プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

KTM 250EXC-F の整備!

0
    こんにちは!
    毎日毎日めっちゃ暑いですねー。
    ウブカタジャパンにはエアコンなんていうステキなアイテムが
    設置されていませんので、
    こうやってブログ書いてるだけでも暑い・・・
    という理由で更新をサボっております。
    でも、作業ばかりでネタが貯まる一方ですから、少しは書いておかないと。
    と、いう訳で、
    少し前に整備しましたKTMな250EXC-Fなど。

    ど派手な車両ですねー。
    年式的には2009年だっけかな?
    さて・・・
     
    前にも軽く触ったこちらのマシン。
    その時もクラッチが走ってるとキレが悪くなるなんて言っていたので、
    まずは、そこから。
    プレート類は社外品の新品を組んであるという事で、
    油圧系統を疑ってみます。

    スレーブシリンダーを外していきますが、
    チェーンガードのフレーム側がボルト家出してました。
    裏側で見えないからねー。

    取れました。
    ピンぼけてる。

    ピストンのOリングなど交換してみる。
    でも、ここが傷んでるとクラッチフルードとかマグラだとミネラルオイルだけど、
    それがエンジン側に飲まれる症状だったりしますね。
    今回は、フルード減ってないけど、
    ついでに交換。
    パーツはいくらもしないからね。

    交換できる物は交換しておこうかな?と、
    ピストン内にある短いスプリングも交換しておく。
    スプリングだから、ヘタるしね。
    写真ボケてるけど、自然長が短くなってる。

    本命は、こっちかな?
    マスターのシール交換。
    こちらは、少々お値段しますね。
    漏れてるようには感じないけど、油圧をシッカリさせる為ですね。

    写真だと、どっちが新品か分からん・・・

    クラッチが切れないという事で、プッシュロッドなども
    交換しておく。
    これまた、どっちが新品か写真では分かりませんね。

    と、一通り交換して、クラッチフルードのエア抜き。
    う〜ん?
    正直分からんぞ。
    元々、普通に乗れて、ヒートするとクラッチのキレが悪くなるって事だから、
    冷間時には分からないし。
    まぁ、2009年モデルとかなので、製造は2008年ですから、
    もう7年も経過してる訳で、
    交換してもバチ当たりません。
    これで、改善されないと、
    社外品のクラッチプレートの方が怪しい訳ですが、
    どうでしょう?

    続いて、漏れてしまってるフロントフォークのシール交換など。
    分解できました〜。
    ストッパーのクリップ部分が錆びて、アウターにこびりついてる。
    正立フォークだと、よくあるやつですね。
    そのままだと、錆を発生させやすくなりますから、
    地道に錆落とし。

    キレイにしたし、組み付けです。
    写真は1本だけど、もちろん左右です。
    赤い方のシールにしてみました〜。

    続いて、タイヤ交換など。
    派手派手なリムテープにスポークスキン。

    タイヤは、最近巷で評判が良いブリジストンのX20をチョイス。
    自分では買った事ないけど、最近お客様にはよくオススメしてる。
    ツルツルな勝沼で、コレ履いたお客様のマシンに乗ったけど、
    グリップ感が良かったですよー。
    タイヤ規制がなければ、オススメですね。

    一旦フロントタイヤの交換が完了したところで、
    マシンのオーナーのK君からお電話。
    「あー、ウブさん。やっぱりタイヤ交換しなくていいっす!次回で。」
    う、うん。了解〜!
    って、もうフロント交換しちゃったんだよね。
    それを言うと、じゃそのままでいいですよー、とか遠慮されると思うので、
    コッソリ元に戻す。


    そしたら、他にも交換しておけ!と言われた残りのパーツをやっつけよう。
    グリップ交換。
    すでに蛍光グリーンな派手なグリップだけど、
    今度は、ピンク!

    先の写真でもあったけど、こちらウブカタジャパンもオススメのODIのバーエンドです。
    ODIと言えば、自転車とかで有名らしいね。
    2016年のニューモデルなKTM(SXだけかな?)には、このODIのグリップが採用されたらしいね。
    ヘキサでギュっと締めたら、グリップが固定されるインナー付きらしい。
    ほほう・・・
    こちらのバーエンドもなかなか良く出来ていて、
    ガッチリ固定できる斜め割りのタイプ。
    さらに、共回りをしないようにナット側にもバーエンド側にも
    凹凸を作ってあって、キュっと固定で、サクっと取れる。
    うーん、素晴らしい〜。
    たまたま?ラフ&ロードさんが仕入れたみたいだけど、
    気にいったので、残り数個を買い占めてやりました。
    でも、もうシルバーが2個ぐらいしかないけど。

    グリップ交換なんですが、
    自分はボンドとか何も塗らない派です。
    しかし、こちはガッツリ塗ってありまして・・・
    キレイにするのが大変です。
    中途半端に残っていると、クルクルグリップ左アクセル仕様に
    なっちゃいますからね。

    かぁー、大変だ。
    キレイになりました。

    スロットル側も汚い・・・

    こちらもキレイにして、ケーブル類もお掃除&給油です。
    FCRのモデルだからね。
    2ストやインジェクションモデルと比べると、
    やはりスロットル重たい訳です。
    なので、少しでも軽い方が良いもんね。

    グリップ装着!
    おー、派手だけど、コレなかなかフィーリンググッドですな。
    プロテ―パ―だったな。
    しかし、実はハンドルの中に大量の土が残っていたのは、
    内緒じゃないけど、ホントの話。
    ドライバーでホジホジしたら、出てくる出てくる。
    が、相当入ってるのか、
    反対側から太いワイヤーをグリグリ入れても貫通しない。
    エアで吹いてもビクともしない。
    ビクともしないんだから、もういいや〜。
    ハンドル外して、水洗車機とか使えば取れるかもしれないけど。

    そして、プラグ交換。
    250EXC-Fも、この斜めヘッドのやつは
    プラグ交換楽チンだね。
    4ストといえど、たまには交換しましょう。

    さー、だいたい出来たぞ!
    と、また電話。
    「あ、ウブさんっすか?やっぱり自走で行かなくなったので、タイヤ交換してください!」
    う、うん。了解。
    と、いう訳で再度タイヤ交換。
    フロントは一度交換してるから、お掃除も終わってるのでサクサク。
    しかし、フロントは交換3回目だぞ!
    そんで、リア。
    う、汚い・・・

    キレイにしておきました〜。
    自分もガムテープ派だったけど、
    イマイチだね。
    リムバンドの方がいいかも。
    リムバンドって安いしね。
    なので、常時ストック中です。
    ホントは、KTMとかBetaとかも使ってる硬いやつが良いけど、
    普通のリムバンドに比べると少し高いんだよねー。
    でも、ホイールの中はキレイな方がいいしね。
    高いって言ったって、1,000円ぐらいなんだけど。

    チューブもキレイにして、組み付け。

    ほーい、完成です。
    それにしても、このKTM・・・
    妙に車高が高い。
    スタンドでリフトしても、リアタイヤが浮かない。

    マシンオーナーのK君に確認したところ、
    リアのプリロードをかなり締めこんでるらしい。
    なんで?
    と聞くと、何かそうやった方が良い的な事が雑誌に書いてあったらしい。
    乗りづらくないの?
    と聞くと、あんま分かんねーっす。
    じゃ、イジッて良い?
    と聞くと、お任せするっす。

    と、いう事で、乗ってもないけど、
    自分だったら、こんぐらいじゃねーの?的なセットに変更です。

    今までの状態よりは乗り易いと思うんだけど・・・
    どうだったでしょうか?

    と、いう整備でした。
    皆さんも暑さに負けず、バイク整備して、ガツガツ乗りましょう!
    くれぐれも熱中症には気をつけて!ですね。

    おしまい。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
     

    コメント
    ブログ、勉強になります。
    素晴らしい技術と心配りです、ため息出ます。
    私もKTM250EXC-Fに乗っているのですが、バイクに詳しい友人に助けてもらいコツコツ自家整備しています。
    今回の整備は、うぶさんの所でお願いしたらおいくらくらいかかったものなのでしょうか?
    遠方地方に住んでるのでお世話になることは難しいのですが、参考までに教えて頂けたら助かります。
    あれこれ調べながら楽しくいじってはいるのですが、
    プロに整備を頼むといくらかかるんだろうなと、怖くて頼めないでいるのも、自家整備の理由の一つなものですから(^^;
    よろしくお願いしますm(__)m
    • すずなお
    • 2018/09/30 1:44 AM
    すずなおさん、コメントありがとうございます。
    これ随分前に作業したやつで覚えてないのですが、
    それなりに掛かってという感じですよ。
    プロの整備士に頼むというもの大事ですが、
    KTMなどの外車のオフロードバイクは、国産モデルとは異なり、やはりちょっと特殊な部分もありますから、少なくともオフロードメインでやっていたりするショップさんに相談すると良いと思います。
    工賃は、作業自体に掛かるものですが、お店によってマチマチなのが実態ですね。すごくキレイな状態で持って来られるのと、走ったまんま持って来られるだけでも変わってきますからね。ちょっと参考にならないかもしれませんけど・・・そんな感じです。
    • ウブカタ
    • 2018/10/05 11:39 AM
    ご返答ありがとうございます。
    それなりに...怖いw
    でもそうですよね、作業ごと、お店ごとに工賃は変わりますよね(^^;
    洗車の話も分かります、以前レッド男爵さんでKLXを買った時に「サービスで洗車無料」と言われてたのでコース帰りに寄ったら洗って頂けたのですが、キレイな室内の作業場で洗ってくれて、見ていたら泥が大変な事になってました。
    排水溝詰まるんじゃないかと(^^;
    以降はコイン洗車寄ってから行くことにしました(^^;

    オフロードメイン、確かに。
    前に近所のバイク屋さんに持ち込んだのですが、断られてしまいました。
    でもウチからは一時間ほど離れますがあります、オフロードメインの所、あそこならあるいわ(^^;
    私は九州の佐賀県なのですがKTMのお店は福岡まで行かないとないのです。
    現状クラッチがしっかり切れないような感じでして、オイルフルード交換はしてみたのですが改善しませんでした。
    クラッチ回りの交換になるのかなぁと思うのですが、そこまでとなるとお店にお願いしたいなと思いまして(^^;
    今度相談に行ってみます。
    軽トラ借りて積んで行かないとかなぁ。
    ありがとうございましたm(__)m
    • すずなお
    • 2018/10/10 12:50 AM
    作業工賃などは、実際に実車見て、状態確認して、おおよそでしか答えられない感じですね。
    作業を進めてみて、さらに費用が掛かりそうな場合は、また相談しますしね。
    特に原因が、すぐにハッキリしない場合は、そんな感じです。
    クラッチが切れないとありますが、
    先日もEXC-Fで似たような作業をしました。
    それは最終的にはエンジン側のクラッチのピストンシールがダメになっていて、摩耗したクラッチのピストンシール(Oリング)のカスがマスター側まで上がってしまい、フルードの流れが悪い事が原因でした。
    これは正直かなり分かりづらい内容でした。
    他のお店でも診てもらってたみたいですけど。
    普通なら、他にはクラッチが焼け気味で歪みがある、プッシュロッドが減っている、バスケットの段付き摩耗などなどクラッチが切れない、切り切れていないという理由は様々考えられます。どれも消耗品といえば消耗品なので、順番に作業していく感じでしょうか?なかなか見ただけでは判断つかない場合も多いですからね。詳しそうなお店に相談するのが一番だと思います。
    • ウブカタ
    • 2018/10/26 6:09 PM
    コメントする