プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

日高スリーデイズエンデューロに行ってきました!その

0
    こんにちは。
    懲りずに日高の続きです。
    DAY1は、今までのベストリザルトで無事終了したので、
    自分は気分上々でDAY2へ。
    しかし、初日にタイムオーバーとなったライダーもたくさんいる訳で、
    気を緩める訳にはいきません。
    と、いう訳でDAY2です。

    DAY1には無かった大型モニターがやってきました。
    昨年もあったけど、
    オンコースの映像だったり、最終日のファイナルクロスがこのモニターで
    確認できたりするので、
    パドックで過ごすサポート関係者には嬉しいモニターです。
    さて・・・
    予報では、DAY2となる日曜日は天候が回復するはずが、
    イマイチな気が・・・

    DAY1のは撮り忘れたけど、DAY2のタイムを記入した
    ガムテープ、養生テープだけど。
    これ、失敗でした。
    色が見づらい・・・
    タイム設定は、DAY2はCタイム設定で、一応一番ゆるい設定に。

    本日の装備。
    初日からやってたんだけど、
    ゴーグルのロールオフは、実はDAY1の1周ぐらいで
    巻ききってしまいました。
    予備もなかったのもあるけど、
    ロールオフのないゴーグルで雨の中は、結局見えない事もあるので、
    レンズ外したゴーグルだけ装着してました。
    みんなに、何そのゴーグル?
    みたいに言われましたね。
    こんなの自分だけかもしれないけど、
    ゴーグルをしないより、枠だけでもあった方が絶対違うと思うんだけど・・・
    過去にもこんな事やった事あって、
    そんな経験からです。
    ゴーグルした方が良いに決まってるけど、
    外すと目の回りの開口面積が多くなるし、
    枠が目の上に少しあるだけど、ひさし代わりになるから、
    雨つぶも少しは目に入りにくい。
    さらに、何か飛んで来ても、少しは守ってくれるからね。
    DAY2では、さらに少し改良して、
    ガムテープでひさし部分を少し拡大。
    視界は抜群ですね。だって肉眼だし。
    まぁ、オススメはしないけど。
    それから、ヘルメット。
    ロングバイザーにするのは、けっこうやってるライダーいるよね。
    不要になったゴーグルレンズを取っておいたので、
    ガムテープで貼り付けて、即席のロングバイザー。
    バイザーも角度変えれるから、少しでも雨や泥が入らないように、
    一番下向きにセット。
    こんな事だけでも、少しは違うと思うんだけど・・・

    さらに、DAY1でパンクしてしまったので・・・
    昨年はムースが外れたし、今年はパンク。
    やっぱりちゃんとしたムースを入れるのが一番ですね。
    そう思うも、なかなかムースは高額ですからね。難しい〜。
    しかし、パンクしたのが最終周だったから、良かった訳で、
    金網ネットでパンクしたのだとすると、
    DAY2だって、もちろんその可能性がある。
    ある程度予想していたけど、やっぱりスペアチューブも背中に背負う事に。
    DAY1から、色々と物を持てるように、とリュックで走っていたけど、
    DAY2は、さらにチューブにタイヤレバーに、タイヤ外す27ミリのデカイのとか、
    ビードストッパー緩める工具とか、空気入れも背中に詰め込み走る事に。
    キャメルも入ってるから、5キロ近くあったかもしれないけど、
    リタイヤするのに比べれば、全然気にならない。
    金網ネットだけは、気をつけよう・・・

    今回もGo−Proを車体に装着するべく準備をしてきたのだけど、
    DAY1は、途中でつける余裕などなかったので、
    DAY2は、1周目に装着する事に。
    そんな訳で、今回は動画つき。

    スタートからTC1までですね。
    コンディションの悪い中でDAY1はリザルトが出せたので、
    コースカットになるのは、残念。
    というのは、ウソで、まずはゲレンデ部分の登り、下りがカットになりましたので、
    めっちゃホッとしましたね。
    あの下りの丸太エリアは嫌でしたからね。
    動画で見ると、大した事ないんですけどね。
    ヌッタヌタな所が大変なんですよ・・・

    そんで、TC1からTC2。
    ここは、公道の移動区間。
    なんの問題もありませんね。
    大きい道路で右折するのをやめて、一旦左に入って、
    道路を直進して交差させてます。
    スタッフの人数が多く必要になりますが、
    こういう対処は長く続く公道区間を利用したレースを続ける大事な要素なんでしょうね。

    続いては、TC2からTC3まで。
    この区間は、TC2直後に全日本と承認Bクラスだけ行く、
    難しいルートがあったんですが、
    実はDAY1の3周目にはカットになっていました。
    なので、全クラスが同じコースとなりました。
    前半の砂利とアスファルトが混じる辺りですね。
    ちなみに13分08秒あたりから、昨年テストのスタート地点だった所です。
    そんで、15分45秒あたりから、高速林道区間です。

    そして、TC3からTC4を通過し、町牧ETを終えて、パリティETに
    入る前あたりで電池が切れてしまいました。
    10分48秒あたりから町牧ETのスタートです。
    本来は、もっと長かったんですが、町牧ETもDAY2から一部カットに
    なっています。
    DAY1でハマッた後半の沢のエリアもカットになっています。
    町牧スタートしてから、すぐに長いストレートになるのですが、
    ここが今大会の最高速エリアだった思います。自分は、ですが。

    ちょっとパリティETを撮影できなかったのが、残念ですね。
    見ても、ちっとも面白くない進まない動画だったと思いますけど。

    自分でも動画確認したけど、
    なんか晴れ間が見えるんですよね。
    実際にはDAY2も雨降られましたけどね。

    動画でも何度か転倒してるんですけど、
    実は動画が切れた後かな?
    その辺から、パリティETとかで苦戦したんですよね。
    TC4まではオンタイムだったのに、
    町牧ETもカットになって、タイム設定もCになったにも関わらず、
    1周目で痛恨の6分遅着。
    PITでガソリン入れたりしたのもあるけど、
    遅れてしまいました。
    気が緩まないようにしてたつもりでしたが、
    DAY1の疲れがあったのかもしれません。

    しかし、悔やんでも遅着した遅れは取り戻す事ができないので、
    これ以上遅れないように頑張るしかありません。

    先にも書いたように、タイム設定がCになって、
    コースもカットされているので、タイムに余裕が出てくる所も多くなってきました。
    TC1では、けっこう時間が余りました。
    そして、気づきました。
    テールランプなどを装着している黒い部分のフェンダーが
    グラグラになっているのに。
    げっ!
    割れてる?
    いや、違う。
    固定してるボルトが、いない。
    しかも、KTMでいうリアパートの外装のサイドを固定してるボルトもいない。
    こんな事もあろうかと、
    荷物いっぱいのリュックには養生テープを入れておきました。
    正直、入れるか入れないか迷ったんですよね。
    でも、軽いから、有って損はしないだろう?と。
    とりあえず、ウインカーとかなら脱落してもスペア持ってるけど、
    フェンダーごと落とす訳にはいかないですから。
    養生テープで外装とグルグル巻きにしてやりました。
    持たないだろうけど、無いよりマシだから、
    走りながら、タイムチェックでフェンダーもチェックするしかない。

    TC4へ到着して、また町牧ETだ・・・
    とか思っていると、なにやら救急車が来ています。
    どうやら、テスト内で選手が負傷して、救護が入る関係で、
    ナショナルから町牧ET全体がカットになるらしい。
    負傷している選手には申し訳なかったけど、
    ホッとする自分と、難所が減ってしまえば、6分の遅着が大きく影響してしまうんじゃないか?
    そんな思いが複雑に頭をよぎります。
    カットになっても、タイム設定は変更がありませんから、
    パリティETをクリアしてパドックにつくと、
    20分以上かな?時間が余りました。
    ここで、余裕があったので、脱落しそうなリアフェンダーを
    修復します。
    不要なボルトを詰め込んだケースから、使えそうなボルト類をさがして、
    無事に固定完了。
    しかし、また緩むとも限らないので、
    今度はガムテープでグルグル巻きにしておきました。
    ふぅー、助かったぜ。
    実は、この余った時間が勝負の明暗を分けたりしてました。
    後になって聞きましたが、
    順位を競っていた同じBetaに乗るナショナルの小池選手は、
    この2周目にパンクしてたらしいんですよね。
    たぶん、自分と同じでパリティETの金網が原因と思われますが。
    本来なら、2周目だからワークタイムとかないので、
    遅着覚悟でチューブ交換となる訳ですが、
    時間に余裕があった為にオンタイムで3周目に入れたそうです。
    こういうのは、運ですねー。
    モンドモトの市川さんかな?に言われたけど、
    そういう諦めない気持ちとかは、勝負運とか引き寄せるんだよねー。と。
    なるほど〜。

    3周目は、結局2周目と同様に町牧ETがカットになったままだったので、
    オンタイムを死守する事は、そう難しくもなく、
    自分は6分の遅着のまま、フィニッシュする事に。

    結果は・・・
    ナショナルクラスで、6位。
    テストタイムは、そう悪くないけど、
    やはり6分の遅れが響いた感じです。
    まぁ、これが実力ですね。
    長くタイム差が出やすい町牧ETがカットになったので、
    逆転も無かったですが、
    カットにならなければ、どこかでハマッて、もっとリザルト落としてたかもしれないし、
    完走できたかも分かりませんからね。

    完走者もDAY1に比べ、グッと増えたのも印象的ですね。

    全日本としては、DAY2で完了しているので、
    DAY3は楽しむだけです。
    天候も予報では良さそうだし。

    DAY3につづく。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    コメントする