プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KTM フリーライド250 セル回り整備など!

0

    こんにちは。

    今回は、KTMのフリーライド250(2スト)の修理です。

    前回、ブレーキ回りを整備した車両とは、また別の車体ですけど。

    このマシン。

    何やら、セル回りのトラブルでエンジンが始動できないらしい。

    セルモーターが、すでにダメだったようで、手持ちの予備?に

    交換して、色々やったみたいだけど、

    クランキングしないとの事で、ご依頼いただきました。

    まぁ、このKTM系の後付けセルモーターのタイプは、

    そこそこマメに整備してあげないと、へそ曲げてしまうやつですからね。

    どれどれ・・・

     

    この後付けセルモーターのタイプは、

    セルモーターからフライホイールを回転させるまでに、

    駆動させるギアが多く、かつグリスでの潤滑のみ。

    という構造ですから、

    4ストみたくスタータークラッチなどエンジンオイルで、

    潤滑されてるタイプとは異なりますから、

    たまにお掃除してあげたりしないと、

    動きが悪くなり、

    ベンディックスという伸縮ギアが伸びて、フライホイールに

    ドッキングするまでに高速回転しまい、空回りしてしまう事で、

    クランキングが出来ない。

    なんていうのが、一般的。

    とりあえず、お掃除してみましょう。

    なんだ、コレ?

    セルモーターのカバーにリベットが打ってあるけど・・・

    取れました。

    何か二重にしてあるのね。

    どうも、EXC系とは違い、フリーライドの場合は、

    燃料タンクも幅が狭く、

    チャンバーもあまり左側に飛び出してないから、

    転倒した場合に、このカバーに直接ヒットする事が多いらしい。

    そうなると、このカバーはもちろんジェネレーターカバーまでも

    破損する事があるので、その予防の為に少しでも。そんな意味らしい。

    ほほう・・・

    言われてみれば、たしかにヒットしそうです。

    色々考えるねー。

    セルモーター取れました。

    何か、これにもシリコンの塊みたいのが取りつけてある。

    これも、同じ理由で転倒の際にカバーが押されると、

    モーターも押されてしまい、

    ジェネレーターカバーが割れるから、

    モーターとシリンダーの間を埋めるべく、緩衝材的な役割を

    持たせてるらしい。

    ほほう・・・

    考えてますね。

    パカっと開けます。

    まぁ、水とか入ってる感じでは無さそうです。

    まぁ、それなりに汚れています。

    伸縮ギアのベンディックスの軸受けとなるのが、

    指で指しているブッシュで、

    これは、ボールベアリングではないけれど、

    同じ役割ですね。

    こいつが摩耗すると、各ギアが真円に回転できなくなり、

    徐々にモーターからの伝達にロスが出てきてしまいます。

    こちらは、クランクケース側。

    このブッシュは、べベルギアなクラウンギアの所と合わせて、

    4つブッシュが使われています。

    とりあえず、セルモーターは回るのは確認してるけど、

    過去の経験上、モーター内部も大変な事になってる事があるので、

    分解して、チェックしてみましょう。

    きちんと元通り組めるように、分解前に目印をつけます。

    まぁ、後ほど、これがポイントになってきます。

    問題なさそうかな?

    ギアが切ってある方の軸は、ベアリングで保持されています。

    モーターにOリングやシールがあるものの、

    水が入ってしまう場合もあり、

    軸自体が傷んでる場合や、錆ている事もあります。

    キレイにしてやりましょう。

    そして、軽くグリスアップして、元通りに組み付け。

    今度は、ケース側やカバー類をキレイに。

    フライホイールがいると、掃除しにくいので、外します。

    グリスをたくさん塗りつけても、高速で回転しますからね。

    遠心力で、飛び散ります。

    キレイになりました。

     

    ベンディックスや各ギアも掃除して、グリスアップして、

    組み付けます。

    ブッシュ類は交換するつもりですが、

    とりあえず、これでベンディックスはフライホイールに

    少しは飛び込むんじゃなかろうか?

     

    セルボタンをポチっ。

    ギューーーーん。

    ぎゅーーーん。

    クランキングしない・・・

     

    こういう時は、

    ピストンに圧縮が掛からないようにしてやれば、

    フライホイールも動きやすくなり、

    クランキングだけはしてくれたりするので、

    一旦プラグを外した状態で試してみたりすると良いんですが、

    フリーライドって、プラグ交換するの面倒なんですねー。

    知りませんでした。

    燃料タンクを外すらしく、なかなかに面倒です。

    右側のシュラウドを外し、中にあるCDIを外しても出来そうですが、

    どっちが楽かな?

     

    プラグを抜いた状態で、再度セルをポチっ。

     

    ギューん。

    ギューーーん。

    ん?

    クランキングしないぞ。

    バッテリー弱かったり、回転がキレイじゃなくても、

    プラグを抜いた状態なら、

    たいていの場合は、クランキングだけは出来る場合が多いんだけどなぁー。

     

    何かおかしい。

    違うバッテリーから電源取っても変わらず。

    というか、バッテリーにアクセスするのも、

    フリーライドは大変なんですねー。

    こりゃ、なかなかに厳しいね。

     

    うーん。

    困ったな。

    もちろん、怪しい部品を交換する事で直る事も考えられるけど、

    何か違う気がする。

    空回りしてるけど、音もけっこう大きいし。

     

    伸縮ギアのベンディックス本体の動きは悪くなかったんだけど、

    そもそもギアが伸びていない気がする。

    勘だけど・・・

     

    まさかなー。

    ベンディックスが伸びない回転方向、

    つまり、モーターが逆回転してるなんて事は・・・

    一応、チェックしてみる。

    べベルギア(クラウンギア)がある小さなカバーを開けて、

    クラウンギアを抜いて、

    セルモーターのギアが見える状態で、セルをポチっ。

    ギュン、ギュン。

    セルは回ってるよねー。

    速すぎて、回転方向も分かりにくいけど、

    バイク後方から、前を見る方向で、セルモーターは時計方向に回転しているようです。

     

    そこから、指で回転方向をなぞっていく。

    クラウンギアがこう回転するから、

    ベンディックスは、逆に回るから・・・

    あら?

    ベンディックスが飛び出す回転方向とは逆だな・・・

    本当にセルモーターが逆回転してるっぽいね。

     

    バイクのセルモーターの場合、プラスとマイナスの付け間違えというのは、

    考えにくいんですねー。

    プラスとマイナスを逆につなげば、逆回転するのは容易に想像できますが、

    配線をつなぐのはプラスだけで、マイナスは基本ボディーアースですからね。

    これは、経験があるのですが、

    モーターの磁石部分を組み方間違えると逆回転しちゃうんですね。

    さっきの分解前のモーターの画像ですが、

    目印をつけて、完全に分解前と同じ位置で組み立てたので、

    それ以前の問題という事ですね。

    そういえば、この予備のモーターは、ダメになったやつの2個1に

    したやつとか言ってた気が・・・

    その時ですかね?組間違えたかな?

    赤い矢印のように反転させると、逆回転しそうなんですが、

    微妙にスッポリとは入らないようになってるようなので、

    矢印方向の組間違えでは無い。

    こういう向きですね。

    これだと、回転方向に対して中の磁石が位置がズレるだけで、

    関係無さそうなんですけど、

    試しに180度反転させて組み付けてみたら、

    今度は半時計方向にモーターが回転するようになりました。

    中に入ってる磁石は電磁石では無く、永久磁石だと思うから、

    N極とかS極が反転する事ないと思うんだけど、

    詳しくは分からず・・・

    でも、実際に逆に回転するようになる訳ですが。

     

    バイク後方から、前方を見る形で、モーターは半時計方向に

    回転するようになりました。

    再度、指さし確認。

    クラウンギアは今度はこっちに回転するから、

    またその反転方向にベンディックスが回るから・・・

    おー、指でベンディックスを素早く回転させると、

    ちゃんと伸縮して、フライホイールにギアが飛び込みます。

    謎は全て解けた!

    って感じですか?

     

    再度全てを組み付けて、セルボタンをポチっ!

    キュるキュる。ボンっ。

    ボッボッボッボ。

    おー、エンジン掛かったぞー。

    イマイチ回転は良く無さそうだけど、エンジン始動に成功。

     

    が、何回かやってると、ベンディックスはフライホイールに飛び込むけど、

    今度はピストンが上死点を超えないみたい。

     

    まぁ、これは何度も試したし、バッテリーが弱いだろうと、いう事で

    翌日に持ち越し。

     

    翌日、バッテリーを充電して、再度トライ。

    何?

    やはりベンディックスは飛び込むものの、

    上死点を超す力がない。

    バッテリー充電して電圧あるけど、ダメかな?

    電圧があってもダメな場合もあるからね。

    じゃー、違うバッテリーで・・・

    あれ?結果は変わらず。

    通電させてるけど、モーターが回転しない。

    モーター触ると、熱い・・・

    何か、ヤバイかな?

     

    写真撮り忘れたけど、

    モーター分解すると、ブラシは残っていたのに、
    砕けてる?

    焦げてる感じだし。

    いやー、2個1のモーターって言ってたし、

    後で聞いたけど、

    純正とチャイナなやつの組み合わせだったみたいで、

    回るには回るけど、何かが違うのかもしれない。

    これは、もうモーターダメっぽい。

    と、いう事で新品を手配するハメに。

    まぁ、でも純正は、少々というか、けっこう値が張るので、

    チャイナっぽいのをお客さんが手配する事に。

     

    ちょっと時間が掛かるので、

    その間に出来る事をやっておく。

    ブッシュを交換しちゃいましょう。

    キレイな方が新品で、装着されてるのが古いやつ。

    本来は、オレンジ色のコーティングがあるけど、

    当然もう剥がれていますね。

    酷いやつは、もっと傷だらけな感じですけどね。

    ベンディックスが刺さるケース側と、

    ジェネレーターカバー側に2個。

    合計4個を交換。

    ガスケットも交換。

    これは、後年式のタイプで品番が変わってますね。

    メタルタイプになってた。

     

    後日、モーターが届いたとの事で組み付け。

    が、そうすんなりとはいかず・・・

    肝心の写真を撮り忘れたけど、

    やはりコピー品。

    まずは、ジェネレーターカバーにスポっと入らない。

    あれ?

    試しにOリングを外した状態でやっても簡単には入らない。

    少しグリグリやってたら、何とか入ってくれた。

    取付部の外径を測ると、わずかに大きい。

    もしくは、カバー側が転倒などで押されていて、

    わずかに変形してるのかもしれない。

    音が大きいのは、それが原因かもしれないけど・・・

     

    何とかカバーにモーターを差し込めると、

    今度はカバーにモーターを固定するボルトが

    入らない。

    目視で穴位置がズレてる・・・

    同じ6ミリのボルト2本で固定するのに、

    穴の大きさも違うし。

    これは、カバー側をイジル訳にはいかないので、

    モーターのボルトが刺さる穴を少しだけ拡大して、

    何とか解決。

    モーターの力はなかなかに強力だから、

    何だか、とっても心配だけど、仕方ない。

     

    しかし、コピー品と思われるモーターですが、

    よく見ると、組み立てる時の長いボルトが、

    向きが違うとか、何かボディー自体が少し大きい気がするとか、

    怪しい要素が満点です。

    モーターを装着したジェネレーターカバーをクランクケースに

    取り付ける時も、

    8ミリのディープソケットがモーター脇のボルトを固定するのに、

    今までは問題なく使えてたのに、

    モーターボディーが大きく、ソケットが入らないし。

    KTMのボルトはトルクスも切ってあるので、

    トルクスを使って何とか固定も出来ましたけど。

     

    そして、何とかセットは出来ましたが、果たして・・・

    クランキングが弱弱しいけど、何とかエンジン始動に成功。

    まぁ、エンジン温まれば、もう少し動きは良くなるんだろうけど、

    キックが無いですからね。

    これからの時期は、かなり厳しいかも。

    ブッシュも新品だし、ベンディックスも動きが悪くない。

    セルモーターも怪しいけど、新品。

    だけど、何かギアが回る音が大きい。

    やっぱりジェネレーターカバーのモーター取付部が

    少し内側に入っているのかもしれない。

    若干斜めになってるように見えるけど、

    他の車体が無かったから確認できず・・・

     

    ひょっとしたら、バッテリーかもしれないけど、

    この音の大きさは、何か原因があると思うんだけど。

     

    フリーライドは、途中でベンディックスとクラウンギアの

    パーツ品番が変わってますよね。

    これはフリーライド乗りには、よく知られている事でしょうね。

    ちなみにこの車両は新しい方が組んでありました。

    この二つのギアが丁数が変わっている訳だけど、

    たぶんハイギアードになってるのかな?

    ベンディックスがフライホイールに飛び込みやすいように

    してるんだと思うんだけど、

    そうなると、クランキングさせる力というか、トルクは落ちてると

    思うんですよねー。

    どうなんでしょうか?

    シッカリと整備してあれば、以前の丁数のベンディックスの方が、

    クランキングさせる力はあるんじゃなかろうか?

     

    自分も持ってますが、最近は良く出来たモバイルジャンプスターターも

    ありますよね。

    フリーライドの場合は、バッテリーの位置が厳しいから、

    それ用の配線を延長しておく、とかしないと、

    ジャンプスターターも使いにくいですよねー。

    キックがあれば、問題ないんですけどね。

     

    Betaのクロストレイナーもセルオンリーでキックないけど、

    こういうトラブルは今の所自分のマシンでも皆無だから、

    やっぱり良く出来てますね。

     

    今回は、モーターが逆回転してた。

    なんて珍しいトラブルでしたが、

    イマイチ完全にキュるボンバーになった訳ではないので、

    心配が残りますが、

    今回は、ここまでとなりました。

    色々ありますねー。

    日々勉強です。

     

    おしまい。

     

     


    コメント
    コメントする