プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

日野ハードエンデューロに行ってきました!

0

    こんにちは。

    先日、群馬県の日野カントリーオフロードランドで開催された

    日野ハードエンデューロに参戦してきました!

    先月のCGCに続き、今年目標に掲げていたハード系のレースへの参戦です。

    日野カントリーオフロードランドは、以前から知ってはいたのですが、

    お邪魔する機会がなく、コース自体も初めて行く所とあって、気分ウキウキ!

    と、言いたい所でしたが、

    先に参戦したCGCが、かなりタフはレースだったけに、

    今回の日野ハードエンデューロも前評判の時点で、かなり厳しいぞ!との事と、

    直前の天気予報も雨マーク。

    気分ウキウキのはずが、あまりテンション上がらず。

    当初エントリーの時点で、手こずってしまいハードクラスがいっぱいになる程の

    人気ぶりで、ミディアムクラスにエントリーしたのですが、

    クラス変更をしてくれるとの事で、それならとハードクラスに参戦。

    やっぱりミディアムにしておくべきだったかな?と会場入りするのでした。

    到着です。雨です。

    さて・・・

     

    ちょっと時間をさかのぼり、レースに出る少し前。

    CGCの雛祭りで、ハード系に初参戦した訳ですが、

    今年から乗り替えたBetaのX-Trainer250での初レースでもあった訳ですね。

    トリンバでのトライアル的なやつにも出ましたが、

    あれは少しジャンルも違うので、参考になりませんでした。

    CGCに参戦してみて少し思ったのは、

    RR2Tと比べると、やはりパワー的に少しパンチが足りないかな?

    という事。

    実際には、きちんとエンジンを回せば2スト250ですから、

    パワーが少ないという事はないと思うのですが、

    チャンバーやエアクリーナーのBOXの容量、

    また排気デバイスの設定など、様々な要因で、

    パワーが出てガンガン登るオイシイ部分が上手く使えていない感じでした。

    普段の河原やクロスカントリーでは、あまり関係ないかな?

    と思う部分でもあるのですが、

    CGCに参戦してみて感じたのは、普段では、まずお目にかかる事のない

    長いヒルクライムなどで、どうしても途中で回転が落ち込み、

    そこから回転を上昇させる事が難しいと感じました。

    まぁ、初速が足りないのと、ヒルクライムの途中のギャップや段差、

    木の根っこなどの障害物に対して、スロットルを抜き過ぎる走り方が

    いけないんだと思ってはいるのですが、

    厳密にいうと、もう少し2速でエンジン回したいなぁーという事で・・・

    フロントのスプロケットを交換してみました。

    RR2Tは、フロント13T、リア49T に対して、

    X-Trainerは、フロント13T、リア51T なんですね。

    元々、X-Treinerの方がローギアードなんですけど、

    これをさらに、13T→12Tに変更してみました。

    それと、ステップも交換してみました。

    あまり、この手のピンのタイプのステップは好きではないのですが、

    試しに・・・って感じですね。

    随分前に、乗らせてもらったバイクがこの手のステップを装着していて、

    ブーツへの食い込みは、とても良かったのですが、

    足を出す時にブーツがステップから離れにくい感じたんですよねー。

    と言いますか、足が出なくて立ゴケさせちゃったんですね。

    そんな事もあって、少し敬遠してたのですが、時間も経過してるし、

    乗り方も変わってるはずですから、物は試しです。

    新品じゃないし。

     

    RR2Tの時もフロント12Tってた試した事あるんですが、

    その時は、自分が鈍いのありますが、思ったほど変化ないなぁーと思ったのですが、

    X-Trainerでは、けっこう変わる感じでした。

    フロントアップなどのフィーリングが過激になったな、と思える感じ。

    マクレそうになったし。

    まぁ、慣れるだろうと、今回の日野はこの仕様で行ってきました。

     

    ちなみにタイヤは前後ともゲコタで行きました。

    新品ではないけど・・・

     

    本当は前日にハードエンデューロ界の帝王?ロッシさんのスクールが

    開催されるとの事で、前日から行きたかったのですが、

    遠くないし、お店閉めなきゃいけないので、我慢して日曜の朝出発です。

    レース前のブリーフィング。

    この時点で自分は傘さしてたので、少し雨降ってましたが、

    ほんのちょっとだけでしたね。

    今回、日野カントリーを盛り上げるべく、中心的に活動していた

    JECのIAライダー ビッグマンこと、栗田選手がご挨拶。

    凸凹フレンズの面々やたくさんの方が事前にコースを大幅に

    開拓して、今回の開催が実現したんですねー。

    自分も比べものにならないけど、ウブカタランドとかいって、

    ちょっとだけ走れるように開拓したりするだけで大変だったので、

    本当に有り難い事です。

    当初、2クラスで、それぞれ30名の予定でしたが、

    駐車場の拡大とか乗り合いなどの工夫を行い、

    最終的には何人か調べてないけど、かなりの人数がエントリー。

    みんな好きねー。

    さらには、ゲストライダーの面々も。

    左から、

    JEC-IAライダーであり、ハード系でもG-netライダーな和泉選手。

    ハード系の帝王なロッシさんこと、高橋選手。

    二人ともBetaの看板ライダーですね。

    続いて、JEC-IAでJNCCもAAで、MX-IAなハード系初参戦かな?の

    IAワタライ選手。

    そして、ヘルカメの貴公子こと、総帥として有名な尾仲選手。

    やっぱり速かったり、上手かったり、面白かったりするライダーが

    参戦してくれると、楽しくなりますね。

    レースを盛り上げるMC役は、もはや本業のようにこなす楽さん。

    毎度お疲れ様です。

    お約束な集合写真。

    まだ元気いっぱい!

    今回は、たくさんの協賛企業も出展してくれてましたね。

    Betaといえば、IRCな感じになりつつありますが、

    IRCさんも出展です。

    関係ないとは思うけど、今までの青だったと思うけど、

    テントのカラーが赤に・・・ますますBetaっぽくて良いね。

    他にもBONSAI MOTOさんや、お馴染みにMCギアさん、

    工具のABITさんやスナップオンや、

    総帥が出展していたブーツリペアのMTXRさんなど、

    多数の業者さんも顔を出してくれてました。

    さぁ、そして本番のレーススタートです。

    まずはミディアムクラスから。

    ミディアムといっても、スタート前から完全に雨が降り出し、

    コンディションがみるみる悪くなる感じの中でスタート。

    うーん、きっと大変になるぞー。

    想像していたよりもコース全体のエリアが広く、

    下見もしてなければ、ちょっとしかレースも見れず・・・

    スタート直後の2段ヒルは、なんだかんだ皆上手く抜けていき、

    最初の難関となったファーストヒル。

    かなり大変そう・・・

    ウブカタジャパンから参戦のM岡さんも一苦労。

    早速エア抜いてます。

    違うポイントでも少し観戦したけど、かなり路面が滑りそうな感じ。

    それでも、みんな進んでいきました。

    時間はあっという間に経過して、レース終了。

    47名中、1周できたのが8名という結果に。

    ハードエンデューロというだけあって、かなりハードです。

     

    そして、お昼からハードクラスがスタートです。

    スタート前の元気な頃の図。

    ラッキーだったのは、ハードクラスが始まる頃には雨もやんできた事。

    そして、いよいよスタートです。

    ちなみにコースマップ。

    走った自分でも、どこがどこだったか?よく分かりません・・・

     

     

    今回もGo-Proで動画撮影してみました。

    チェスティーという胸に装着してるので、スタンディングしてないと、

    あんまり前が写りません。

    今回、ほとんどスタンディングしてないので、前が良く見えません。

    さらに、待ってる時間も長く、動いてませんけど・・・

    スタート直後の竹やぶは、単に狭いだけでしたが、

    それを抜けた4段ヒル。

    とても登れる気がしませんでしたが、

    とりあえず行ってみると、3段目までは行けました。

    ミディアムクラスの時に、間違ったのか上まで登ってる人がいて、

    4段目だけ斜めに登ってるのを見ていたいので、

    同じように4段目のみリスタートでチャレンジ。

    ちょっと届かなかったけど、隣で失敗していた出口君を見つけて、

    助けるから、助けて!とお願いして、インチキに無事に通過。

    何故か、頭がかゆくなって、すぐにヘルメット脱いでたりしますが、

    問題は次でした。

    ファーストヒルになるのかな?

    そこが大渋滞。

    ここ抜けるのに、相当掛かりましたね。

    実際ヘルプ無しだったら、行けなかったかな?

    すでに35分ぐらい経過してるし・・・

     

    その後は、引っかかりながらも何とか通過していきます。

    雨も上がり、路面も急速に回復してる感じで、グリップしない。

    という事は無かったので助かりました。

    午前中のミディアムクラスの方の時が大変だったんじゃないかな?

    そして、下り。

    途中で曲がってるのと、距離が長いので、とてもじゃないけど、

    乗ったままイケル気がしない・・・

    16分辺りからですね。

    そして、22分辺りからも、木が邪魔でキャンバーで落ちそうな感じ。

    絶対落ちちゃうやつじゃん。

    と、言いつつも無事通過。

    その後は、緩やかな斜面が長々と続く感じで、楽しい感じ。

     

    そして、移動的な所を進み、ヒルクライムで渋滞発生。

    時間掛かりそうなので、一旦電源を切ってしまう。

     

    その渋滞してたヒルクライムは、ちゃんと歩いて軽く下見してラインをシッカリと

    チェックしたので、一発登頂。

    せっかく決まったのに、スイッチを入れ忘れてましたね。

    そして、ウェーブキャンバーなるポイントで電池切れてしまいました。

     

    その後は、何となく進んで、

    短い沢の後の登りで、けっこうな時間ハマる。

    一発目で、かなり良い所まで行ったんだけど、止まってしまい、やり直し。

    その後、何度もやり直し。

    結局、途中からリスタートしたら、何とか登頂に成功。

     

    もう時間が無くなってきた所で、

    ダートフリークヒルという難所ポイントに到着。

    基本直登といえる一本ラインの登りだけど、長い。

    もちろん失敗する。

    けっこうな人数が、ここで引っかかっていて、

    1台ずつしかアタックできないので、順番待ちとなる。

    もう時間がないから、もういいかな?と、

    みんなのアタックを見守る。

    すでに2周目かな?トップグループな和泉選手などが来る。

    もう、全然登っていくスピードが違う。

    あー、やっぱりあのぐらいの速度維持しないといけないのかぁー。

    でも、出せないんですよね。その速度・・・

     

    すると、1台のCR(K村くん)が、なんか違うラインからヤブの中に突っ込んで、

    頂上付近から横に出て登って行くではありませんか。
    お、あれはアリなのか?

    コーステープ切ってる訳じゃないしね・・・

    という事で、何人か真似てみる。

    あ、行った・・・

    じゃ、俺も。

    これで失敗したら、もう終わりにするか。

    と、アタックすると、何とかヤブに突っ込めた。

    すると、そこでヘルプしていたのが、お友達なH君ではないか!

    すかさず、引っ張って!

    助けてもらって、インチキ登頂。

    しかし、そこで時間切れ〜。

    タナGさんから、もうお終いだよ〜。と告げられる。

     

    そして、パドックへ戻る。

    あー、1周出来なかったなぁー。

    あと、どのぐらいあったのかな?

    パドックに戻ると、しばらくして大川原選手が1周して戻ってきました。

    自分より少し先にダートフリークヒルを抜けたんですが、

    その後は、何とかイケルところだったよ。との事でした。

    そうか・・・もう少し早く抜けてればねー。と、

    思うものの、ヘルプ無しではダートフリークヒルも登れてないからね。

    これが、今の実力ですね。

     

    ハード系、恐るべし。まだまだですね。

     

    パドックでは、ご一緒していた、これまたJEC−IAの近藤ユースケ選手が、

    早くも洗車してる。

    あれ?回れたんですか?と聞いてみる。

    すると、

    はぁー?俺ですよ。まぁ、1周ですけど、回りましたよ!との事。

    さすが。

    とっくに1周してたって事ですね。

    失礼しました・・・

    洗車も終わってる、この余裕感。

    ん?


    なんすか?このパンの袋みたいのは・・・

     

    なんと、リアブレーキ破損してたらしい。

    しかも、序盤で踏めなくなって、一旦戻って、再スタートかな?

    リアブレーキ完全に無しで、時間に余裕を持って1周したらしい!

    マジか〜!

    スゲー!と驚くと、この表情。

    俺ですよ!の図。

    後ろの人が怖いですけど・・・

     

    下りも、かなりあったと思うけど、さすがっすね。

    というと、バイク降りた所もあるけど、そうなるとリアブレーキ無しも

    同じでしょう。との事。

    それよりヒルクライムで失敗できない。と言ってましたね。

    なるほど〜。

    たしかに失敗したりして、ズリ落ちないようにリア踏むもんね。

    それがないとなると、エンストさせる訳だけど、

    それはそれで大変だもんね。

    なんせ、これFXじゃなくて、Fだからセルないし。

    いやー、この男恐るべし。

    そして、表彰式。

    ミディアムクラスは、1周した完走者が8名だけ。

    中でも、2位は女性ですよ!姫丸さん、スゴイねー。

    ここの所、日野に通っていたらしいけど、

    やっぱり練習や努力は実を結ぶのですね。

    S根君やT川さんも周回してる。うらやましい〜。

    そして、ハードクラス。

    ロッシさんが途中で離脱したようだけど、

    さすがの1位は、タックさんこと和泉選手。

    ハード系デビューなIAワタライさんも4位だし、

    7位のレン君まで、このメンバーが2周したみたいね。

     

    まぁー、あのコース2周もするのって、スゴイね。

    この走れる人達は、空いてる2周目の方が楽だったんだろうけど。

     

    と、まぁ、こんな感じの日野ハードエンデューロでした。

    雨が降り続いていたら、たぶん前半で終わってたね。

    ハード系2戦目にして、すでに戦意喪失気味です。

    難しいねぇー。

    本当は、続いて5月のCGC斑尾に行くつもりだったけど、

    残念ながら、中止になってしまったみたいだから、

    次のハード系はいつになるかな?

     

    日野カントリーオフロードランドは、今回初めてだったけど、

    今回のレースの為に開拓してるのもあるけど、

    ここは練習になりそうですね。

    まさに、お山!って感じだけど、

    コースとして思う存分走れる訳だから、ステキですね。

    また行きたいぞ。

    日野カントリーオフロードのホームページは、こちら。

    初心者にも走り易いモトクロスコースに、

    お山走りを練習したい方には、ピッタリのコースですね。

     

    ハード系のレースって、少し大変かもしれないけど、

    普段他のレースでは絶対に使わないような登りや下りを走れるので、

    すごく練習になりますね。

    練習というか、経験値が上がるね。

    JNCCなどは、最近はスピード重視な感じで難所的な部分は、ほとんどないけど、

    JECだと、リエゾンでたまに、ん?厳しいなあーと思う所もありますからね。

    ハード系のレベルを味わっておくと、

    見た瞬間に目でやられる事は無くなるんじゃないかな?

    あの登りや下りに比べれば、大した事ない!って思えると思う。

    タブン・・・

     

    自分もバイク降りて下るような場面も、

    マジか〜。と思ってたのが、

    またか〜。になってきたし。

    ちょっとオカシクなってると言うのもあるけど。

     

    懲りずにまたハード系は参戦しよう。そうしよう。

    そういえば、フロント12Tに変更したのは、

    こういうハード系だと、こっちの方が良さそうですね。自分は。

    ヒルクライムでエンジン回転数がキープしやすい気がしました。

    出過ぎる感じは無かったし。

    しばらく、このままかな。

    ステップは、問題無かったですね。

    幅も広いし、これもこのまま採用ですね。

     

    最後となりますが、

    スタッフや関係者の皆様、準備からレース当日の運営や

    後片付けもあるかと思います。

    ステキなレースを開催いただき、ありがとうございました!

     

    おしまい。

     

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン(2月より新店舗!)
    〒243-0426
    神奈川県海老名市門沢橋1-4-24
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/


    コメント
    コメントする