プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Sherco 125SE-R に乗ってみました!

0

    こんにちは。

    もう随分と前の話になってしまいますが、

    10月1日に山梨のクロスパーク勝沼で、

    JNCCのAAライダーかつ、JECのIAライダーである

    石戸谷 蓮選手が主催で、クロスミッションVol2が開催されました。

    自分もXXXクラスに参戦した訳ですが、

    もうブログで書く内容が無い程の惨敗っぷり。

    全く良い所無しで、フレアラインヒルという難所のヒルクライムに

    辿り着く事すら出来ず・・・

    ブログにアップすらしていなかったのですが、

    そういえば、お昼の試乗会でShercoの新型モデルとなる

    125SE−Rに試乗させてもらっておりました。

    せっかくなので、チラっとその事でも。

    マO君がシッカリとお客様に説明をしてましたよー。

    さて・・・

     

    Shercoといえば、Beta同様に元々はトライアルで有名な

    メーカーですね。

    同じくして、エンデューロにも力を入れて、

    昨年はオーバーオールでマット フィリップスがチャンピオンを

    獲得したのも記憶に新しいところです。

    まぁ、今年はBetaのスティーブ ホルコムがチャンピオンですけど!

    そんな事はさておき、

    日本においては、4ストのイメージが強いかもしれませんね。

    SE-F250とか、300とかの4ストですね。

    2ストの250もありますが、

    インジェクションになる!とウワサされていましたが、

    先伸ばしになっているようですね。

    そこに来て、今回の2スト125が先にデビューしてきました。

     

    なかなか試乗する機会がなかったのですが、

    乗った事のある方の話では、とても評判が良くて、

    とても気になっておりました。

    と、いう訳で、ようやくチャンスが巡ってきましたねー。

    先日の日高でも、この説明しているマO君と同じ組で一緒に

    走った訳ですが、最近めっちゃ速くなってしまい、

    もう全然かないません。

    最終戦次第ですが、来年はIAかな?

     

    シェルコはSTDだったり、レーシングだったり、SIXDAYSモデルだったり、

    ファクトリーと、色々とグレードがあるのですが、

    このSE125は、STDモデルがなく、レーシングとSIXDAYSモデルのみみたいです。

    ファクトリーも出るのかな?

    それぞれの仕様の違いは、主に足回りで、

    後は排気系がアフターパーツメーカーの物にチェンジされていたりするようです。

    これは、SE125-Rで、前後サスペンションがWP製ですね。

    フロントフォークは、KTMと同様で新型のエクスプローラーが搭載されています。

    シェルコの2ストエンジンの大きな特徴としては、

    排気デバイスが電子制御タイプを使っている事ですね。

    シリンダー横に見える黒いカバーがそれで、

    おそらくエンジン回転数やスロットル開度から判断して、

    モーター駆動で排気デバイスをコントロールするタイプです。

    ロードバイクではお馴染みでしたね。

    NSRのRCバルブとか、TZRのYPVSとか。

    メインキーをONにすると、ウィーンって音がしてたやつです。

    このSE125-Rも同様で、鍵ではないですが、

    メインスイッチがありまして、

    そいつをONにすると、同じくウィーンと音がします。

    マップの切り替えスイッチも付いていて、

    それを切り替えてもウィーンします。

    エンジン掛けてなくてもモーター動く訳で、

    バッテリーを搭載してるんですね。

    さらに、バッテリーを搭載してる訳で、

    こちら125佞裡殴好肇皀妊襪任垢、セルモーターを標準装備です。

    125のエンデューロレーサーで、セル標準装備なのは、

    シェルコが唯一でしょうね。

    セルモーター搭載を前提に設計されている事から、

    ベータ同様にクランクケース下にモーターがあるようです。

    この辺の仕組みは似たような感じでしょうね。タブン。

     

    で、乗らせてもらいました。

    サスペンションは、KTMでも評判が良いエクスプローラーですから、

    シットリと接地感があるもので、良いですねー。

    Betaのザックスやクロストレイナーとは全く違う印象です。

    エンジンですが、パワーある感じがしました。

    スロットルが軽いというか、エンジン回転がすごくスムーズな感じです。

    レスポンスは、もちろん良いのですが、キレイに回るって感じですね。

    KTMやBeta、YZなんかもそうですが、

    これらは排気デバイスをエンジン駆動から機械的にコントロールしています。

    基本排気デバイスはスプリングに押される形で閉じた状態ですが、

    エンジン回転が上がるにつれ、遠心力でアームがスプリングを押していき、

    その力に負け始めるとデバイスが開いていく。そんな感じ。

    回転する軸というか、ギアを回す、

    さらにはアームが接触する部分の抵抗だったり、

    スプリングを押しのける部分でのパワーロスなど、

    おそらく、パワーロスしているんでしょうね。

    2ストの250や300などでは、そもそもパワーがあるので、

    多少のロスは分かりにくいかもしれませんが、

    125佞世函△修譴蕕離蹈垢魯丱にならないのでしょう。

     

    そういう意味で、排気量以上にパワーがあるように感じます。

    またモーターで排気デバイスを任意に動かせる訳で、

    そういった意味で排気効率もより良いのではないでしょうか?

    マップスイッチもそういう意味では、劇的に変化すると思います。

    今回試乗した時も試しましたが、ちょっとだけだったので、

    分かりづらかったですが、3馬力だっけかな?

    パワーも違ってくるようです。

     

    サイレンサーから出る排気音に比べ、すごく力のある印象でしたね。

    シェルコから話が逸れますが、

    TMも排気デバイスは電子制御タイプで、同じようにワイヤーケーブルで

    駆動するタイプでしたね。

     

    軽量、コンパクトなのは、シェルコも得意とする所だし、

    125佞裡殴好箸妊札襪標準装備なのも、すごく嬉しいですよねー。

    Betaも今度RRシリーズで125佞登場する予定ですが、

    そちらはセル搭載が可能のようですが、

    標準搭載ではないみたいですからね。

    125佞覆薀ックオンリーでも構わない人も多いと思いますが、

    セル付きに慣れてしまうと、あった方が良いですもんねー。

     

    そんな感じでしたねー。

    あまり参考にはならないかー。

    まだ販売した事ないんですけど、

    取扱いは出来ると思いますので、良かったら、ぜひ〜。

     

    まぁ、良い事ばかり書きましたけど、

    電子制御の排気デバイスは、ケーブルでコントロールしている訳で、

    それらケーブルはクラッチケーブルやスロットルケーブルのように露出しています。

    クラッチケーブルが使っている内に重くなり、

    交換するとクラッチが軽くなる(正確には正常に戻る)訳ですが、

    同じ事が言えますね。

    ロードバイクなら、まだしも、高圧洗車機で何度も洗いますから、

    ケーブルの動きなどは長く乗ってくると気にしたい所かもですね。

    大した力で動く訳はないと思うので、

    ケーブルの伸びなどは少ないと思いますが、

    ケーブルには調整機構がありますから、

    それらが適正でなければ、排気デバイスが正常な位置にいない事になります。

    NSRやTZRでも、調整したりしましたからねー。

    あれは、全開調整だったかな?

    モーターで駆動してますから、それらには必ず電気配線もあるので、

    その辺もちょっと気にはなりますが、

    そんな事言ってたら、どれも同じなんですけどね。

    そういう意味では、エンジン駆動を利用した機械式のタイプは、

    基本露出しませんし、エンジン内部ですからね。

    排気バルブ近辺はカーボンの付着とかありますが、

    それは同じですからね。

    エンジン内部のパーツに関しては、オイルで潤滑されていますもんね。

    信頼性という意味では、とても高く安定しているとも言えます。

     

    どちらにもメリット、デメリットがある訳ですが、

    新しい車両には、やっぱりワクワクしますよねー。

    シェルコのSE125-R、1台いかがでしょうか?

     

    個人的には4スト125佞凌靴靴ぅ肇薀ぅ▲觴屬

    EICMA(ミラノショー)で、発表になったみたいですねー。

    欲しいのぉー。

     

    BetaのRR125も超気になりますけどね。

    早く詳細情報出てこないかなー?

    こちらもミラノショーでデビューしてるようなので、

    気になりますね。

     

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする