プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

YZ125X&YZ250FX

0

    こんにちは。

    Betaに引き続き、これももう少し前のお話だけど、

    ヤマハなバイクなんかもご注文いただきまして、

    そんなお話。

    これも昨年の話だったりしますけど・・・

    まずは、YZ125Xから。

    さて・・・

     

    毎度な作業である納車整備のお話でつまらないけど、

    飽きもせずネチネチやるのです。若干飽きてるけど・・・

    やっておくと、違いますよね。やっぱり。

    ヤマハさんのは、フロントがオープンベアリングだからねー。

    ホイールベアリングはダメになりやすい。

    まぁ、ダメになったらシールベアリングに交換しましょう。

    覚えてないけど、この時も指を切ったんでしょうね。

    マスキングテープを指に巻いてるし。

    リア回りもグリスアップ。

    YZ125はスイングアームに穴ポコ空いてるタイプで、

    ちょっとだけ作業しにくいかな。

    これもお馴染みなチェーン引きのボルトですね。

    ヌリヌリしておかないと、やっぱり固着しやすいポイントですね。

    スイングアームって中に水が入るの前提ですからね。

    水抜きの穴開いてるぐらいだし。

    リアホイールは、ダストシールにプラスして、このカバーが付くから、

    断然持ちが良いですね。これは良いよねー。

    セル無しマシンだけに、キックは大事って事で、

    ここもグリスアップしておきましょう。

    ラジエターガードつけたり、

    アンダーガードつけたり。

    YZ125は、海外でエンデューロ使いが少ないからか、

    アンダーガードが種類が少ないね。

    125Xって確か日本だけだし、なかなか増える事ないだろうね。

    本当は、TMデザインワークスのが良かったけど、買えず・・・

    AXP製にしてみた。

    これはプラスチックで一体成型じゃなくて、圧着?溶着?してるタイプだから、

    そこから割れたりする事もあるらしい・・・まだ平気だけど。

    外車のエンデューロバイクと違って、

    国産系はデカールがほとんど貼ってないので、

    傷や割れ防止、そして見た目重視でデカールも貼る。

    出来上がり〜。

    おー、この時はまだバイクがキレイだぞ!

    今はシッカリ乗りこんでるから、見た目は少し傷ついてるけど、

    それもまた勲章です。

    今年はガンガンレースも出ようね!

     

    そして、今度はYZ250FX。

    2017年モデルですが、見た目には大きく変更はないものの、

    モデルチェンジしたモデル。

    2015年にデビューした時から人気のモデルですが、

    実戦では、少々重たい・・・という話もよく聞きますが、

    かなり軽いフィーリングに生まれ変わったんですよねー。

    試乗すると、めっちゃ良いですからねー。

    こちらをお買い上げの方も、そんな試乗して気にいってご注文。

    注文期間ギリギリの成田の試乗会で購入を決意。

    ギリギリにお願いして、少し前にやってきました〜。

    先のYZ125Xと同様にチョコチョコと作業します。

    同じような写真ですけど・・・

    シャフト類がカラカラなんですよね。

    物理的にはベアリングが入ってる訳で、シャフトは回らないんですけど、

    金属表面は錆ますからね。

    抜けなくなるし、やっぱりヌリヌリした方が良いでしょう。

    これまた国産MX系をエンデューロで使用する時に弱点となる

    チェーンガイドも写真が見えないけど、

    アチェルビス製の樹脂タイプに交換。

    製造方法の違いなんでしょうね。

    国産のは引き抜き材?で良いのかな?

    後からステーを溶接してるけど、

    外車勢はステーが短くスイングアームと一体成型ですからね。

    よく溶接部分から剥離しちゃうみたいだし。

    まぁ、ぶつけるからなんですけど。

    樹脂製でもダメな時はダメでしょうけど、

    ぶつかった時の衝撃が違うはず。タブン。

    ブレーキ回りとかもね。

    パッドピンの固着も防ぎたいですね。

    もちろんステム。

    ハンドルストッパーの部分にネジ穴が切ってあるけど、

    なんで?と思ったけど、前から同じだった。

    何の穴なんだろうか?

    去年モデルっ触ってないけど、ヒートガードが延長されてる。

    今年からかな?

    改良は良い事ですね。

    これまた質感が違う気がする〜。と思ったら、

    2015年モデルと比べるとエンジンマウントのハンガーが感じが違う。

    クローズドのハンドガード装着したけど、

    ゼッケンプレートが干渉するんですよねー。

    ちょこっとだけカットして、収まるように。

    KYBのフォークはボトムの肉厚が薄いから、

    このエンドガードは装着した方が良いですね。

    お世話になってるマシンファクトリーフェアル製のボトムガード。

    ひどくぶつけてしまうと、フォークのオーバーホールの際に

    分解できなくなるからね。

    これはお手軽加工ですけど、純正のアンダーガードは、

    泥が入りやすい形状なので、簡単な材料で塞ぐ。

    2年近く乗ってるお客様のも、同じ仕様で平気なので、

    オススメ。

    前にも書いたかもしれないけど、

    このガードって5バルブのWR250Fのと同じパーツらしいね。

    昔はグレーだったと思うけど。

    その名残というか、使い回しなので、形状がバッチリとはいかないみたいね。

    でも、純正でアンダーガードある方が嬉しいから、

    ヤマハさん頑張ってるよね。さすがっ!

    そんなこんなで出来上がり。

    ハンドガードは黄色をチョイス。

    いいねー。

    今年からブラックリムで、グッと引き締まった印象です。

    お客様は仕事の関係で今は土日休みが取りにくいらしいけど、

    機会を見てレースも出れるといいですねー。

     

    そんな感じでヤマハもやったりしています。

    自分は外車派だけど、ヤマハも最高ですね。

     

    おしまい。

     

     

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン(2月より新店舗!)
    〒243-0426
    神奈川県海老名市門沢橋1-4-24
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/

     


    コメント
    松井元気か!頑張れよ!以上。
    • 田中先輩
    • 2017/03/30 1:33 PM
    元気か?って先日会ったばかりだし。
    近く来たら、寄ってくださいね。
    • ウブカタ
    • 2017/03/31 12:26 PM
    コメントする