プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JNCC最終戦の爺ガ岳AAGPに行ってきました!

0

    こんにちは。

    先日、長野県の爺ガ岳スキー場で開催された

    JNCCの最終戦となるAAGPに行ってきました!

    早いもので、JNCCももう今シーズン終わりましたねー。

    AAGPは、本家GNCCから超速いライダーが参戦してくれるので、

    いつもとは、違う楽しみもありますね。

    が、今回ウブカタジャパンからは、参戦が少ない・・・

    まぁ、怪我したり、プライベートでバタバタしてたり、

    JECの最終戦もあるし・・・と、まぁ色々ありますね。

    爺ガ岳は、みんな何度も走ってますからね。

    AAGPは、何だか恒例になった?

    ワイルドクロスなるリレーがあるのですが、

    なんと、ウブカタジャパンメンバーの若手ライダーがメディアチームの

    riderチームの一員として参戦!

    チームメンバーには、なんとGNCCからのゲストライダーなリッキーがっ!

    レディースモトクロスな畑尾選手がっ!

    エンデューロ界の大御所な楽さんがっ!

    もちろん編集長なミカミさんも。

    あ、あとベンちゃんも・・・

    さて・・・

    そんなワイルドクロスですが、

    参加メンバーがいなかったのか、自分にも声が掛かり、

    関東Cチームで参戦する事に。

    前日走るの雨だったら、嫌だな〜とか、言ってたせいか、

    ワイルドクロスはバッチリ雨のレースとなりました。

     

    関東Cチームも、かなりのライダーが揃っていて、

    AAライダーのレン君にマチャがいたり、

    FAクラスのチャンピオンなS井君がいたり。

    他のチームも選抜っていうぐらいなので、速いライダーがいっぱい。

    雨でテンションがダダ下がりでしたが、

    何か2位になったみたいです。

    ついにホタテキャップでトラックに登る事ができました。

     

    そんなワイルドクロスが無事に終ると、雨が止みました。

    今回、実は子供が最近オフロードにヤル気を出して、

    河原で何度か一緒に乗りました。

    思ってた以上にスルスル走るので、レース出る?と聞くと、

    出るっ!とか言うので、久しぶりにJNCCに一緒に連れてくる事に。

    フサベル時代は、まだ小学生で、たまに連れて来てたので、

    会場では子供を知っている方にご挨拶。

    AAGPのタイミングでは、各社新型モデルが試乗できる事が多いので、

    個人的には試乗会を楽しみにしていました。

    子供も色々乗ってみたいと同じく楽しみに。

    雨が上がってくれたので、ラッキーでしたねー。

     

    試乗車とはいえ、転倒したら申し訳ないと思いながらも、

    気をつけて乗るように子供に伝え、色々乗る事に。

    途中で止まったら困るので、自分もタイミングを合わせて、

    一緒に試乗コースを走ります。

    YZ125Xに、YZ250FX、BetaのRR2Tにクロストレイナー、

    KTMの250EXC-Fと、フルサイズのレーサーを試乗です。

    16歳とはいえ、免許もあるので、乗るのは問題なし。

    今は、CRF100Fを乗らせていますが、少々小さいんですよねー。

    すでに、自分の身長を越えて170僂阿蕕い△蠅泙垢らね。

    試乗コースとはいえ、アップダウンもあるし、

    乗り慣れないフルサイズで心配してましたが、

    子供は慣れるのも速いですねー。

    何か普通に乗ってました。

     

    でも、KTMの250EXC-Fは、パタっと立ちゴケみたいのをやりましたけど。

    申し訳ありません。

     

    あんまりフルサイズのレーサーを気に入られても、

    父ちゃんの財布がなー。

    まぁ、YZ125Xが理想だなー。なんて勝手に思っていたけど、

    何か4ストの方が乗り易いらしい。

    FXが良いなーとか言ってやがるし。

    もしくは、父ちゃんのベータがいいなぁーと。

    16歳でベータ乗ってるのは、トライアルの選手ぐらいだろうね。日本だと。

    本人は、随分と楽しかったようですが、

    けっこう乗ったので、お疲れの様子。

     

    自分は?というと、

    やはり、今回1番楽しみにしていたのは、

    コレですよねー。

    ホンダの新型なCRF250Rですね。

    DOHCになったエンジン。

    しかも、セル付き!

    当然、本当はこれのエンデューロ、クロスカントリーモデルな

    CRF250RXとなってくれるのを期待しての話ですけどね。

    さすがに試乗は並んでいましたが、

    直前まで雨でしたからね。

    予想していたよりも待つ時間は少なく試乗できました。

    450Rもそうでしたが、今回の250Rもチタンタンクなんですねー。

    ゴイスーですね。

    エンジンがDOHCとなりましたが、

    車体のコンパクトさは、さすが。

    かなり小さくてスリムです。

    当然、セルがありますので、始動も楽々。

    正直、普段乗っている訳ではないので、

    前モデルから比べると、どうのこうの、というのは分からないんですが、

    テクニクスさんが2016年かな?のCRF250Rのサスペンションモディファイ車の

    試乗車もあったので、そちらも乗ってみました。

    エンジンは、新型は明らかにパルスが細かく、スムーズに高回転まで

    回りますね。

    みんなパワーがある!と言っていたけど、

    すんごいスムーズに回るもんだから、自分はあまり、そうは感じませんでしたね。

    回しやすいのと、高回転をキープしやすそうだな。と。

    まぁ、出来ませんけど。

    CRFシリーズは、自分の印象だとエンジンがスパンっと止まりやすいイメージですが、

    止まりにくい感じになったかな?

    と思いつつも、他の試乗車ではエンジンが止まる事がなかったのに対し、

    CRFは2回エンストさせちゃいましたね。

    何とも言えませんけどね。下手なだけかもしれないし。

    いやー、でも、これで18インチにサイドスタンド付きな

    RXが出てくれると、一気にマシンが増えそうですよねー。

    時期的に今年は無いのかもしれないけど、

    今後に期待ですね。

     

    それと、もう2台ほど気になるマシンが。

    写真撮り忘れたけど、KTMの150XC-Wと250EXCにも乗る事が出来ました。

    150は、今まで150XCが日本に入って来てて、

    それは何度も乗った事があるんですが、

    新型のエンジンになってからは初。

    XCがリンク付きなのに対して、XC-Wはリンクレスなんですよね。

    しかも2017年からは、150はセル付きになりましたからね。

    とても魅力的なマシンです。

    やっぱり軽い。そりゃ、YZ125Xとかの方が軽い訳ですが、

    セル付きで、ちょっと排気量にも余裕のあるマシンが、

    この軽さなのは、初中級者には、物凄いアドバンテージだと思います。

    しかも、低速のフィーリングが今までの違って、

    さらにフラットかつ、スムーズにエンジンが回りますね。

    高回転域のパンチ力という面では、少し物足りないかもしれない。

    とはいえ、ちょっと回し切れてないだけかもしれないけど。

    これは、良いなぁー。

     

    そして、ようやく、待望の2ストインジェクションな250EXCに乗る事ができました。

    今回のは、シックスデイズモデルでしたね。

    昨年モデルからですが、バランサーを搭載したエンジンは、

    2ストとは思えないエンジンフィーリング。

    すんごいスムーズです。

    これがインジェクション化によって、さらに良くなっているのかは

    分かりませんが、不思議な感じ。

    キャブ車と乗り比べても、きっと分からないんでしょうけど、

    いつでも、どこでも、この調子良い感じで走れるんでしょうね。タブン。

    まぁ、キャブでも、そんなに困った事はないんですけど。

    同時にキャブ車と乗り比べた訳ではないので、

    ハッキリとは言えませんが、

    回転はとてもスムーズに上昇しますが、

    低回転域でのスロットル操作とワイドにスロットルを開けた時で、

    ちょっと差がある、というか、やはりリニアな感じですね。

    キャブだとワイドに開けても、ほんの少し一瞬タメがあるような

    感じですが、一気に開けた分に反応する感じですかね。

    しかし、ちょっと矛盾する感じですが、

    キャブだと低回転域でバッバッと少しスロットルをあおると、

    ボアっボアっとトルクでグイグイ行く感じですが、

    インジェクションのこのマシンだと、その感じが薄く、

    スーっ、スーッと行く感じ。

    この感じは、昨年のモデルも同じで、

    キャブがミクニになり、口径が大きいから?

    インジェクションの場合は、スロットルボディーの口径となるんでしょうけど、

    そういう影響なのか、セッティングでそうしているのか?

    どっちが良いのか、好みのような気もしますが、

    その辺が違うかな?

    正直、個人的には2ストはシンプルな造りが良いと思っているので、

    色々と複雑になっていると思われるインジェクションは、

    どうなんだろう?と思いつつも、

    こういう新しい技術を市販車に採用し、販売してくるKTMは、

    さすがですねー。

    こうやって、どんどん進化していくんでしょうね。

    試乗させてもらって、嬉しい限りです。

     

    長くなっちゃいましたけど、

    もちろんBetaも試乗。

    改めて、RR2Tとクロストレイナーを比べると、

    RR2Tは、パワーありますね。

    知ってたけど、クロストレイナーはパワー落としてるので、

    登りの車速の乗り方が違うのね。

    やっぱりRR2Tも良いなぁーと思うし、

    2018年の新しいのは、特にサスペンションが良くなってる感じですね。

    特にフロントが、今までのザックスだと、

    コツコツとした感触があり、頑張ってる時は良いんですが、

    そうでない時に少し弾かれる印象がありましたが、

    そういうのが無くなった感じです。

    良く言えば、今までのはフロントが軽く感じられていた訳ですが、

    新しいのは接地感が増した感じかな。

    正直、クラッチが新しくなってるんですが、そこは分からず。

    早く、RRの125が来て欲しいですねー。

    この足回りで、さらに軽量なマシンに仕上がってるんでしょうから。

     

    夜はペリカンさんに混ぜてもらい、宴会を楽しみ、

    さすがに寒いので、いつもよりは早目の撤収。

    翌日のレースに備えます。

     

    長くなりますが、一気にレースのお話も。

    いつも違い、朝イチのキッズ&トライに子供が参戦なので、

    いつもより早起き。

    子供の用意はもちろん、先に自分の用意もしておかないと、

    トライの後にすぐに自分もレースですからね。

    グリッドに並ぶ子供。

    あら、回りは大人でフルサイズレーサーが多いですねー。

    ヘルメットタッチスタートは教えたけど、事前に練習するの忘れた・・・

    まぁ、スタートから頑張らなくてもいいですからね。

    いざ、スタート!

    イン側は混むし、転倒するかもしれないから、アウトから行けよっ!

    とアドバイスしたけど、

    スルスル〜と前に抜け出し、

    2コーナーを過ぎたら、5番目ぐらい。

    しかも、けっこうアクセル開けてる。

    頑張り過ぎじゃないかー。心配だぞー。

    当然、その後の長い登りで、ゴボウ抜きされてた。

    まぁ、これで逆に冷静に走れるかな。

    心配してたけど、順調に戻ってきて、そのまま周回。

    お、これはグルグルじゃないかな?

    バイクが小さいですねー。

    ちょっと窮屈だな。

    やっぱりフルサイズかな〜。

     

    心配だから、最後まで・・・と思いつつも、

    自分もレースだし、順調に回っているので、

    パドックに戻り、自分の準備開始。

    いやー、忙しいですね。コレは・・・

     

    自分のバイクをエンジン掛けると、掛かるには掛かるが、

    何か調子悪い。

    アイドリングしない。

    普段は、すぐにアイドリングするのに。

    寒いからかな?

    と、思い暖気するも、やはり止まる。

    しかも、何か吹け上がりもおかしい。

    今回もベータモータージャパンさんと一緒だったのですが、

    自分の用意も完全じゃないので、キャブ触るか迷っていたら、

    マシンチェックしてくれる事に。

    助かります〜。

    スロージェットをチェックしてもらい、

    再度組み付け。

    おー、アイドリングするぞー。吹け上がりも治った。

     

    何だろうねー。

    前日のワイルドクロスの時には、問題なかったと思うんだけど。

     

    そうこうしてると、子供も戻ってきた。

    どうだった?と聞くと、

    簡単だった。一度も転ばなかったし。

    でも、登りは登らないよー。一回やり直したし。

    との事。

    余裕じゃないか。

    まぁ、今回はコース簡単そうだったし、何よりコンディション良かったからな。

    次回は、もうFUNクラスで良いかな?

    まぁ、同じレースに出るのも気になってしまうのですが。

     

    よーし、じゃ父ちゃんが表彰台に乗るところを子供に見せちゃうぞ!

    と、意気込んでスタートラインに。

    もう、とっくに整列終わってるし・・・

    2列目からじゃ、スタート厳しいなぁー。

     

    そして、レーススタート。

    まぁ、当然前に出れる事もなく、中盤に埋まる。

    しかし、皆スタート直後というのに、元気が良いですねー。

    めっちゃルーストを浴びせられ、ついついスロットルを緩めてしまう。

    あらー、ガンガン抜かれてしまうよー。

    1周目は、どうしても慎重になってしまうので、

    とりあえず様子見で、周回。

    2周目からは、前後の車両の間隔も開くので、徐々にプッシュして、

    抜いていきます。

    が、FUNクラスのコースの一番上まで登る長い登りで、

    前走者を避けた時にふらつき、転倒しなかったものの、

    Uターンしちゃいました。

    少しガレていて、登りだけど、リスタートできるだろ?

    と、走り出すと、全く進まない。

    あれ?

    やべー、リスタートできない。

    せっかく抜いた同じクラスのライダーに抜かれるし〜。

    慌てて、横向きにリスタートしようとしても、

    次から次に後続のライダーが来るので、なかなかリスタートできず。

    参ったなー。1分ぐらいロスしたかな?

     

    抜かれたライダー達は、何とか追いついたものの、

    前方の集団とは、けっこう差がついてしまったかもしれない・・・

    その後は、順調に走るも、順位がなかなか上がらない。

    ありゃ、これは厳しいなー。

    コースコンディションは最高な感じですが、

    ゲレンデの下の方は、掘れに掘れます。

    ワダチに上手く入れられず、転ぶし・・・

     

    なかなか順位を上げられずにいると、

    前方に見覚えのある後ろ姿を発見。

    お、ヤッシーさん発見!

    サクっと、パッシングに成功。

    が、後ろについてるんでしょうねー。

    直線ですぐに抜き返される。

    あー!

    久しぶりのバトルな感じです。
    速度が落ちるガレ場や、ウッズで自分が抜き、

    速度が上がるストレートで、抜き返される。

    けっこう繰り返します。

    そのおかげか、順位も少しアップ。

    もうレースも終盤です。

    毎回ロックンロールリバーの下りで、自分が前に出ていたのに、

    ヤッシーさんが気合入れたのか、ここで前へ。

    ウワッ、やべー。

    このまま前で行かれたら、

    その後抜き返すのは、難しいぞ〜。

    と、思ったら、転んでくれました。

    よーし!競り勝ったぞ。

    タブン、これでL1が出るから、逃げるのみ!

    と、思ったら、チェッカーでした。

     

    ヤッシーさんとのバトルには勝ったものの、

    FUN−Bクラスで14位・・・

    入賞目指してたのに、全然届かず。

    前回のパンクした爺ガ岳より、順位悪いんじゃないか。

    ミスしたものの、そこまで悪い感じじゃなかっただけに、

    残念ですねー。

    皆、速くなってんだなー。

    ガックシ。

     

    自分のレースも終わったので、後は観戦とBetaピットお手伝いのみ。

    チャンペとペリカンさんが、COMPに参戦です。

    頑張ってねー。

    AAライダーの整列も完了!

    超最高の秋晴れですねー。

    そして、スタート。

    速いなぁー。

     

    レースの方は、予想通り、ゲストライダーのリッキー選手が

    圧倒的なスピードを魅せてくれます。

    追う小池田選手も、単体で見ると、相当速いんですけどねー。

    リッキー選手は、さらにその上を行ってるんですね。

    どんどんリードを広げていきます。

     

    レースも中盤に差し掛かり、Betaのピットも慌ただしくなります。

    それぞれのライダーの給油も終えたので、

    お仕事もひと段落。

    子供と一緒に少しコースを歩いて見て回ります。

    ロックンロールリバーやゲレンデだけでしたが、

    リッキー選手を中心に観戦です。

    何なんですかねー。あの速さは。

    超ガムシャラに、って感じはしないけど、

    スムーズかつ、思い切りの良いラインディングです。

    子供には、あれぐらい走れるようになったら、

    プロになれるぞ!と教えておきました。

     

    最終的には、やはりブッチギリでしたねー。

    レース終盤には、COMP-Rで初参戦?のBetaライダーな

    新沼選手が、まぁ、ちょっとクラスちがうだろーな感じで、

    ブッチギリだったのに、まさかのスローダウン。

    バイク押してるし!

    どうもタイヤがパンクしたのか、外れたみたい。

    もうチェッカー振られてる時間でしたが、

    PITのすぐ近くまで来ていたので、

    ピットでホイール交換。

    何かプラグコードも切れてる、どうやったら切れるのか分かりませんが、

    エンジン掛からずなので、PITから懸命にゴールまでバイクを押します。

    タイヤの外れたホイールよりはマシですが、

    わずかなゴールまでの距離が遠い・・・

    何とか押してチェッカーを受けましたが、

    残念ながら優勝は逃しちゃいましたね。

    ピット目の前で転倒したけど、良い写真は間に合わず。

    そんなチャンペは、シッカリと8位で入賞でした。

    やっぱり、やるなー。

    でも、もうちょい上を目指せるな!

     

    今回は、コンディションも良くて最高だったJNCCでしたが、

    自分の成績がイマイチで、ちょっと残念なAAGPでした。

    これで、JNCCはシーズン終了ですね。

    早いもんですねー。

    これで、自分のレースは、JECのSUGO2DAYSを残すのみとなりました。

    JECは全戦参戦してますからね。

    最終戦は、このJNCCのようにイマイチな走りはしないように

    頑張るぞ!

     

    おしまい。

     

     


    コメント
    コメントする