プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JNCC ワイルドボア鈴蘭に行ってきました!

0
    こんにちは。
    2016年6月12日に岐阜県の鈴蘭高原で開催された
    JNCCワイルドボア鈴蘭に行ってきました〜。
    自分は、翌週にJECの阪下が控えているので、今回は参戦せず。
    Betaチームが全日本トライアルとレースがバッティングしている為、
    お手伝いとお客様のサポートを兼ねて行ってきました。

    もう少しで鈴蘭到着という所のコンビニでクワガタ発見!
    車から降りようとしたら、うわぁ!何かいる。
    でっかいクモかと思ったらクワガタ君でした。
    虫さん苦手なので、どうしよう?コイツ轢かれちゃうよ。
    と、思っていたら、コンビニの駐車場から知らない方来て、
    もらっていい?と言うので、どうぞどうぞ、と。
    ミヤマクワガタって言うらしい。聞いた事あるぞ。
    カッコイイとは思うけど、全く興味がない虫さんでした。
    さて・・・
     
    なかなかに遠い鈴蘭でしたが、現地にも無事到着。
    先に到着していたBetaのパーツ担当高橋さんこと、土偶さんと合流。

    パドックも設営して、ワークスピットも設営して、
    ひと段落。今回Betaライダーも少ないので、少し寂しいのぉー。

    自分は走らないけど、ウブカタジャパンから参戦のM山君と、N村さんと
    下見にGO!
    途中、発表があったばかりのヤマハYZ125Xの撮影などしてました。
    ほほう・・・これが話題のやつか。後で見ようっと。

    鈴蘭は久しぶりですね。
    登る、登る。
    ずーっと登りじゃないか。知ってたけど。
    かなりガレてるし。
    ひたすら登山して、頂上に到着。
    こりゃ、雨降ったら、大変だけど、今回は天候も良さげなので、大丈夫だと思うけど・・・

    そして、登ったら、当然下りますね。
    下りは、キャンバーばっかりなのも鈴蘭の特徴かな。
    斜めっぷりをM山君に立ってもらい、確認。
    うひょー、これもマディーだったら滑るんですよね。

    マディーじゃなくても、草はけっこう滑るの図。

    もうだいぶ下界に近づいて、終わりと思いきや、
    また登って、下る。
    けっこうコース長いのかな?

    ハァハァ言って、下見も完了。
    何とかなるでしょう!自分は走らないから、適当だけど。

    M山君とN村さんと3人で、下見完了後に先程も見たYZ125Xを見に行ってきました。

    コレですか・・・
    まぁ、YZです。
    パッと見は、ブラックリムで、リア18インチ。

    リアフェンダーのデカールにマシン名が。

    18インチとともに嬉しいのは、サイドスタンドの標準装備ですね。

    燃料コックもリザーブ付き。
    外観上の違いは、こんぐらいかな?
    あとは、乗り味が違うんでしょうね。
    コレでモトクロッサーのYZ125より1万円だけのアップというのは、
    ユーザーには嬉しい限りですよね。
    欲しい方は、ぜひお問い合わせくださいね。
    レーサーですから、注文期間は限定されてますからね。


    そして、FXシリーズ。
    こちらもブラックリムになったり、フロントディスクローターが大きくなったのかな?

    思い切って、キックペダルを廃して始動は、セルオンリーに。
    まぁ、無くても良いよね。
    お客さんも何人かFX乗ってるけど、キック使った事ない人ばっかりだと思うし。
    キックペダルにキックギアとか不要な物を取り除けば、
    軽くなりますからね。

    そして、嬉しい装備品として、燃料警告灯が追加されたみたい。
    JNCCとかFUNクラスだと無給油だけど、コンプだと給油するしね。
    インジェクション車は燃料コックがないから、燃料の残量は、
    タンクで確認するしかないけど、FXのタンクはあまりガソリンが見えないタイプだしね。

    その昔、フサベルがKTMに先駆けて2009年モデルでインジェクション化した時も、
    初年度は警告灯なかったけど、翌年モデルから燃料警告灯が標準装備になったもんね。

    そして、前回の爺ガ岳に続き、FUNクラスに参戦の健二さんのセロー号。

    前回サイレンサーが脱落したからか、性能面での比較なのか、
    サイレンサーが変更されていました。
    今回は、どんな走りを魅せてくれるか楽しみです!


    新型だからか、JNCCのレースクイーンで良いのかな?オネーチャンとバイクの図。

    あ、カメラマン?が変な角度から狙ってる!

    なんかヤマハばっかりな気もするけど、気になるマシンをパドックで発見!

    フレアラインの店長号なYZ250FX!
    毎度のことながら、バイクがピッカピカです。

    そして、最近投入されたウワサのオーリンス!

    もちろんリアショックも。
    前後サス以外にも青くできる所は、だいたい青いパーツに変更済み。
    本人も曰く、色々つけ過ぎて逆に重くなってるかも!って。
    フレームもサイドスタンドもピカピカ。
    見習わなくっちゃね。
    自分のバイク、見た目は・・・だもんね。


    そして、午後はいつもの試乗会!

    自分がBetaのお手伝いに行っているはずですが、
    M山君夫妻も試乗会を手伝ってくれました。
    なんせ、Beta乗りだからね。Betaの説明はお手の物のはず・・・
    手伝ってくれてるのを良い事に、今回参戦しないけど、
    ウエア類は持って来てるので、やっぱり試乗しておく事に。
    まだ、各メーカーとも新型が発表されているとは言え、試乗車までは用意されておらず。
    そんな影響からか、試乗会は少し空いていたかな?

    試乗会は、何度か書いているけど、乗った事のあるマシンでも、
    会場が違えば乗っておくと良いですよ。
    思い込んでるイメージとは異なる事もありますから。
    そんな理由もあるけれど、色々乗ってみました。

    BetaはもちろんRR2TとX−Trainer。
    両方とも300だけど、RR2Tは、フロントフォークがなぜかレーシングに採用されている
    マルゾッキのツインチャンバーが装備されてる。
    自分のRR2Tはノーマルのザックスをケンズパワーでリバルビングしてるけど、
    やっぱり印象違うよね。
    マルゾッキの方が何と言うか、踏ん張りが強い気がする。
    速度の出る場合は、こっちの方が良いかな?
    でも、自分の走りだとスピード出ないのと、エクストリームっぽいセクションだと
    ノーマルのザックスの方が柔らかく感じて乗り易いから、今のままで良いかな。
    X−Trainerは、相変わらずコンパクトでトルクもあるし、
    次期マシンは、コイツも良いなぁーと。

    KTMは、125EXCのパワーパーツのローダウンキットかな?を組んだ車両が
    試乗車であったので、それを試乗してみました。
    125は、ノーマルでも小さく軽く感じるけど、さらにローダウンとローシート。
    かなり車高が低い。コレはすんごく良いかも。
    さらにセルまで後付している。
    ちょっとキャブセットが合ってないのか、パワー感が無かった気がするけど、
    後に乗るYZ125と比べると、やはり扱いやすい!
    このまま販売してたら、売れると思うんだけどね。

    ヤマハは、残念ながら出たばかりだからか、YZ125Xの試乗車は次回以降にお預けみたい。
    けど、近藤カオリさんが乗るYZ125のモディファイ車が今回も試乗可能。
    実際には、ほぼYZ125Xらしい。
    コレも何度か乗った事あるけど、Xが出た後となると、やはり興味があるので、乗ってみる。
    先に125EXCを乗っていたからか、やはりパワーある。
    ノーマルのYZ125と直接乗り比べしてないので、
    どれぐらい変わってるのか体感しにくいけど、扱いやすくはある。
    でも、自分だと、もっと遅くて粘ってくれるフィーリングが好きかな。
    18インチリアホイールにサイドスタンド。
    CDIで点火タイミング変更したり、ヘッドも違うのかな?
    モトクロスじゃなくて、エンデューロがメインなら、
    絶対125Xがオススメだよね。
    これでYZ125の1万円しか差が無いというのは、ヤマハさん頑張ってますね。
    レーサーモデルを初めて買うなんて方には良いですよねー。
    しかも、話が逸れるけど、

    ブルークルーなる会員特典も始まるみたい。

    色々と特典があるようだ。

    しかもヤマルーブのケミカルセットとかももらえるらしいし、
    GYTR(ヤマハのUSかな?のオプションパーツみたいなやつ)のパーツを
    特別価格で購入もできるらしい。
    ヤマハさんのエンデューロでの国内の活動は素晴らしいね!
    なかなかメーカー単位での売上とかに貢献できるレベルじゃないから、
    他のメーカーさんも重い腰を上げる事ができないだろうけど、
    ヤマハの人気はブッチギリになってしまいますよ!

    さて、試乗会に話を戻すけど、
    ヤマハは、他にもYZ250XとYZ250FXに乗ってみた。
    YZ250Xは、軽い、パワフル!でも、自分だとコントロールできないかな。
    まぁ、実際に乗ってたら、すぐに慣れるんだろうけど。
    YZ250FXは、たくさん売れたけど、けっこう乗り替えてる方も
    自分の回りにけっこういる。
    やはり皆、口をそろえて言うのが重いという事。
    でも、試乗車乗ると、そんな事ないんですよねー。
    むしろ軽く感じる。なんでだろうね?
    ほとんど方は、クローズドタイプのガード入れたり、ラジエターガード入れてるけど、
    それが重く感じる要因なのかな?
    試乗車はハンドガードもついてないもんね。
    FXは、やっぱり乗り易いですね。

    そして、今回一番気に入ったのは、

    テクニクスさんが試乗車で持ち込んでたCRF250R。
    フロントがエアサスの現行車かな?
    それをモディファイしたやつらしい。
    すんごい良かった。個人的に。
    マシンは軽いし、サスがかなりソフトだけどコシがあるって感じ。
    CRFは、モトクロッサーだから、どうしても試乗の時にエンストをさせてしまうんだけど、
    これはサスのモディファイのおかげか、スロットルも開けやすい。
    だから、エンストもしませんでしたね。
    ノーマルをきちんと乗ってないから、何とも言えないけど、
    良かったなぁー。サスのモディファイってのは、
    色々な所に影響を及ぼすのかもしれませんね。

    さて、試乗会もそこそこに本日の業務は完了!

    せっかく地元の方がお店を出してくれてるので、そこで早い晩御飯。
    ケイチャン丼とビール。
    美味しいねー。

    夜は、もちろん宴会です。
    アッチ行ったり、コッチに顔出したり、楽しいひと時。
    元気な時のY崎兄。
    今回レースで怪我をされてしまいましたが、
    シッカリ直して、また夜もレースも楽しませてくださいね!
    お大事に。

    今回は、サクっと就寝したので、いよいよレース当日。
    朝はキッズ&トライクラスから。
    かなりグルグルだったみたい。

    さて、みんなレースの準備は万端かな?

    M山君は、今回から新兵器のレース前に音楽を聞いて集中力を高めるらしい。
    トップライダーよろしく、サングラスにヘッドホンで集中の図。
    ライバルのマサOさんも気合十分。
    本当は、車の中で音楽聞いてたけど、モトクロスライダーみたくやろうぜ!と
    無理やりやらせただけですが・・・効果の程は?

    そして、いよいよスタートです。
    注目の健二さんのセロー号。今回はどうなるかな?



    M山君は、ゼッケン順の入場の関係で1列目ゲットならず。
    S井君は、今年調子良いし、FAに上がれると良いねぇー。


    N村さんも爺ガ岳に続けて、連続エントリー。
    今回は、どうかな?頑張って。

    さぁ、そしてレースがスタート!
    2列目からのスタートだったM山君もスタート直後の混戦も上手く抜け出し、
    まぁ、まずまずのスタート。
    しかし、その混戦でS井君が引っかかってしまった
    とりあえず、スタートは無事にみんなスタートしたので、一安心。

    鈴蘭は、ピットエリア近くからコースが遠めに良く見える。
    鈴蘭でしか使ってないけど、トランポに双眼鏡が積みっぱなしで、
    それが大活躍!
    遠くのライダーも誰だか判別がつくぐらいは見える。



    順調に周回を重ねます。
    セローでFUNクラスに参戦の健二さんは、PIT前ではウイリーで駆け抜けます。
    セローに見えない!
    しかし、やはり登りが長い鈴蘭では、ちと苦しかったみたいですね。


    S井君は、序盤こそ出遅れたものの、順調に順位を上げてくる。
    最終的には3位でゴール!
    スタート出れてれば、もうちょい行けたかもね。


    チキンレーシングのN頭さんは、華麗にホールショットを決めて、
    安定して上位を走行して、余裕の8位です。さすがっ!



    フレアラインのシマ〇さんは、前半調子が出てない感じだったけど、
    中盤からペースアップ。見事入賞に滑り込み!


    混戦のFBクラスは、今年ブッチぎりの速さをみせつけてるH坂選手。
    若いんだってねー。すごいね。


    そして、やってくれたのは、この男。
    フレアラインの角Tさん。
    毎回夜の部もブンブンだけど、走りもブンブン!
    1位のライダーを自分が見逃してたもんだから、途中1位だ!と
    自分が興奮しちゃったもんね。実は2位だったけど。
    終盤ブレーキトラブルでペースダウンだけど、ナイスリザルトな5位でゴール!


    そして、M山君は?


    あれ?

    途中でフェンダー折ってしまったけど、無事にゴール。
    目標が入賞だったけど、一歩及ばず。
    本人はガッカリしてたけど、それでもJNCCでは、ベストリザルトだったんだから、
    良しとしておきましょう!

    さぁ、そしてFUNクラスが終わったので、メインイベントな
    COMPの始まり。


    いやー、やっぱり華があるね。

    そして、スタート!

    前回驚異の走りを披露した斉木選手が猛烈な加速で抜け出す形でAAがスタート。
    追いかけるのは、小池田選手。
    どんどん路面が乾いてきてるとは言え、FUNとは比較にならない土埃。
    こりゃ、大変だ。


    斉木選手が遅れだし、小池田選手独走かな?と思ったら、
    レースを引っ張るのはYZ125Xのデビューレースとなる健二さん。
    登りが長い鈴蘭で、125でトップを走るとは!カッコイイねー。


    もちろん、離される訳もなくついていく小池田選手。



    さらにこの2台に割り込んでバトルをしていたのは、
    久しぶりに参戦な出口選手。
    やっぱり速いなぁー!


    スタートこそ出遅れたものの、ジリジリとトップグループに追いついてきた
    ゼッケン1をつける渡辺学選手。


    これ双眼鏡にスマホひっつけて獲った画像。
    なんかピットから見て、左上の方でバイクがいっぱい引っかかってる感じでしたね。
    キャンバー気味で曲がりながら登るガレ場、みたいな感じかな?

    健二さんがレースを引っ張っていたけど、
    給油が多いのかな?
    中盤で先に給油をした健二さんに対して、
    その間に逃げる小池田選手。
    次の周回だったかな?
    今度は、小池田選手が給油でピットイン。
    もちろん後方を気にしてる感じ。
    しかし、素早いピットワークで健二さんが戻ってくる前に
    レースに復帰。
    順位は入れ替わる事なく、給油を完了したことで、
    そのまま小池田選手が逃げ切って、見事優勝!
    2位には、追い上げてきた学選手でしたね。

    健二さんは、総合では3位だったけど、AA2では、もちろん優勝!
    まぁ、3台しかエントリーなかったけど。
    これAA1とかAA2とか分けてる意味ないよね?どうなんだろか・・・

    いやー、なんかJNCCは、このところ優勝者が決まっていない感じだし、
    開幕前は小池田選手がブッチぎるんじゃないかな?なんて思っていたけど、
    そんな事ないね。
    見てる方も、面白いですね!

    次のJNCCは、ほうのきですか。
    自分は行かないと思うけど、ライブリザルトはチェックしようっと。

    さて、そんな感じのJNCC鈴蘭でしたが、


    後片付けで、Betaトラックに乗るM山君にN村さん。
    次回は、JNCCのトラックに入賞して乗れるように頑張ってね!

    おしまい。

     

    コメント
    こんにちは。FXの燃料警告灯ってほかのFI車に流用できたりするんですかね?」
    • さぼてん
    • 2016/07/03 9:18 PM
    さぼてんさん、コメントありがとうございます。
    さぁー、どうでしょうね?
    その昔、記事にも書いたかもしれませんが、
    フサベルのFIモデルが出た時は、2年目から燃料警告灯が標準装備になりました。
    その時は、初期モデルにオプションという形でパーツだけ出てました。
    確か、それはアドベンチャーモデルの警告灯を流用したものでしたよ。
    警告灯は、FX用は実物を見ていませんが、
    フューエルポンプと一体でなければ、流用は可能かもしれませんね。
    ただ、警告灯用のタンク内部に入るセンサーが他のタンクに装着できるかが問題です。
    シール性の問題もあるでしょう。
    燃料ポンプと一体でハーネスなどが出る場合は、
    まず無理だと思いますよ。
    • ウブカタ
    • 2016/07/04 8:09 PM
    コメントする