プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KTM フリーライド250 のブレーキトラブル!

0

    こんにちは。

    今回は、KTMのフリーライド250(2スト)のブレーキトラブルなお話。

    レース中かな?忘れてしまいましたが、

    リアブレーキがスカスカになってしまいました・・・

    と、作業のご依頼。

    ありゃりゃ、フリーライドといえば、250も350も同じですが、

    少々トラブルが多いと聞きますね。

    フォーミラ製の油圧系統を使っていますが、

    ハードに使うと、色々とトラブルらしいけど・・・

    どれどれ・・・

     

    過去にも何度か触った事のあるフリーライドですが、

    今回もマシンは、また別の方のマシンですね。

    マスターが抜けやすいのか、以前にも作業した事ありますね。

    その時のお話は、こちら。

     

    今回もマスターが抜けたんじゃないかな?

    と思ったけど、

    バンジョーが緩んだだけっぽい。

    オーナーに話を聞くと、リアホイールとスイングアームの間に

    デッカイ石が挟まったらしい。

    なるほど〜。

    それでブレーキホースが上方向に持ちあげられて、

    バンジョーが緩んだんですね。

    まぁー、しかし。

    そりゃ、緩むよね。

    ホイールの回転方向と同じ向きにバンジョーボルトが刺さってますからね。

    通常は、曲がりのホースを使って、

    前後方向にバンジョーボルトを入れるように作られてますね。

    さらに、ホースが押された場合にも緩みにくいように、

    回り止めみたいな突起がありますからね。

     

    じゃー、締め直したらOKかな?と思いましたが、

    フリーライドに使用されているフォーミラの仕様だと、

    バンジョーワッシャーが銅やアルミじゃなくて、

    Oリングみたいの使ってるんですよね。

    通常でも再利用はオススメしないけど、Oリングなんだよなー。

    と見ると、

    何か銅ワッシャーに変わってる。

    仕様が変わったのかな?と思ったけど、

    前のオーナーが交換してたみたいです。

    ワッシャーを交換すれば良い訳なんですが、

    通常のバンジョーは10ミリサイズなのに対し、

    このフォーミラは、8ミリタイプなんですよねー。

    8ミリの銅ワッシャーは手元にあったけど、

    何かサイズが外径が大きくサイズが合わない。

     

    数日後のレースに何とか出たいらしく、

    ダメ元で、締め直してエア抜きしてみる。

    あ、タッチ出るなー。

    試しに軽く転がしてみると、リアロックも出来る。

    が、何度か試していると、

    フルードが垂れてる・・・

    ダメだな〜。

    最低でもワッシャーは新品にしないとね。

    最悪、バンジョーやキャリパーボディーに

    傷とか入ってたら何とかしないといけないし。

     

    とりあえず、その場での作業は断念して、お預かりに。

    写真を撮り忘れたけど、

    ノーマルのブレーキホースは、Oリングが収まるように

    バンジョーに溝が切ってある。

    なので、銅ワッシャーを使って固定する場合、

    厳密に言うと、当たり面が、すごく狭い。

    漏れずに油圧が掛けられれば良い訳ですが、

    おそらく、締め込む際にOリングが入る溝の形に

    銅ワッシャーが変形しちゃうんでしょうね。

     

    内径が8ミリに対応した銅ワッシャーは普通にある訳で、

    問題ないのですが、

    使用されていたワッシャーは外径が小さいんですね。

    どうもキャリパーボディーに当たってしまうようです。

    そういうのあるのかな?と調べたものの、

    すぐには分からず。

    以前の時は、バンジョー自体が接触するので、キャリパーを

    少し削ったけど、リスクが高いので、

    今回は、時間もないので、手持ちのワッシャーを慎重に削って・・・

    先の画像と比べると、外径が大きいですよね。

    指で指してる奥の方が少しボディーに当たるんですよね。

    これは、前にマスターを交換したやつも同じでしたね。

    フルードを充填して、エア抜き。

    タッチも出るし、今度は漏れもない。

    厳密に言うと、ホースの穴とバンジョーボルトの穴位置とかが

    ズレてると思うんだけど、

    純正のOリングだと、すぐに熱で変形するのかエア噛みしちゃうみたいだから、

    これで様子見るしかないですね。

    この車両は、マスター側も銅ワッシャーに交換されていましたね。

    と、いう事は、以前にもエア噛みのトラブルがあったのでしょうね。

    ちなみに、フロントも同じ仕様な訳ですが、

    こちらはノーマルのままでしたね。

    ボルトとバンジョーの間に何も無いので、

    内側にOリングが入ってるんですね。

    リアブレーキは、ひょっとすると、知らない間に引きずったりして、

    フェードみたいになっちゃうのかもしれませんね。

     

    始動性の問題だったり、ブレーキトラブルだったり、

    苦労が絶えないマシンかもしれませんが、

    軽量で小さくて、お山遊びには楽しい一台なんですけどね。

    まぁ、今ならクロストレイナーがオススメですけど。

     

    実は、今も違うフリーライドがエンジンの始動性に

    問題を抱えて入庫中です。

    こちらも完了したら、アップしますね。

    お楽しみに〜。

     

    おしまい。

     

     


    コメント
    コメントする