プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

YZ125X 納車整備!

0

    こんにちは。

    随分前と、ちょっと前にYZ125Xを整備しました〜。

    やっぱり新車は良いですねー。

    今年は青リムなYZシリーズ。

    レースやってみたい〜とか、

    レーサーを初めて買ってみる〜とか、

    そんな方に本当、オススメですねー。

    新車で購入すると、そりゃ、そこそこなお値段しちゃいますけど、

    外車に比べたら、やっぱりお手頃ですよね。

    部品も国産メーカーだから、安いので、維持費も財布に優しいし。

    何より、新車で2スト125佞箸いΕ┘鵐肇蝓爾淵泪轡鵑

    販売し続けてくれるヤマハさんに感謝ですね。

     

    毎回同じような写真ですけど、記録の意味も込めて。

    さて・・・

     

    基本となるのは、各部のグリスアップですね。

    リアブレーキ回りから。

    スライド部分のグリスアップに、

    スライドピンの焼き付き防止。

    ニッシンのは、特にメクラキャップが取れなくなりますからね。

    続いて、リンクやスイングアーム回り。

    メーカーの組立の際にもやってあるけど、ちょっと少ないからー。

    シャフトに塗ってないんですよねー。

    ベアリングで受けてるから、シャフトは回らないんだけど、

    実際には抜けなくなりますよねー。特にスイングアームが。

    リアショックの先端とかも。よく錆びるし。

    国産モデルは、信用してるので、中身はノーチェック。

    あとで、調整はするけど。

    ホース類を2本は上に引き上げ。

    残りは、割り斜めカットして、割り入れ。

    泥詰まり防止ですね。

    ヤマハさんに限らず、国産モデルは、基本モトクロッサーなんで、

    チェーンガイドに石や丸太がハードヒットする事は想定してないから、

    金属枠のタイプを使っていますが、

    転ばぬ先の杖的に、社外のオール樹脂製に交換です。

    アチェルビスが多いかな。

    お手頃だし、下側だけ後でも交換できるので。

    お約束のチェーン引きもカジリ防止。

    ホイールベアリングとシールの間にもグリス詰め詰め。

    ヤマハ系のこのリアのカラーは、良いですよねー。

    スイングアームにホイールセットする時にも、

    面取りしてあるから、やりやすいし、

    ダストシールも露出しないから、良い感じ。

    フロントキャリパーもリア同様に。

    これも転ばぬ先の杖的な、フロントフォークの

    ボトムのガード。

    KYBのフォークは、このボトム部分が少々薄いです。

    ハードヒットさせて変形してしまうと、分解する時に大変ですからね。

    実際に分解できなくて、余計な手間が掛かったことあるし。

    す手無回りもグリスアップ。

    モリモリ詰めます。

    リアに対して、フロントホイールはイマイチ。

    なぜかベアリングをオープンタイプを使うので、

    寿命が短いですよねー。

    コストダウンなんかなー。

    予防の為に、こちらもグリスアップ。

    泥詰まり防止にチェーンカバーを社外品に交換。

    今回は、新しいのかな?

    ZETA製のやつ。

    YZ125Xは、見た目がグレーのプラスチックだから、

    こっちの方がカッコイイねー。

    フロントのマスターに固定するブレーキホースの部分。

    ホンダ系のニッシンだと、前じゃなくて、後ろ側から

    ブレーキホースを固定するけど、

    ヤマハ系のニッシンは前方でホースを固定する。

    回り止めの突起があるけど、少し隙間がありますよねー。

    締め付ける時に、ある程度位置が決められる訳だけど、

    普通に締めると、赤い丸の部分、上側に隙間ができる。

    よくありますが、転倒した際にホースが上側に押されると、

    緩む方向になってしまい、

    フルードが漏れて、ブレーキスカスカになるんですよねー。

    レース中だと、これ厄介。

    なので、あまりオススメもしないけど、

    ちょっと緩めて、締め直し。

    ワッシャーが・・・とか、エアが噛む・・・

    なんて気にする人は交換しましょうね。

    ホースをこれ以上、緩み側に回らないように隙間を無くして、

    固定しちゃります。

    すると、今度は逆の下側に隙間が出来ますね。

    まぁ、気休めですけどね。

    今回は、お客様に了解を取って、

    奮発したラジエターガードを初投入。

    いつもは、エンデューロエンジニアリング製の物を使いますけど、

    バレットプルーフというブランドの物を用意。

    ちょっと、お高いんですよねー。

    めっちゃ丈夫と評判なのですが、

    それもそのはず。

    これ、削り出しなんですねー。

    型抜いて、プレスして、溶接とかの成型じゃなくて、

    削りですよ。削り。

    厚みも分厚いしね。

    そりゃ、高いね。かなり削った際にゴミが出るから。

    取り付けると、こんな感じ。

    前方のみとなるけど、

    ゴツイ枠でラジエターと合体するから、

    そりゃ、丈夫だー。

    ただ、ガード側を少し変形させて・・・取付。

    なんて事ができないので、

    新車時の装着、もしくは、ラジエターの形がキレイな状態じゃないと、

    取付自体、困難かな?

    けっこう走ってると、暴れてしまうサイドスタンドのゴムも

    DRC製だったかな?のやつを取付。

    まぁ、チューブとかを使って、ゴムバンドになってれば良いんですけどね。

    せっかく新車ですから。

    ハンドガード装着したり、アンダーガード付けたり、

    デカール貼ったり、フレームガード付けたり、

    ちょこちょこ細かいのやって、完成!

    おー、カッチョイイ〜。

    似てるけど、違う方のマシン。

    こっちの方が前に作業したやつだけど。

    こんな感じでやっております。

     

    YZシリーズは、12月10日だっけ?

    までが、予約可能な期間となっておりますよ。

    納期は少し掛かるだろうけど。

    良かったら、ぜひ!

    ウチの子供にもYZ買ってやりたいなー。

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする