プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JEC開幕戦の広島大会に行ってきました!

0

    こんにちは。

    またブログサボってしまいましたね。

    JECブログも書いていたり、雑誌riderのコラム書いたり、

    本家のこっちがおろそかになっております。

    レースも連続しちゃいましたからね。

    まずは、そのレースの第一弾として、JECの開幕戦に行ってきました。

    一応、自分の中ではメインレースとして捉えているJEC。

    昨年からIBクラスとなった訳ですが、

    そんなIBクラスも2年目です。

    まだまだ自分のレベルでは厳しいですねー。

    楽しい〜!の延長でやっている内はIA昇格などほど遠いかな。

    さて・・・

     

    5月7日(日)に広島のテージャスランチで開幕したJEC。

    レース内容などは、JECブログにも書きましたので、

    少々違う事など。

    ちなみに、JECブログとは、JECを運営&サポートしている、

    JECプロモーションのホームページで書いておりますブログです。

    コレ読んでる方走ってる人ばかりでしょうけど、

    こちら。です。

    まだ見た事ない人は、合わせてチェックしてみてくださいね。

     

    そんな開幕戦ですが、まずは準備から。

    今はBetaのクロストレイナー250に乗っていますが、

    その前のRR2Tの時から自分はシートの表皮を張り替えておりました。

    シート表皮が破れてしまい、手持ちにフサベルのシート表皮があったから・・・

    それと青が恰好ヨイと思ったからなんですが、

    RR2Tは、常連のお客様のN島さんに購入いただいたので、

    それまでRR2Tで使っていたフサベル表皮のシートをクロストレイナーに使っていましたが、

    そっちはノーマルに戻したので、クロストレイナーの新品シートとなりました。

    何か、キレイなシート表皮は取っておきたかったので、

    懲りずに、またフサベルシートの表皮に張り換えてみました。

    前に作業した時は、単に無理やり貼り換えただけでしたが、今回は少し手を加えてみました。

    写真の通り、Betaのシート(RRもクロストレイナーも同じ)は、後ろ部分が特徴的な

    形をしています。

    無理やり張れなくもないんですけどね。

    そんな訳で、まずは、

    ビリビリに破けたノーマル表皮があったので、コレを分解します。

    純正表皮は立体的に縫ってあるんですねー。

    それを型取り。

    使ってないカレンダーなどで。

    なかなか勇気いりますが、新品のシート表皮を型紙通りにカット。

    カットした表皮を裏返しにして、縫い合わせます。

    本当は、ミシンを使おうと思ったけど、表皮がゴムみたいな素材で

    針がスムーズに通らなさそうなので、手縫いです。

    夜な夜なお裁縫です。

    表の表皮が少し裏側まで巻き込んでくるような設計?なので、

    縫い合わせる表皮の大きさが異なります。

    なかなか難しいですが、何となく出来ました。

    ちょっと後ろ部分にシワがありますが、まぁまぁの出来ですね。

    ふぅー、得意の自己満足です。

    ちなみに、RR2Tの外装付けてるだけですよ。赤い外装は。

    そして、実はサスペンションをチューニングに出していました。

    それが戻ってきました。

    JECの二日前に・・・

    お願いしたのが遅かっただけですが。

    サポートライダーなIAの大川原選手ともども大変お世話になっている

    ケンズパワーさんにリバルビングをしてもらいました。

    クロストレイナー250ですが、大変乗り易く、車体もコンパクトで、

    とても気に入っているのですが、

    そこそこのペースで走る、もしくはセクションっぽい所で遊ぶ。

    そんな場合は、バッチリです。

    だが、しかし。

    レーシングスピードと言っては大げさですが、

    スピードを上げて走行すると、ちょっとサスの減衰が足りないかな?

    そう思う事がしばしば。

    自分はモトクロスの経験などありませんので、

    ジャンプは飛びませんが、それでも少しは飛びます。

    自分程度のジャンプであれば、ジャンプも平気で、そこは問題なし。

    一番、気になるのは、フープスというのでしょうか、

    特に連続した不規則なギャップをスピード出して通過する時が、

    動きがバラバラになり、取っ散らかります。

    おそらく、減衰が弱くて、一気にサスが入る。

    そして、戻りも速い。

    そんな状態でまた次のギャップに進入する。

    すると、振られる。そんな感じだと思います。

    まぁ、要は少し怖くて速度出しにくい。って事です。

    クロストレイナーは、元々そういうスピードレンジに対応していないかもしれませんが、

    せっかくですから、乗り易く、ご機嫌なマシンにしたいですからねー。

    そんな訳で、リバルビングをしてもらいました。

    ぶっつけ本番なんですが・・・

    そして、準備が整いました。

    ウブカタジャパンからは、自分を入れて3名がJECの開幕戦に挑みます。

    ケンズパワー仕様のサスはいかに?

    前から貼ってあるけど、和田屋ステッカーもポイントです。

    で、夜な夜なドライブでテージャスに到着。

    雨です。けっこう降りました。

    が、やみました。

    で、下見です。

     

    色々ありましたが、その辺はJECブログ見てくださいね。

    下見の後は、快晴に恵まれ、なんか一気に路面もドライになったので、

    ぶっつけ本番は嫌だったので、とりあえずテストトラックで

    バイクをチェックです。

    何か、良い感じです。

    ブレーキングの時の踏ん張り感が今までとは異なります。

    途中からタイヤが路面に刺さる感じです。

    ちょうどフープスみたいのがあったので、

    普段なら進入しない勢いで突っ込んでみました。

    サスは良くなってましたが、よく考えると、そもそもフープスを

    ダンダンダーン!って突っ切る事など自分は出来ないので、

    やはり上手くは走れませんが、

    その取っ散らかり方が違います。タブン。

    まぁ、本当は元の寸法というか、プリロードや突き出しで

    変なハンドリングじゃないか?をチェックするつもりでしたから、

    そこは問題なし!

     

    と、いう事で本番です。

    これもレース内容はJECブログに書きましたので、

    だいぶ端折ります。

     

    今回の周回数は7周。

    それが最初40分で35分となり、30分になり、

    最後は25分という変則タイム設定でした。

    JECブログにも書きましたが、もう最初から25分のタイム設定で頭がいっぱいです。

    IAやIBクラスのタイム設定がNクラスなどに比べて、

    同じコースなら短いというのは、もちろんOKだと思います。

    ただ、変則タイムって、自分はイマイチ好きではありません。

    徐々にコースにも慣れてくるから、1周のタイムはどんどん短くても平気。

    そうなんでしょうけどね。

    実際、それまで切る事の出来なかった25分という設定は、

    そのラストラップはクリアする事が出来て、無事にオンタイムは死守しました。

     

    前にも同じ事書いてるかもしれないけど、

    どうしてもタイム設定がクラスで異なるので、

    いくら周回数がNやWクラスが少ないと言っても、

    今回もその最終周にNやWクラスをラップする形になりました。

    IA、IBは25分という、今までで一番キツイ設定なので、

    さすがにノンビリという訳にはいかないでしょう。

    なので、テストはもちろんですが、ルートでも、ガンガン抜く事になります。

    あんまり良い気分ではありませんね。

    全体のコース長が長い日高とかなら、長いコースや時間の間に抜く事は一瞬の事かもしれません。

    しかし、クローズドなコースで短いコース長の場合は、

    無理にこういう変則タイムだったり、

    IA、IBが楽なタイム設定では意味がない。

    というようなタイム設定は意味がないような。

    一応、計算上だけでも、他のクラスがゴールした後なら、

    キツイタイム設定でも良いかな?と思いますけど。

    それでも、みんなが遅着しちゃうようなコンディションなら、

    ラップする事になるんだろうけど。

     

    まぁ、愚痴になってしまいまして、すみません。

     

    さてさて、そんな愚痴はさておき、

    本番を走った感想は・・・

    うん、バッチリ良い感じでした!

    基本的には柔らかいサスが好みなので、

    硬すぎるというか、サスが入らなかったら嫌な訳ですが、

    そこは問題なし。

    ゆっくり走った時の感触も良いし、深くまで入り過ぎる感も無いですね。

    何より、一番気にしていた連続するギャップに対して、

    クロストレイナーでは出した事ない速度を出して走れた感じでした。

    怖さが減ったって感じですね。

    これが一番かな。

    しかし、今回実は時間が無かったので、

    フロントは圧側、伸側両方イジってもらったのですが、

    リアは圧側のみで、伸側は加工が必要らしく、手を入れてなかったそうです。

    少し気になったのは、

    登りの長いワダチを走行中に対してスピードも出てないけど、

    リアが跳ね上げられる感じがあった事です。

    これは、まさにリアの伸側の減衰が弱いんじゃないかな?

    実は今、広島が終わった後に、またリアショックだけ追加で

    伸側の加工をお願いしています。

    その辺りが改善されれば、かなり良いマシンになるかも!

    クロストレイナーに乗っている方は、タイミングが合えば、

    ぜひ自分のクロストレイナーに乗ってみてくださいね。

    どこかで会えば、声掛けてくださいね。

    自分も改めて、同じ場所、コンディションでノーマルと比較したいし。

     

    そんなおかげもあってか、

    厳しいタイム設定もギリギリだけど、オンタイムで完走できたし、

    順位も、11位/28台中 と、半分より上です。

    序盤少し慎重になり過ぎた感がありましたが、

    後半のタイムはまぁまぁだし、上出来な感じです。

    あわよくば、シングルフィニッシュしたいですね。

     

    いつになるやら・・・・って感じですけどね。

     

    話が前後してますが、今回も広島に行ったのでお好み焼き屋さんに行きました。

    広島行ったら、また行こうっと。

     

    そして、謎の参加賞もいただきました。

    ホタテ印の七味です。

    何なんでしょうか?

    本澤会の陰謀でしょうか?

     

    しかし、テージャスランチは最高ですね。

    狭い、迷ってしまいそうになるウッズなどは、

    自分は好きなんですねー。

    みんな嫌いかもしれないけど。

    JNCCに続き、3週間ぐらいで2回広島の遠征はキツカッたけど、

    楽しい時間を過ごす事が出来ました。

     

    次回は初開催の富山のコスモスポーツランドが会場です。

    随分と前にJNCCで一度行った事あって、

    その時がJNCC初参戦でしたね。

    よく分からなくて、渋滞してるから、ずっと待ってた思い出しかありませんけど。

    もうエントリー始まってますね。

    次回も楽しみですねー。

     

    そういえば、動画も撮影しておきました。

    これも先にJECブログに貼ってあるのと同じですけど。

    記録みたいなもんですね。

    来年出る人の参考になるかな。

     

    お暇な時にどーぞ。

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする