プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

JEC東日本エリア戦 深山クロスに行ってきました!

0
    こんにちは。
    行ってきました。JEC東日本エリア戦の深山クロス。
    今回は、参戦ではなく、珍しく?お客様サポートという名目。
    会場に行くとなると、ついつい走りたくなってしまいますが、
    あっちもこっちも出れるだけ〜、と言っているとキリが無いですからね。
    ここはグッと我慢です。
    ライダーのお仕事の関係もあり、土曜の朝にお店集合して、
    現地へ向かいます。
    軽く渋滞はあったものの、予定通りにSUGOに到着。

    ベータが一台もいないけど、ベータテントを広げてパドック完成。
    さて・・・
    設営もひと段落。
    出ないけど、ライダーと一緒にテストの下見へ出発。
     
    と、ここで全く関係ないけれど、
    この先のお話を全て書き終えた所で、保存しようとしたら、
    何かPCに問題が発生したので強制終了します。
    で、画面が水色に・・・
    な、なんだよ、この野郎!
    この前は通信回線が切れて書いてたブログが途中で振り出しに。
    友達のアドバイスで違う所に書いてたけど、意味がない。
    と、いう事で今回から自動保存してくれるやつで下書きする事に。
    まったく学習能力ないな!俺は。
    と、いう事で続き。
     
    これがスタート&ゴールゲート。
    スタッフに回る方向を確認してから、いざ下見。
    するとすぐに今回は関係ないけど、
    先日行われたアタックエンデューロの5段ステアを発見。
    下見そっちのけで、見にいきます。
    ほうほう、これがウワサの5段ステアですか。
    動画で見てたイメージより1段目も高いね。
    そして、難しいと聞いていた2段目。
    フムフム。この少しの傾斜がリスタートを難しくしてるのね。
    バイクに乗って見てみると、さらに高く感じる法則を
    脳内シミュレーション。
    1度目のアタックでは、1段目は上がれるが、2段目に間に合わず。
    2度目のアタックで、そこを修正して、上がれました。
    ふぅー。
    自分の妄想ではクリアできたので、良しとします。
    実際に出来るか分かりませんが・・・
    そんな事はさておき、本当の下見です。
    きっかけのないフラットな砂利路面にテープが張られ、
    右に左に鋭角ターン。
    段差を飛び降り、スロットルの開けられない滑りそうな路面が続きます。
    続いて、お山エリアへ。
    お、ここは2DAYSのルートだな。
    ルートだと左に曲がる所をまっすぐ突っ切り、今度はルートの逆走だ。

    下見の様子。
     
    お山エリアを抜けると、今度はウワサの蚊取線香グルグルエリア。
    1本道がずーっと曲がった状態で続きます。
    そこを抜けると、またルートで使うお山エリアを少し走って、
    またグルグルエリアへ。
    そこを抜けるとゴールです。
    パイーンっと開ける部分が無い我慢のテストですね。
    5分ぐらいかな?と予想。
    自分はこういうの好きだけどね。どうでしょうか?
    この日はポツポツ雨が降ったりもしましたが、
    暑い!
    と、いう訳でルートの下見はサボリング。
     
    お風呂に行って、宴会ですね。
    今回はM山君と奥様のよっちゃんが色々と用意をしてくれました。
    ありがとうねー。
    フサベル時代にお世話になっていた埼玉のN村さんと、
    そのお友達で先日の爺ガ岳でも少しご一緒した新潟のS藤さんも
    ご一緒に宴会です。
    二人の漫才のようなトークの掛け合いに、かなり笑わせていただきました。
    翌日は朝イチに別のレースがあるので、
    受付も10時からとノンビリレースなので、宴会も遅くまで盛り上がりました。
    日付が変わるぐらいに就寝して、明け方なにやらポツポツ音が聞こえます。
    雨ですか?
    勘弁してくださいよ〜と、濡れたら嫌なので荷物を少し片づけて、
    二度寝タイム。
    目覚めると、雨も上がり、ホッと一安心。

    朝の様子。

    PITも準備などしてみる。
    キレイに工具ならべようかと思ったけど、
    普段から使ってるやつだから、
    どこになにがあるのか?
    そのままの方が分かるので、やっぱりやめたの中途半端な図。

    そして、ノンビリと朝を過ごし、ブリーフィング開始。
    なんか、こちらをに睨んでる方が二名・・・

    個人的に大注目なIA和泉選手のBeta RR4RT125LC。
    非力な4スト125佞世掘∈鯒まで自分もこれで参戦してた訳で、
    気になる〜。

    今回は3人がナショナルクラスに参戦。
    JECとしては、3人ともこれが初レース。
    どうなる事やら・・・
    今回の深山クロスは簡易オンタイム。
    ナショナルクロスで、持ち時間が4時間半。
    その間に規定周回数(8周)をクリアしなくてはいけません。
    参考タイムを見ると、25分前後のようです。
    25分×8周=200分、つまり3時間20分。
    残りの1時間10分、70分が休憩時間となります。
    長いように感じますが、
    1周毎に休憩すると、
    問題がなければ10分ずつ休める計算です。
    連続して周回をすれば、その休憩時間は貯金できるので、
    時間の使い方が重要になりますね。
    ライバル達との駆け引きもありますが、
    キッチリ1周毎に休憩をしてしまうと、
    途中でトラブルが起こった時に残り時間が少なくなる可能性もある訳で、
    基本は早め早めの周回が良いと思います。
    が!
    PIT出てすぐにタイムチェックで、すぐにテスト。その後ルート。
    このパターンだとライツと似ています。
    スタート時刻こそ、1分ずつズレてスタートですが、
    その後の周回は任意の時間でアタックしていくので、
    場合によっては、自分がスタートする前のライダーが、
    IAだったり、承認クラスのライダーだったりする訳です。
    5分程度のテストですが、ライダーの技量によっては、
    テスト内で追いついてしまいます。
    基本ラインが広くなく、タイトターンの連続となる今回のテストでは、
    前走者に追いついてしまい、抜くのに手間どる事はタイムロスに繋がります。
    秒単位で争うタイムアタックにおいては、
    いかにクリアラップを取るか・・・
    その辺がキモだったりするんですね。
    それを考えると、承認クラスは持ち時間が同じでも周回数が少ない訳で、
    後半に連続アタックがクリアラップ取れそうな気もしますが、
    そこは先に書いたように途中でトラブルが発生すると、
    自分の首を絞める事になりかねないので、難しいですねー。
    とはいえ、あまり作戦を立てすぎても・・・って感じなので、
    なるべく先行する事がやはり大事かな?
    さて、今回ご一緒のN島さん、Y尾さん、M山君は、
    普段から一緒に遊んでいるメンバーですが、
    ゼッケンも仲良く並びましたので、スタートは3人とも同じ組になりました。
    みんな頑張ってねー。
    M山君は、コースを覚える為に、最初から問題がなければ連続して周回してくる!と
    作戦を立てたようですが、果たして・・・

    3人並んでテストの下見ラップ。
    この直前にM山君はエンストしてたけど・・・
     
    ハスクのN村さん、Y尾さんにN島さんは、1周を終えてPITイン。
    特に問題ないみたい。
    M山君は予定通り、連続で周回しています。
    そして、みんな2周目へ。
    少し様子を見に行こうかな?とテストエリアへ行ってみると、
    今回ナショナルクラスに唯一の女性ライダーである姫丸さんが、
    パンクしてしまったみたい。
    が、しかし適切な処理で戦線復帰。
    通常の周回ごとにタイム設定があるオンタイムでしたら、ペナルティー確実ですが、
    ゴールタイムだけ指定されている簡易オンタイムでは、
    休憩時間が減ってはしまうけど、まだまだ問題ないレベル。
    トラブルがあった場合は、少しプッシュしていかないといけないけど、
    問題ないでしょう!
    この辺もレースを続ける上では、楽しめるポイントかな?

    シビアなオンタイムも魅力あるけど、簡易オンタイムならでは!ですね。
    少しすると、ハスクのN村さんがだいぶ早いタイミングでPITへ戻ってきました。
    残念ながら、指を脱臼してしまったようで、リタイヤです。

    連続して3周かな?走行してM山君もPITへ戻ってきました。
    楽しそうです。
    ライブリザルトで他のライバル達のタイムも確認できるので、
    タイムを比較しながら、このぐらい縮めよう!なんて会話も楽しいですね。

    しばらくすると、N島さんが戻ってきました。
    どうも、転倒した際にアバラをやってしまったようで、
    こちらも残念ながらリタイヤする事に。
    ルートもなかなかに難しいようです。
    Y尾さんは、順調のようでタイムを縮めてきています。
    他のライダーのタイムをチェックすると、ナショナルで速いライダーは
    5分を切ってるようですが、
    5分10秒あたりも壁のようです。
    まずは5分10秒を切れるように、Y尾さんは頑張ります。

    M山君もタイムを縮めてはいますが、少しY尾さんに離されています。
    途中、転倒でフロントが曲がってしまったようです。
    よくマシンを見ると、ハンドルボストがかなりねじれてる。
    ハンドルを緩め、ポストも緩めると、無事に元に戻りました。
    この辺は、サポートがいるいないで、判断も変わってくるので、
    少しは仕事できたかな?

    宴会もご一緒した隣の方も、フロントブレーキを壊してしまったと言うので、
    マシンをチェック。
    本人はマスターが抜けたっぽいとの事ですが、
    自分の経験上だと・・・
    やっぱり。
    バンジョーが少し緩んでフルードが抜けていました。
    時間的にはイケルので、締め直してフルード交換です。
    こんな時の為にフルードもエア抜きホースも持参してましたから、
    問題なく復帰していきました。

    さてさて、レースも終盤に差し掛かってきました。
    順調にタイムを縮めるY尾さんは、ついに5分10秒を切ってきました。
    あと数秒詰めれば、5分ギリも狙えるぞ!
    対するM山君も、同じく5分10秒の壁を突破!
    前半のタイム差でY尾さんには届かない感じだけど、
    最後まで何があるか分からないからね。
    ところで、IAのタイムは・・・
    一番注目してたのは、今回BetaのRR4T125LCで参戦の
    IAの和泉選手。昨年自分も乗っていたマシンだし、非力な4スト125佞
    どこまでいけるのか?気になりますねー。
    って、タイム見たら、めっちゃ速い!
    4分40秒切ってるし。
    確かに、今回のテストだと小排気量だとメリットになるかもしれないけど、
    やっぱり乗る人が乗ればポテンシャルあるんだなぁーと実感。
    いいね!
    結果的にはIAで1位でしたね。

    さぁー、いよいよ次がラストラップ。
    アバラが痛いはずのN島さんがラストラップは応援に行こう!と。
    よっちゃんとN島さんと自分の3人でテストに向かいます。
    しかし、この辺で改めて時間をチェック。
    序盤、連続して周回してたM山君ですが、
    途中の休憩やハンドル回りの修復で時間が掛かっていたんですねー。
    いつの間にか、Y尾さんの方が周回を先行しています。
    Y尾さんはすでに、最後のテストも終わっているので問題なし。
    しかし、まだM山君はあと1周を残しています。

    11時42分スタートの4時間半。
    ゴール時刻は16時12分です。
    あと、残り30分ぐらい・・・
    テストで待っていましたが、いや待てよ・・・
    現在の周回でトラぶったり、一応連続して最後の2周を走ると言ってはいたけど、
    PITに戻ってたりしたら、時間なくなるしなぁー。
    応援は二人に任せてPITで待機してよう、と自分は戻る事に。
    しかし、PITに戻る所で、ちょうどM山君が戻ってきました。
    残りは25分ぐらい。
    呼び止めて、残り時間がないから、テスト終わった後のルートは
    飛ばして戻ってこいと伝えます。
    これでPITに戻る必要はなくなったので、やっぱり応援する事に。

    スタートエリアで応援した後は、グルグル蚊取線香エリアにダッシュで移動。
    ちょっと慌ててる感じもしたけど、蚊取線香を抜けてお山エリアへ姿が
    消えて行きます。
    バァー、バァー、パスん・・・
    M山君の「あ゛〜!」という叫び声が響きます。転んだみたい・・・
    こちらもチラっとしか見えないけど、大声で応援します。
    アバラを痛そうにしてるけど、N島さんも応援してます。
    とりあえずテストを終えたけど、疲れてきてるのか、転倒は10秒もロスしてないと
    思うけど、それ以上にタイムは伸びなかった。残念。
    しかし、そんなロスはどうでもいい。
    時間内にゴールしなければ、分単位でペナルティーがついてしまう。

    時間内に戻る事を期待しつつ、PITへ戻る事に。
    でも、万が一勘違いしてPITに戻ったらアウトだからと、
    3人でPITとタイムチェックへ向かう分岐で待機する事に。
    M山君より先にテストに入ったライダー数人が無事に戻ってきて、
    ゴールへ向かいます。
    残り数分。
    腕時計をM山君に渡していた奥様のよっちゃんが、
    今何分?なんて聞いてきます。
    16時12分がタイムリミットなのに、
    16時09分。
    16時10分。
    ついには16時11分。
    ありゃー?ダメか?と諦めかけた時に、
    森の中から4ストサウンドがっ!
    来た来たっ。

    時間がないから、タイムチェックに飛び込め!と声を掛けます。
    ちょっと、スピード出し過ぎで去っていきます。
    思わず、タイムチェックへ自分もダッシュ。
    すでにタイムチェックに到着してるM山君。
    スタッフの良かったねぇー、なんて声が聞こえました。
    どうやら間に合ったようです。
    タイムチェックにいたH地さんに聞いたら、27秒か37秒とか言ってたかな?
    残り20秒ぐらいで、ギリギリセーフ。
    全く心配させてくれますね。
    少し離れた場所でこちらを伺う、よっちゃんとN島さんに
    大きく手でOKサインを送ります。
    危なかったな!
    とりあえず、良かった良かった。

    最後はハラハラしましたが、レース終了です。
    その時点で、Y尾さんはナショナルクラスで8位のシングルフィニュッシュ。
    後で上位のライダーにペナルティーがついたようで、正式リザルトは7位でした。
    あと一つで入賞でしたけど、初参戦では素晴らしい結果ですね。さすがっ!
    M山君は、最後のテストタイムが伸びなかったので、逆に順位を落としてしまったね。
    今までJNCCにFUNクラスをメインに走っていたので、
    レース時間の長いJECは思った以上に疲れてしまったかな?
    練習あるのみですね。

    サポートするのも楽しいけれど、自分の場合は、やっぱり走っていたいですね。
    これからも少しは機会があるだろうけど、サポートする側にも慣れていかないと。
    トラブル時のアドバイスや適切な処理の指示だったり、時間管理だったり、
    物理的なサポートも大事だけど、メンタルとかの精神的支えになるのも
    サポートの大事な役割ですね。

    前にもブログで書いたけど、
    その昔、自分が1周目で遅着してしまい、
    遅れた〜、遅れた〜と連呼していると、
    モンドモトの市川さんが、「みんな遅れてるから、大丈夫!」と声を掛けてくれました。
    そんな一言で、そうか、みんな遅れてるのか、じゃレースはこれからだ!と
    気持ちを切り替える事ができました。
    そういう一言でもライダーは気分が変わりますからね。
    気の利いた声掛けをできるようになりたいですねー。
    「居てくれるだけで、安心するよねー」そんな存在になりたいもんです。

    そんなこんなのJEC東日本エリア戦の深山クロスでした。
    ちなみに、リザルトは、こちら。

    同日に遠く岐阜ではJNCCもありましたが、
    レースな皆様、お疲れ様でした。

    そうそう、深山クロスにも参戦していましたが、
    このブログでも度々登場している元PITクルースタッフの和田ぽんさんが、
    この度、独立いたしまして自身のオートバイショップ「和田屋」を
    開店させた模様。
    お近くの方は、要チェックですよ!
    ブログも面白いし。
    ホームページは、こちら。
    ブログは、こっち。
    和田さん、お互い頑張りましょう!

    おしまい。

    ウブカタ・ジャパンの中古車情報!
    Beta RR4T125(空冷モデル)

    車両本体価格 ¥320,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    KTM DUKE125

    車両本体価格 ¥370,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
       

    コメント
    コメントする