プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KTM 250EXC-F 整備してみました!

0

    こんにちは。

    今回は、2012年モデルのKTM250EXC−Fの

    シックスデイズを整備です。

    レースもそれなりに参戦しているので、今回は色々やりましょう!

    こちらのマシン。

    さて・・・

     

    まずは、整備前に洗車。

    たまにはタンクなど、外装外して洗車してあげると、

    バイクも喜ぶはずですよー。

    キレイになりました。

    ヘッドカバー開けてみました。

    バルブクリアランスチェック。

    お、全然狂ってないぞ!

    ラジエターホースを傷つけて、クーラント少な目で、

    走っていたので、少々心配してましたが、カムシャフトとか

    傷もないねー。

    KTM系のエンジンの場合、

    クランクを上死点で固定できるロックボルトがあるので、

    作業もやりやすい〜。

    ヘッド取るのに、スロットルボディーなども外す訳ですが、

    フレームガード外したら、汚い・・・

    エアフィルターのオイルは少ないも良くないけど、

    塗り過ぎは、こうやって外に垂れてきますよね。

    特にKTMは、前にもありましたが、

    左側のカバーが外れるのと、サイドスタンドで傾いてるからか、

    塗り過ぎの車体は、この辺が汚れますね。

    前にもあったけど、KTMの場合は、シートレールを介して、

    バッテリーのマイナスがボディーアースしてるから、

    シートレールとフレームの連結ボルトは、

    固定する、といった基本的な要素とは別に、

    導通している事が大事なので、気をつけましょう!

    カムシャフト取れました。

    こうやって見ると、スッキリしてますなー。

    ヘッドもシリンダーも取れました。

    おー、カーボンいっぱい。

    ピストンもカーボンビッシリ。

    でも、ピストン自体はキレイそう。

    ヘッドキレイに。

    バルブも頑張って、キレイに。

    ピストンもキレイになりました。

    今回は、トラブった訳でもないので、

    チェックの意味も込めて、リングやステムシールなど、

    部分的な消耗品交換とお掃除のみ。

    スロットルボディーも簡単にお掃除済み。写真撮り忘れたけど。

    次は・・・

    今度はクラッチカバーを外します。

    ボルトがいっぱいで、長さも違うので、

    段ボールとかにザックリ形書いて、場所が分かるように。

    やんなくても、だいたい見れば分かるんですけどね。

    ウォーターポンプのベアリングとシールを交換。

    最近のは割りと長持ちするけど、前はよく漏れちゃいましたよね。

    クーラント入ってないで、エンジン回しちゃったので、ついでに交換です。

    シールもね。

    こちらも定番ですが、ドライブスプロケットのシール交換。

    何となくだけど、2ストの方が漏れやすい気がする。

    KTMの場合、さっきのウォーターポンプもそうだけど、

    こういうパーツがリペアキットで販売されてるから、

    助かりますね。キットパーツになってるのは、

    基本バラで購入するより、価格も安いし。

    エンジン回り完成!

    一旦、形にして、エンジン始動チェック。

    うーん、確認しながら作業してるけど、緊張ですなー。

    よし、問題なし。

    始動性が良くなったかな?

    続いては、車体回り。

    この車体は最初に自分が触った訳ではないので、どうかな?

    汚れてるけど、錆は無さそう。

    キレイにして・・・

    グリスアップ。これで、またしばらく安心。

    ボルトもキレイにして、スレッドコンパウンドヌリヌリ。

    キャリパー回りも清掃&グリスアップ。

    長く乗ってると、スライド部分のゴムブーツが、

    破れてたり、ブカブカになってる事も。

    こういう時にチェック。

    あらー、ホイールベアリングけっこうキテルかな?

    でも、動きは悪くない。

    今回は、グリスアップのみ。

    今度交換かな?

    フロント同様に、リアキャリパーもね。

    今度は、リア回り。

    お、シャフト固着してるぞー。

    危ないねー。

    リンクレスだから、整備は楽チン。

    でも、リアショックの付け根になるハイムジョイント(ブッシュ)は、

    消耗品ですからねー。

    基本、ここはグリスアップとかするな。と書いてあります。

    何か、コーティングしてるんかな?

    でっかいピロボールみたいなやつですけど、

    酷いと、カタカタしてますよ。

    今回のも、ゆるゆるです。

    交換完了。

    新品は、動くけど、キツキツです。

    スイングアームのベアリングは、平気でしたね。

    シャフトはヤバかったけど、こちらはグリスアップで、問題なし。

    まぁ、シールは交換したいけど、リップも破れてないし、そのまま。

    スイングアームを外してるのもあるので、

    スライダーなども新品に交換。

    チェーンの状態に大きく左右されると思いますが、

    けっこう減りますね。

    スライダーも。

    本当は、真ん中が突起状に飛び出てるけど、

    減ると、2本レールみたいに。

    最悪、穴開いて、スイングアームにも穴ってなるので、要チェックです。

    チェーン引きのボルトもキレイにして、カジリ防止。

    同じ作業ばっかりしてる気がするけど・・・

    フルードも交換。

    リアブレーキは、このキャップ部分は、けっこう汚れてますよね。

    クラッチフルードも交換。

    あれー、何かレバーがカタカタする・・・

    ARCレバーに交換してますが、

    純正レバーのカラーを移植するの忘れてるみたいでした。

    そりゃ、カタカタするな。

    何かの時用に、折れたレバーを取っておいたので、

    そこからカラーをGET。

    こうやって、たまーに、活躍する事があるので、

    物を捨てられないんですねー。

    だいたい出来たぜー。

    と、いったところで、リアの外装をバラそうとしたら、

    このシートレールに刺さるナットとなるやつが固着してて、

    ボルト折れた・・・

    キィー、ムカつく!

    あと、ちょっとなのに、パーツ注文ですよ。

    何気に、ここ左右品番が違うんですよねー。

    さすがに、こういう特殊なやつだから、代用できないし。

    新品来てから、交換です。

    そして、完成!

    バラシて、掃除してるのもあるけど、

    キレイになりました。

    また、これでレースでも頑張れるでしょう!

    さすがに、時間掛かったなぁー。

    ご依頼、ありがとうございました!

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする