プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Gライド行ってきました!

0

    こんにちは。

    すっかり秋な感じになった今日この頃。

    お店までの通勤もバイクの場合の帰り道は寒いぐらい。

    そんな季節になりましたが、ここ数年?恒例になった感もある

    JNCC主催の爺ガ岳でのフリーライドなイベントのGライドに

    お客様と一緒に行ってきました〜。

    10月の三連休という気候的にもダートバイク向けな時期だけに

    各地で魅力的なイベント多数でしたね。

    爺ガ岳は神奈川からだと、もう近いという部類になっているので、

    Gライドにしちゃいましたけど、他のイベントも行ってみたいですね。

    イベント参加は日曜だけでしたが、レースでもないのに

    土曜の夕方にはお店を閉めて、いざ爺ガ岳。

    楽しく宴会です。

    天気予報は良くなかったけど、雨降らないと信じて行ったんですけどねー。

    さて・・・

    楽しい宴会の最中にも小雨がパラつく空模様。

    心配しながら眠りにつくと、外は雨音。

    ありゃー、ガックシ。

    とは言うものの、朝起きてみると雨降ってないぞ。

     

    色々あって、写真は先のビールの画像のみ。

    文章だけなので、イマイチだけど、日記という事で。

     

    雨が降ってないし、天気予報も午後から晴れマーク。

    パドックにしていた場所が悪いからか、自分たちの場所は

    水没してたけど、気合を入れてお着替え。

    そして早速コースイン。

    うひょー、ドロドロでツルツルだなー。

    今回、Gライドでは各エリアを部分的に自由に走れるように、

    1周回るというようなコース設定ではなくて、

    真ん中の車も通れるような作業道を中心に

    いくつかのエリアに分けていましたね。

    ショートカットしてガレクライムの方にイケル。そんな感じ。

    最初はウォーミングアップのつもりでゲレンデを走ったけど、

    止まってしまうとリスタートが難しいコンディション。

     

    お客様多数で今回行ったんだけど、すぐにはぐれてしまって、

    みんなバラバラに・・・

    まぁ、技量も違えば走りたい所も違うからね。

    楽しければOKという事です。

     

    そんな訳でバラバラになってしまったので、

    小人数でプラプラ走る。

    FUNガレは、随分と簡単になってましたね。

    コンプガレも路面が違うからか、下のゲレンデとは比較にならない程

    路面が早く乾き、かなり走り易い感じでしたね。

    とはいえ、最初は一発で登れませんでした。

    一回止まっても問題なくリスタートできたしね。

    実際のレースだとラインが空くのを待ったりしにくいし、

    コース上にもっとライダーがいるから難しいけど、

    こういうフリーライディングだと、だいぶイージーになりますね。

    それでも簡単という訳じゃないけど。

     

    コンプのウッズが午前は難しかったみたいですけど、

    レースじゃないので、ゆっくり走るとお山の中みたいで、

    なかなか楽しかったですね。

    ロックンロールリバーは、午前は下りで使用して、

    午後は登りで使用する。

    なので、登りも下りも練習できる感じでした。

    ちょうど行ったのがお昼ぐらいの時間だったので、

    すでに登りに切り替わっていたので、

    登りでトライ。

    色々な所を走ったり、経験もだいぶ積んだし、

    路面も随分と走り易くなっているせいか、

    通り抜けるだけなら、全く問題なし。

    でも、レースだと、こうはいかないんですよねー。

     

    何だかんだと一人で走った時間も多かったけど、

    お昼で一旦パドックへ。

    今回、10人以上お客様が一緒だったので、

    そりゃー、何かしらトラブルが起きますね。

    パンクに水漏れ、レバーが折れる、クラッチカバーに穴が開く。

    何かレースの時より忙しいぞ!

    そして、自分もパンク・・・

    作業道かな?拾ってましたね。

    帰って、洗車したら釘刺さってましたの図。

    まぁ、お役に立てたという事で良かったです。

    直せないのもあったけど。

     

    おっ、そういえば試乗会もやっていたんですよね。

    Betaディーラーやってるのに、実は超乗ってみたかったのが新型のKTM。

    空いてるかな?とKTMテントに寄ってみると、ちょうど待ってる人もいなかったので、

    早速試乗。やったー。

    今回は2017年モデルの新型の250EXCと250EXC-Fの2台が試乗車でスタンバイ。

    おー、両方乗りたいやつだぞ。

    125も乗ってみたかっただけに残念ですが、全然オッケー。

     

    まずは2ストの250から。

    ハスクがバランサー搭載なんて話題になってたけど、

    もちろん同じエンジンだからKTMも搭載してる訳ですね。

    どれどれ。

    走る前から、ブリッピングだけでも違いが分かる。

    本当は、普段からBetaのRR2Tで2ストは乗ってるだけに、

    振動なんて気にならないけど、どうなのかな?と思っていたけど、

    こりゃ、全然違う。

    なんというか、音も静かだし、2ストじゃないみたい。

    そして、見るからにコンパクトになった雰囲気だった車体も、

    実際に乗って見ると、とても良い感じ。

    Betaは、かなりスリムなので、どうしても今までのKTMは、

    シュラウド回りが幅広く、全体としてデカく感じたけど、

    随分とコンパクトに感じる。

    そして、実際に試乗コースになるゲレンデへ。

    先にも書いたけど、路面は超スリッパリーな感じで、滑りまくりなのに、

    めっちゃトラクションする。

    えー、なんだコレ?すんごい良いんですけど。

    エンジンも吹け上がりが軽いけど、下も粘る。

    キャブがミクニに変更になって、確か口径も大きくなったから、

    低速がどうかな?と思ったけど、扱いづらいどころか、むしろ乗り易い。

    実際には、ブワッ!という一発の瞬発力は減った感じもするけど、

    ちょっと今回の路面だと分からない。

    足回りも良くて、いきなり飛ばせる感じです。

    うわー、これはかなり良いなぁー。

    あえて言うならば、2ストらしさが無いのが寂しいところ。

    でも、実際には速く走れるって感じかな?

    あんまりトラクションするもんだから、試乗を終えて聞いてみたけど、

    タイヤは標準のFIM(銘柄聞くの忘れた)だっていうので、

    さらにビックリ。

     

    次に4スト250のEXC-Fに乗ってみる。

    話題のトラクションコントロールが搭載のモデルですね。

    スイッチの操作を教えてもらい、いざコースイン。

    ここのところ、RR2Tで2年近く2ストなので、

    4スト250が乗りたい病になっているので、実はこっちの方が気になってる。

    残念ながら、Betaだと4ストは350からだから、

    250は無いですからねー。

    比べるのは酷だけど、2ストの車体よりは少し重く感じるも、

    かなり軽量な感じ。

    エンジンも軽く吹け上がるし。

    こちらも、ものすごくトラクションする。

    最初はトラコンを切って走るも、ガンガン進むし、滑りにくい。

    途中でトラコンを入れてみる。

    それで、わざと止まってリスタートしてみる。

    ん?あんまり良く分からない。

    トラコン切って、リスタートしてみる。

    全然進むぞ。

    2ストの方は1周で試乗を終えたけど、本当は2周行って良いとの事だったので、

    EXC-Fは、2周目に突入。

    もう少し、ガバっと分かりやすく開けないと分からないのかもしれない。

    フカフカ、グチョグチョの路面でトラコンをONにして、

    ガバっと行ってみる。

    気のせいかもしれないけど、ガンガン走るのには変わりないけど、

    ちょいちょい自分が行けると思っているのよりバイクが遅れる感じがする。

    どうやって、何をコントロールしてるのか分からないけど、

    何か途中で点火が間引かれてる感じのような気がしましたね。

    全然違うかもしれないけど・・・

    そもそもトラコン入れてなくても、めっちゃトラクションして、

    ガンガン走る場合は、そりゃ意味ないもんね。

    250だから、というのもあるのかもしれないですね。

    350とか450とか排気量大きい方が分かりやすいかも。

    前からあるマップスイッチも排気量大きい方が分かりやすかったし。

    それにしても、ベースの車体とエンジンフィーリングが抜群に良いですね。

     

    いやー、ちょっとどころじゃないけど、一歩二歩先を行っちゃったかな?

    あまりにも衝撃でヤマハとハスクは試乗しませんでしたけど、

    AAGPで乗せてもらおう!

     

    そんな試乗もしたりして、時間も経過してしまい、

    何だか自分のパンクを修理する気力もない。

    めっちゃドロドロだし・・・

    と、お客様のT田さんが、今回はKTMとBetaの2台を持ってきてた。

    BetaはX-Trainer250です。

    タイヤがトラタイヤを履いていたので、今回のコンディションだと

    かなり厳しいみたいで、KTMばかり乗っていたので、

    X-Trainer250を借りちゃう事に。

     

    お、そういえば、X-Trainer250も河原で乗っただけなので、

    実際のこういう場所では、どうなのか?

    と、いう事で色々な場面を走らせてもらいました。

    低速よりのエンジンですけど、実際にゲレンデを走ってみても、

    車速はガンガン出る。

    ウッドチップのフカフカ、グチョグチョ、凸凹な路面だけは、

    リアにツーリストを履いていたのが大きいかもしれなけど、

    柔らかめのサスと相まって、路面を突っ切るというより、

    乗り越えて行ってしまうので、車速が上げられませんでしたね。

    まぁ、元々そんな所を速く走る為のマシンではないですから、

    十分に走破できるだけでオッケーです。

     

    逆に、得意だろう!と思っていたけど、

    コンプガレにトライ。

    RR2Tでも止まらずに登れたけど、やはりX-Trainerの方が簡単!

    2速で車速に頼らず、トコトコと走って登れます。

    やっぱり低速に振ってあるエンジンは、

    RR2Tだと2速で回転下げ過ぎると、ちょっと半クラ入れたくなるけど、

    そういうのが無い。

    ペケペケペケっと粘ってる所からスロットル開けても、

    パイーンと行かないので、掘る事もないですね。

    何回かトライしても止まらずに成功。

    そりゃ、得意だよね。こういうは。

     

    それじゃ、ウッズはどうかな?と行ってみる。

    下りが何だか走りにくい・・・

    特に滑る路面で。

    何というか、フロントの接地感が薄い。グリップしない。

    ふと、タイヤかな?のせいかな?と見ると、

    ブリジストンのX20を履いてるので、路面的には

    合ってるなぁー。

    ここで、ふと思い出す。

    河原で乗った時にも思ったけど、少しキャスターが立ってる気する。と。

    これ書いてるときにカタログ見たけど、キャスター角はデータで出てない。

    ホイールベースは、

    RR2T 1482ミリ

    X-Trainer 1467ミリ

    15ミリほど短い。

    15ミリの差が、どれほど影響するか分からないけど、

    ちょっと直進安定性が低いのかな?

    T田さんのX-Trainerは、少しリアのプリロードを抜いて、

    フロントも突き出しをしてるけど、

    平地で乗る分には前後のバランスも悪くない。

    カタログの写真で比べる限り、キャスター角の違いは分からないけど、

    なんとなく、この辺が影響してるのかな〜?

    少し乗り方を変えて、後ろ気味に乗るように工夫してたら、

    だいぶ気にならなくなりましたけどね。

    まぁ、自分用にX-Trainerも用意する予定なので、

    自分のでも色々試したいですね。

    それ以外は、ウッズの中でも乗りやすい。

    倒木があってもチョイチョイと乗り越えて行きやすいし。

     

    イメージしてたのより、速度高めの走りでも気にならないし、

    それより何より楽しいですね。

    操ってる感が高いのが良いです。

    ここのところ、スピードも頑張って走るようにしていたけど、

    やっぱりスピード出したり、ジャンプしたりするのより、

    小難しいところを走破する方が好きですからね。

    来年は、X-Trainer250で、アタックというのか、ゲロ系というのか、

    ハード系にもチャレンジしたいですね!

     

    そんな感じで午後はスッカリX-Trainer三昧でした。

    朝一のコンディションから考えると、後半はかなり走りやすくなったし、

    マシントラブルはあったけど、みんなケガなく楽しく一日を過ごせました。

     

    レースも楽しいけど、やっぱり人数がいて、みんなでフリーライディングするのは、

    最高に楽しいですね。

    また行きたいですね。

     

    そんなGライドでした。

    おしまい。

     


    コメント
    コメントする