プロフィール


こんにちは。
店主のウブカタです。
エンデューロ大好きです。
宜しくお願いします!

categories

archives

リンク

ウブカタ・ジャパンのホームページ
ウブカタ・ジャパンのホームページ

ベータモータージャパン
ベータモータージャパンさん

フサベルブログ
フサベル時代のブログ

ガエルネ・ジャペックスホームページ
ガエルネ・ジャペックスさん

スポンサーリンク

Beta RR4T125 !(空冷モデル)

0
    こんにちは。
    これまた少し前のお話ですが、
    空冷モデルのBeta RR4T125をご成約いただきました。
    今回は、なんと嬉しい事に16歳という若者が免許取って初のバイクとの事。
    もちろんお父さんもバイク乗り。
    思い起こせば、自分も16歳で免許取ってバイク買ったなぁー。
    もう20年以上前の話なのか・・・
    そりゃそうだ。あと3年もしないで自分の子供がその年齢だもんね。

    何台目かな?
    まぁ、同じ作業風景ですけど・・・
     
    前回のRR50と同様ですけど、
    まずはサイドスタンドから。

    固定ボルトの突起を削り落とします。
    これでオートリターンが解除ですね。
    この前、トライアルの世界戦にお手伝いに行って、
    トライアル車のEvoも少し触りましたが、
    トラ車は競技の時はサイドスタンド外してるようでしたが、
    もちろんサイドサタンドが装備されています。
    造りは似たような感じでしたが、
    同じように突起でオートリターン仕様になっています。
    でも、Evoだと、その突起がボルトになっているので、
    抜けば良いだけ。
    同じような構造にしてくれると良いんですけどねー。

    さ、続いて、余計?な物も外しちゃいます。
    別に吸排気をイジる訳でもないので、この二次エアのシステムは
    残しても良いのですが、いかんせん造りが微妙です。
    とりあえず付けました的な感じで、
    想定外の所から空気を吸ってる感じです。
    コイツを取ると、アイドリングも安定する気がします。
    なので、ポイしちゃいましょう。

    続いて、プラグコード。
    少しコードが長いんですよね。
    そのまま乗っても問題ないと思いますが、
    以前、コードが垂れ下がってエキパイに接触してる事がありましたので、
    カットするか、下に下がらないようにタイラップ等でコードを軽く固定すると良いですね。

    続いて足回り。
    毎度ですけど、スイングアームに水抜きの穴を開けておきます。

    ドリルでサクっと。

    チェーン引きのボルトにスレッドコンパウンド。
    錆び防止ですね。

    チェーンカバーとかの固定ボルトも同様に。
    錆び防止と水の侵入を少しでも減らしたい。

    リンクがないので、スイングアームピボットをグリスアップして組み付け。

    ブレーキホースの固定ボルトも錆どめ。

    そして、リアキャリパーもスライド部をグリスアップ。

    そして、フロント回り。
    お約束のステム回り。

    タップリ塗って組み付け。

    フロントフォークも固定して。

    クラッチケーブルのエンジン側のアップ。
    どうしても125佞覆里法▲ラッチが重く感じますね。
    少しでも抵抗を減らしたいので、ケーブルのブーツが微妙に長いので
    少しカットしておきます。

    フレームにケーブルのガイドがあるんですけど、
    これがまた少し窮屈なので、部分的に通さずに
    取り回しを変更します。

    そんで、さらにケーブルに給油。
    レバー回りもグリスアップして、気持ち軽くなった程度ですけど。

    前回のRR50のエアフィルターは湿式ですが、
    空冷のRR4Tは乾式タイプ。
    前に書いたように、空冷モデルはRR50の湿式エアフィルターが
    使えます。
    フィルターとその枠となるプラスチック、それから固定するボルトも用意しないと
    確か届かなかったはず。
    これまた余談ですが、
    自分が乗っていた水冷の125LCは、ノーマルだと乾式を使っています。
    こちらは、RR4T350やRR2Tのエアフィルターが
    そのまま使えます。
    4ストローク用だと金属の網がついた枠になりますが、
    エアフィルター自体は共通です。
    LCは、上位機種と同様のシートレールを使っている(少しだけ違うかも)なので、
    RR2Tとかのが使えるんですねー。

    フォーク組んだんですけど、パーツが届いたので、また分解。
    空冷モデルは正立フォークですが、フォークガードがついてないので、
    傷付き防止でネオプレーンのやつをはめておきます。
    フォークを抜かないといけないので面倒ですけどね。

    装着したらホイール取り付け。
    アクスルのクランプボルトが空冷は何故か下から入れるタイプ。
    こちらも水を受ける形状になるので、スレッドコンパウンド塗って、
    少しでも予防しておきます。
    すぐに剥がれるかもしれないけど、テープなどでねじ山を隠します。

    アチェルビスのフォークガード。
    ロゴがいいねー。
    こちらはタイラップで固定するだけ。
    他のマシーンに装着して、様子見てるので平気でしょうが、
    たまにはめくってシール部を確認したいかな。
    水が入ると、抜けづらいでしょうから。
    特に洗車とか雨で走ったらね。

    あ、テープ貼った画像がありました。
    この部分ね。
    ボルトを下から入れるので、上側がぽっかりと穴あいた形状なので。

    フロントブレーキキャリパーもリア同様にスライド部のグリスアップ。

    そして、気にしなくても、その内に削れると思うけど、
    ブレーキペダルとステップが少し干渉するんですねー。
    ステップが跳ね上がるとブレーキペダルに少し乗っかってしまって、
    本来の位置まで戻らないんですねー。
    微妙ですが・・・

    ほんのわずかですが、チョンチョンと削り落とすとOKです。

    最後に使わないだろうキックペダルもグリスアップしておきましょう。
    その他、レバー類や実は最初に処理したけど、保安部品などセットアップして完成!

    出来上がりを撮るの忘れたけど、
    どうでしょうか?乗ってるかな〜?
    KXとかダートはすでに乗ってるとの事だったので、
    マシン操作は問題ないだろうけど、
    やはり公道というのはクローズドよりも危険がいっぱい。
    安全第一でバイクライフを楽しんで欲しいですねー。

    自分もバイクを手に入れた時は、どこまでもイケルぜ!とか思ってましたね。
    でも、実際には千葉から伊豆へのツーリングとかでも
    雨降ったりして大変でしたけど・・・
    乗り出して、1〜2か月ぐらいでコーナー曲がり切れずにコケたし。
    立ちごけなんかは何度もしたし。
    どんなバイクでもそうでしょうけど、
    最初の1台ってのは思い出になるはずです。
    そんな初バイクをお買い上げいただき、嬉しい限りですねー。
    ありがとうございました!

    おしまい。

    ウブカタ・ジャパンの中古車情報!
    Beta RR4T125(空冷モデル)

    車両本体価格 ¥320,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    KTM DUKE125

    車両本体価格 ¥370,000(税抜き)
    詳しくは、こちら。

    ブログランキングの参加始めました!
    下記のバナーをクリックしていただくと、ランキングに反映されます。
    クリックすると、ブログ村のページが表示されます。
    (表示されたページで再度ご覧いただく必要はないみたいです。)
    宜しくお願いします!
    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    ウブカタ・ジャパン
    〒242-0025
    神奈川県大和市代官1−1−28大橋代官工場4号
    TEL 046-204-9394
    FAX 046-204-9395
    代表:産方 卓也
    ホームページ http://ubukata-japan.com/
       

    コメント
     突然のコメント申し訳ありません。いつも楽しく拝見させていただいております。

     2ヶ月程前に地元で「Beta RR4T125(空冷)」を購入いたしました、高知県在住の(さかもと)と申します。

     実は数点教えていただきたいことがございます。私のBetaはどうもアイドリングが安定しないのです。と言うのも、暖気運転が済んでからも少しの間はアイドリングが低くて、ここで合わせておくと一定時間走行後はアイドリングが異常に高くなって非常に乗りにくい状態となります。スロースクリューを調節して大分マシにはなったのですが、現在でも走行時に合わせていると10分ほどバイクを止めて置くと回転が下がってしまって、アイドリングできない状態になってしまいます。当ブログでウブカタさんが2次エアーのことを書いてあり、取り外すとアイドリングも安定するのでは、と言う内容を読みまして、自分の症状も改善するのかなと思いお聞きした次第です。取り外すと言っても、ホースがどこかへ繋がっているのですよね。そこの処理はどうすれば良いのでしょうか。また自分の症状はキャブか2次エアーの問題なのでしょうか。Betaの前はセロー250のFIに乗っていたものでキャブ等よくわからないのです。そもそもキャブってこんなものなのでしょうか。

     もう一点は私のBetaは林道等で水溜りを走行すると、エンジンがストールしてしまいます。この点は買ったお店でキャブが跳ねた水を吸っているのではということで、キャブの横から出ているホースを短くカットしてもらってます。その後水溜りを走行しておりませんので、結果はわかりませんが、キャブへ水が入るなんて事もあるのでしょうか。(プラグキャップ等は洗車時濡らしてもエンジンは掛かるので良いと思う)。

     買ったお店で無いので、質問も心苦しいのですが、自分がメカニックに弱く全然わかりませんし、Betaもとても気に入っておりますので、長く乗って行きたいと思っておりますので、ぜひよろしくご教授お願いいたします。

     最後になりますが、当方[dirt-map]なるホームページで、四国の林道等のUPをしております。その中のブログ・BBSにてBetaについても触れておりますので、時間の空いた時にでも、御一読していただければ幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    若葉マークさん、コメントありがとうございます!
    文面が長くなってしまうので、
    別途メールで返信してみました。
    チェックしてみてくださいね。
    宜しくお願いします。
    • ウブカタ
    • 2016/01/08 12:31 PM
     お忙しい所、早急に返信いただきまして誠に有難うございます。またメールにて細かく説明もいただきまして本当に有難うございます。

     バイクのプロフェッショナルのお見立てを頂いただけで、当方自分のバイクが調子が良くなった様に思い、安心しきっております(笑)。ウブカタ様の指摘された内容は、ほぼ理解出来ました。キャブのインテークマニホールドの意味と、そのホースの先をビスで栓をするという事がいまいち理解出来ておりませんが、時間が取れ次第やってみたいと思っております。

     Beta RR4T125は本当にいいバイクですね。軽いし、思ったよりエンジンに力があるし、ビギナーの私でもどんどんダートの奥へ運んでくれます。それになにせカッコイイし(これ一番)。50才過ぎのロートルオフローダーの私にとって、人生最後のバイクと思って購入いたしましたが本当に良かったです。

     自社で販売したバイクでは無いのに、親身にメールまでいただいて感謝しております。また判らなかったらコメントさせていただくかもしれませんが、何卒宜しくお願いいたします。

     本当に有難うございました。
    • 若葉マーク
    • 2016/01/08 9:11 PM
    コメントする