ。

    RR2Tと比べるのは、土俵が違い過ぎるのですが、

    やはり、クロストレイナー自体が自分は好みみたいです。

    ゆっくり走れるところが良いですねー。

     

    続いて、TM Racing。

    2スト125佞裡隠横毅釘里函

    4スト250佞裡横毅Fies-ENの2台。

    2スト125の方は、ちょっとキャブセットが合ってなかったのか、

    少しモッサリした印象でした。

    もっと、カッキーン!って感じかと思っていたけど、そんな事なし。

    4ストの250佞諒は、めっちゃ高回転マシンって感じでしたね。

    低回転でも十分に走るんですが、ものすごくフラットな感じから、

    中高回転で、唐突感はないけど、一気に回る。

    うわぁ、きっとコレをキープして乗る乗り物なんだな。

    中上級者向きかな?

    自分の乗り方やスキルも変化していると思うので、

    以前乗った印象とは比べても意味がないんですが、

    もっと、カッチカチなフレームの印象でしたが、そんな事は無かったですね。

    ただ、サスは初期からグっと踏ん張る感じで、

    自分には少々ハードな印象でした。

    スプロケの取付ボルトとか、だいたい6本固定が多いけど、

    TMは、すんごい数が多いんですよね。

    基本的に高剛性な印象。

    色々とパーツのクリアランスがタイトな感じですね。

    滅多に試乗できないから、今回ラッキーでしたねー。

    輸入元さんは、北海道ですからね。

    遠いところ、ありがとうございました〜。

     

    シェルコは、新型の2スト125のSE-Rと、

    4スト250のSEF-Rの2台でしたね。

    さすがに、今回試乗車が多く、全部は乗れなかったのですが、

    シェルコは今回乗り損ねました・・・

    2スト125の新型は、すでに乗った事ありますからねー。

    排気デバイスが電子制御タイプでTMと同じですが、

    なんというか、これは今までにないエンジンフィールなんですよね。

    可能ならば、KTMの125EXCや今だとXC-Wですが、

    それと乗り比べしてみたいんですよねー。

    贅沢な考えですけど。

     

    今度はカワサキ。

    ピュアテックさんが、KX250Fのストック車両と、

    独自にエンデューロモディファイを行ったKX250F-SE(スーパーエンデューロ)の

    2台を試乗車として持って来てくれました。

    昨年モデルのモディファイ車は乗った事があったんですが、

    これが、もう抜群に良かったんですねー。

    今回は、さらにノーマル車もあったので、2台とも乗らせてもらいました。

    ノーマル車がすでに、めっちゃ良かったです。

    モトクロッサーですから、セル無いので、キック始動のみですが、

    バッテリーレスインジェクションの場合、

    数回の空キックで発電した電気を利用したりするので、

    一発目のキックで掛からない事も多いんですが、

    空キックのつもりで、ゆっくりキックペダルを踏み込むと、

    アッサリとエンジン始動。

    まだ新しいとはいえ、この始動性はスゴイな・・・

    外観上のデザインでいうと、空車1Gの状態で、

    けっこうリアが下がってる見た目。

    ピーンと跳ね上がってる方がカッコイイかもしれないけど、

    乗るとさらにリア下がりな感じで、

    足つきとか良さそうなんですよねー。

    実際に難しいシチュエーションで試乗する訳にはいかないけど。

    何より、エンジンが良い。

    トルクの出方、パワーの盛り上がり、

    この両方が何か抜群に良い。

    モディファイ車の方は、さらに燃調と点火タイミングを変更していると言ってたけど、

    極低速がモディファイ車の方が少し扱いやすい気がしたけど、

    気のせいかもしれない。

    帰ってから、あんまり気になるもんだから、

    ホームページでチェックしちゃいましたもんね。

    確か、KXはデュアルインジェクターじゃなかったっけ?

    やっぱり、そうでした〜。

    これは唯一の装備じゃないかな?

    通常のスロットルボディーの位置と、

    もう一つはエアクリーナーダクト付近に装着されていて、

    燃焼室から離れてるらしい。ロードバイクみたい。

    インジェクターの穴の数も違ったりするみたいだし、

    この辺が低速のモリモリと高速のパワフル感に影響を与えるんでしょうね。

    セルが無いけど、始動性良い感じだし、何より軽いですからね。

    さらにリア18インチにサイドスタンド、サスモディファイまでやって、

    新車プラス4万だったかな?

    ピュアテックさんのKX250F-SEは、お買い得だなー。

    誰か注文しませんか?

     

    そして、ホンダ。

    今回、最も注目を集めてたかな?

    コレ目的の人も多かったであろう、

    新型のCRF250R。

    DOHC化され、デュアルエキゾーストに、何と言ってもセル装備。

    450RXみたいに、Xモデルの登場が期待されるけど、

    とりあえず、今の所はRのみ。

    JNCCでも試乗したけど、今回ももちろん試乗。

    スゴイ良いと高評価が多いんでしょうけど、

    個人的には、好みではなかったかな?

    エンジンがすごく回る印象で、かつフラットな感じ。

    パワー的には出てるのかもしれない。

    良い事なんだろうけど、体感が無いって感じ。

    モトクロッサーだから、必要ないでしょうけど、

    極低回転域のスロットル開くか開かないかの領域が、

    ちょっと扱いにくかった気がする。

    この辺は、KX250Fも少しだけ、そんな感じはするものの、

    気にならなかったし。

    逆にYZ250FXは、その極低速でのスロットル操作が

    物凄くやりやすい。

    まぁ、自分好みではないってだけだけど。

    450RXは、全く興味がないので、乗らずじまい。

     

    続いて、GASGAS。

    GASGAS乗るのは、超久しぶり。

    体制もガラッと変わって、心機一転って感じですね。

    2ストモデルのEC250と300とトライアル車がありましたね。

    トラ車は乗りませんでしたが、ECは両方乗ってみました。

    以前のイメージだと、けっこう強烈な、これぞ2ストって乗り味のマシンでしたが、

    そこは、さすがにだいぶ変わってる。

    それでも、キャブがPWKの38φという事で、

    エンジン回すと強烈。

    低回転域は、かなり排気デバイスで抑えてる感じ印象でしたね。

    違うかもしれないけど。

    これはどこも同じかもしれないけど、

    250と300だと、バランス的には300の方が扱いやすかったですね。

    300だと、エンジン回さずともガンガン速度乗ります。

    でも、250だと、少しエンジンが回る。

    すると、パワーバンドに入ると強烈な感じ。

    それと、振動がなかなか。

    でも、KYBのサスは、やっぱり良い感じでしたねー。

    もうちょっと新しい何かが欲しいかな?

     

    そして、KTMとハスク。

    ハスクは試乗できなかったけど、KTMは

    話題の2ストロークインジェクションの250EXC TPIと、

    4ストの250EXC−Fの2台とも試乗。

    TPIは、JNCCで試乗したので、今回で2回目。

    もう、これはやっぱり独特。

    昨年モデルからだけど、バランサーがやっぱり独特。

    振動が、すごく細かいというか、無い。

    代わりに、ブワっ、ブワってスロットル開けた時の、

    リアクションが少し鈍いというか、緩やかな気がする。

    良く言えば、マイルド。

    悪く言うと、ワンテンポ遅い。

    でも、すんごくキレイにエンジン回る。

    ストレートで開けた時に、後半の伸びがすごい。

    ピーキーでは無い。

    高回転に回った時の伸びは、いわゆるパワーバンドというのと、

    また何か少し違う。

    通常はチャンバーの脈動効果が高まるタイミングで、

    吸排気にも影響を与え、一気にパワーが盛り上がるんでしょうけど、

    インジェクションで強制的に燃料を噴射する関係か、

    そのタイミングなのか、

    今までの慣れたイメージと合わないからか、

    少しタイミングが合わない気がする。

    乗りにくい訳じゃないし、速くない訳でもない。

    すっごい不思議な感じ。

    キャブセッティングが完璧なマシンみたい。と言われてるけど、

    自分的には、何か完全に新しいタイプって感じですね。

    いやー、面白いねぇー。不思議。

    EXC−Fは、もうホント尖った所がなく、乗り易い。

    間違いないね。

    2台ともに感じたのは、昨年ガラっと外装が変わって、

    コンパクトな印象を受けるけど、

    シート高が高い気がする。

    それと、ステップのポジション。

    Betaが特に後ろ気味で低いからか、

    ものすごく高い位置にステップがあるように感じる。

    腰高なポジションにキュっと体を小さくして乗ってる感じ。

    これがまた、普段のとは違うから、違和感があるんだけど、

    乗りにくい事はない。

    色々違うねー。

    しかし、トラクションが良い。めっちゃ良い。

    リンクが無くて、このフィーリングなら、ぶつける心配もないから、

    リンクレス良いなぁー。すごいなー。

    ハスクは、またフィーリング違うんだろうね。

    乗れば良かったなー。

     

    そして、ヤマハ。

    YZ250FXとYZ125XとYZ250Xと健二さんのセロー250の

    4台が試乗車でした。

    でも、乗れたのはYZ250FXだけ。

    今回、特にKX250FやCRF250Rがあったから、

    FXは乗っておきたかったんですねー。

    少々大柄で、重たい。と思っていたFXですが、

    やっぱり良い、というか、すごく良い〜。

    KXやCRFと違うのは、メーカーがエンデューロ、クロスカントリー向けに

    作りこんでるからなんでしょうかね?

    それとも、元々の素性がそうなのか。

    先にも書いたけど、エンデューロなシーンでは重要だと思っているんですけど、

    特に初中級者は、スロットル閉じる事が多いと思います。

    その開け始めや、閉じるか閉じないか微妙なスロットル開度の

    部分で、抜群に良い!

    あ、でもEXC−Fも同じく良いですけど。

    そして、エンジンのパワーフィールというか、

    モリモリ感というのか、好きですねー。

    好みの問題だけど。

    その分というか、高めのギアでも走れるから問題ないんですけど、

    低いギアで引っ張ると、少しエンブレがキツめかな。

    今2ストに乗ってるから、余計にそう感じるだけかもしれないけど。

    でも、高めのギアでも走れるというか、コントロールしやすいのは、

    自分の好みだけど、良いですね。

    マスの集中と少し腰高な重心のフィーリングな感じなので、

    乗っている間は、ヒラヒラするんですねー。

    唯一は、その分転倒してしまった場合、特に深い角度で、

    倒れてしまうと、重たいけど、そこは仕方ないかな〜?

    以前、自分が乗っていたフサベルの前傾エンジンが少し似てるかなー。

    乗ってる間は、最高にヒラヒラするけど、倒すと重いって事が。

    試乗車だから、転倒して試してる訳じゃないけど・・・

    改めてだけど、FXは良いですねー。

     

    こうやって、今回もたくさん乗った訳ですが、

    JECブログにも書いてるけど、

    試乗しては、自分のクロストレイナーを乗ってを繰り返してました。

    おー、こんなバイクなんかー!

    じゃ、俺のは?

    という感じで。

    自分のマシンなのに、他の試乗車乗った後だと、

    妙に変なポジションのような気がしたり、

    やっぱりリバルビングしてるけど、サス柔らかなぁーとか、

    変な感じがして、面白かったですねー。

    でも、少し乗りこむと、

    おー、やっぱり自分のバイクは、めっちゃ乗り易いぞー。って。

    これは、同じような事言ってる人もいましたねー。

     

    いや、最高の1日だったなー。

    来年もあると良いなぁー。

    気に入ったマシンがあった方は、迷わずお店に相談しましょうね。

    ウブカタジャパンでもお待ちしております!

    長い独り言でした。

    おしまい。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする